フォト

カテゴリー

サイト増設コンテンツ及びブログ掲載の特異点テクスト等一覧(2008年1月以降)

The Picture of Dorian Gray

  • Sans Souci
    畢竟惨めなる自身の肖像

Alice's Adventures in Wonderland

  • ふぅむ♡
    僕の三女アリスのアルバム

忘れ得ぬ人々:写真版

  • 縄文の母子像 後影
    ブログ・カテゴリの「忘れ得ぬ人々」の写真版

Exlibris Puer Eternus

  • 吾輩ハ僕ノ頗ル氣ニ入ツタ教ヘ子ノ猫デアル
    僕が立ち止まって振り向いた君のArt

SCULPTING IN TIME

  • 熊野波速玉大社牛王符
    写真帖とコレクションから

Pierre Bonnard Histoires Naturelles

  • 樹々の一家   Une famille d'arbres
    Jules Renard “Histoires Naturelles”の全挿絵

僕の視線の中のCaspar David Friedrich

  • 海辺の月の出(部分)
    1996年ドイツにて撮影

シリエトク日記写真版

  • 地の涯の岬
    2010年8月1日~5日の知床旅情(2010年8月8日~16日のブログ「シリエトク日記」他全18篇を参照されたい)

氷國絶佳瀧篇

  • Gullfoss
    2008年8月9日~18日のアイスランド瀧紀行(2008年8月19日~21日のブログ「氷國絶佳」全11篇を参照されたい)

Air de Tasmania

  • タスマニアの幸せなコバヤシチヨジ
    2007年12月23~30日 タスマニアにて (2008年1月1日及び2日のブログ「タスマニア紀行」全8篇を参照されたい)

僕の見た三丁目の夕日

  • blog-2007-7-29
    遠き日の僕の絵日記から
無料ブログはココログ

« 譚海 卷之一 武州八王寺幷高尾山の事 | トップページ | 小泉八雲 神國日本 戸川明三譯 附原文 附やぶちゃん注(12) 日本の家族(Ⅶ) »

2016/03/20

譚海 卷之一 富士山の事

富士山の事

○富士絶頂をオハチヤウと云。其外に藥師が嶽といふあり。六月十二日其堂の開帳也。此日登山すれば毎年極て天氣よしと云り。大抵富士山は登山七月中よろし、天氣晴朗也。六月中は天氣よき事すくなく山あるゝ也。七月も廿日より後登山はやうやく雪ふるゆへ寒しと。すばしり村の御師(おし)大申覺(だいしんがく)太夫(たいふ)物語なり。

[やぶちゃん注:「オハチヤウ」底本には右に『(八葉)』と傍注する。これは富士山頂にある八つの峰、八神峰(はっしんぽう)のこと。これを仏教の「八葉蓮華」(花弁が八枚ある蓮華で、真言密教などでは胎蔵界曼荼羅の中央にこれを描いて、中央に大日如来を、各八葉に四人の仏陀と四人の菩薩を配する)に掛けて「八葉」という名称で呼んだもの。ウィキの「八神峰によれば、最高峰の剣ヶ峰(三七七六メートル)以下、白山岳(釈迦ヶ岳)・久須志岳(薬師ヶ岳)日岳(朝日岳)・伊豆岳(観音岳/阿弥陀岳)・成就岳(勢至ヶ岳/経ヶ岳)・駒ケ岳(浅間ヶ岳)・三島岳(文殊ヶ岳)。

「其堂」同山頂の久須志神社のこと。薬師如来及び鹿島金山大権現を祀る。

「すばしり村」静岡県の北東、富士山の東斜面にあった駿東郡須走村。現在は小山町内。

「御師(おし)」神宮や神社に属して、信徒の依頼により、代祈祷を行った祈祷師。熊野・伊勢など一社の信徒を相手に祈祷や宿泊の世話をした。参詣に不便な山岳神などの代理祈禱なども行った。伊勢神宮のそれのみ「おんし」と読む慣わしがある。

「大申覺太夫」恐らくは筆者の「大申學太夫」の誤記と思われる。「大申學」は須走村で代々御師を勤めた家の屋号だからである(八木書店二〇〇〇年刊木村礎・林英夫編「地方史研究の新方法」に拠る)。現在旅館ようである。「太夫」は神社の御師の称。]

« 譚海 卷之一 武州八王寺幷高尾山の事 | トップページ | 小泉八雲 神國日本 戸川明三譯 附原文 附やぶちゃん注(12) 日本の家族(Ⅶ) »