フォト

カテゴリー

サイト増設コンテンツ及びブログ掲載の特異点テクスト等一覧(2008年1月以降)

The Picture of Dorian Gray

  • Sans Souci
    畢竟惨めなる自身の肖像

Alice's Adventures in Wonderland

  • ふぅむ♡
    僕の三女アリスのアルバム

忘れ得ぬ人々:写真版

  • 縄文の母子像 後影
    ブログ・カテゴリの「忘れ得ぬ人々」の写真版

Exlibris Puer Eternus

  • 吾輩ハ僕ノ頗ル氣ニ入ツタ教ヘ子ノ猫デアル
    僕が立ち止まって振り向いた君のArt

SCULPTING IN TIME

  • 熊野波速玉大社牛王符
    写真帖とコレクションから

Pierre Bonnard Histoires Naturelles

  • 樹々の一家   Une famille d'arbres
    Jules Renard “Histoires Naturelles”の全挿絵

僕の視線の中のCaspar David Friedrich

  • 海辺の月の出(部分)
    1996年ドイツにて撮影

シリエトク日記写真版

  • 地の涯の岬
    2010年8月1日~5日の知床旅情(2010年8月8日~16日のブログ「シリエトク日記」他全18篇を参照されたい)

氷國絶佳瀧篇

  • Gullfoss
    2008年8月9日~18日のアイスランド瀧紀行(2008年8月19日~21日のブログ「氷國絶佳」全11篇を参照されたい)

Air de Tasmania

  • タスマニアの幸せなコバヤシチヨジ
    2007年12月23~30日 タスマニアにて (2008年1月1日及び2日のブログ「タスマニア紀行」全8篇を参照されたい)

僕の見た三丁目の夕日

  • blog-2007-7-29
    遠き日の僕の絵日記から
無料ブログはココログ

« 原民喜「雜音帳」(自筆原稿復元版) 掌 | トップページ | 原民喜「雜音帳」(自筆原稿復元版) 牛乳 »

2016/04/17

原民喜「雜音帳」(自筆原稿復元版) ビール

    ビール

 

 久振りにビールの切符が配られた。薄い薄い紙に消えさうな靑い印刷で、販賣所の印を見るとかなり遠方の町名になつてゐる。期限は明日限となつてゐた。そこで、こちらの住所姓名を記入し、認を捺して、それから買もの籠に空のビール瓶と、口金を揃へて入れ、今今にも紛失しさうなその小さな切符は上衣のポケツトに收め、電車に乘つた。次の停留場で降りると指定の酒屋へ行つた。ビールはなかつた。一度入荷することはしたのだが、そつくり軍の方へ廻されてしまつたので、この次は何時入荷するものとも分らないといふことであつた。

 それから十日あまりして、ビールが入つたといふ噂をきいた。ビール瓶を持つて行くと、今度こそはほんとに一本買へた。翌日、勤めから帰つて、暑くはあるし、その一本を拔いて飲んでみた。すると、たつた一本のピールでひどく無慘に醉ぱらつてしまつた。(昭和十九年)

 

[やぶちゃん注:「ビールの切符」酒類は昭和一六(一九四一)年五月から配給統制が行われ、表向きは一世帯当りで一ヶ月酒四合・ビール二~四本であった(但し、冠婚葬祭に際しては一回一升。入営・出征の場合は二升の特配があった)。以上はサイト「かみふらのの郷土をさぐる会機関誌」の上村重雄戦時下の農村生活 配給制度を主としてを参照させて戴いた。なお、「勤め」というのは、前に注した年譜から「朝日映画社」(嘱託)と考えられる。]

« 原民喜「雜音帳」(自筆原稿復元版) 掌 | トップページ | 原民喜「雜音帳」(自筆原稿復元版) 牛乳 »