フォト

カテゴリー

サイト増設コンテンツ及びブログ掲載の特異点テクスト等一覧(2008年1月以降)

The Picture of Dorian Gray

  • Sans Souci
    畢竟惨めなる自身の肖像

Alice's Adventures in Wonderland

  • ふぅむ♡
    僕の三女アリスのアルバム

忘れ得ぬ人々:写真版

  • 縄文の母子像 後影
    ブログ・カテゴリの「忘れ得ぬ人々」の写真版

Exlibris Puer Eternus

  • 吾輩ハ僕ノ頗ル氣ニ入ツタ教ヘ子ノ猫デアル
    僕が立ち止まって振り向いた君のArt

SCULPTING IN TIME

  • 熊野波速玉大社牛王符
    写真帖とコレクションから

Pierre Bonnard Histoires Naturelles

  • 樹々の一家   Une famille d'arbres
    Jules Renard “Histoires Naturelles”の全挿絵

僕の視線の中のCaspar David Friedrich

  • 海辺の月の出(部分)
    1996年ドイツにて撮影

シリエトク日記写真版

  • 地の涯の岬
    2010年8月1日~5日の知床旅情(2010年8月8日~16日のブログ「シリエトク日記」他全18篇を参照されたい)

氷國絶佳瀧篇

  • Gullfoss
    2008年8月9日~18日のアイスランド瀧紀行(2008年8月19日~21日のブログ「氷國絶佳」全11篇を参照されたい)

Air de Tasmania

  • タスマニアの幸せなコバヤシチヨジ
    2007年12月23~30日 タスマニアにて (2008年1月1日及び2日のブログ「タスマニア紀行」全8篇を参照されたい)

僕の見た三丁目の夕日

  • blog-2007-7-29
    遠き日の僕の絵日記から
無料ブログはココログ

« 原民喜「雜音帳」(自筆原稿復元版) にほひ | トップページ | 「笈の小文」の旅シンクロニティ―― 花をやどにはじめをはりやはつかほど 芭蕉 »

2016/04/17

原民喜「雜音帳」(自筆原稿復元版) たから

    たから

 

 ある男が久振りで知人の家の二階に泊めてもらつた。どういふものか睡つけない部屋であつたが、夜あけ頃ふと氣がつくと、すぐ枕許の床の間の邊で何かゴソゴソといふ物音がするので、だんだんその方に注意を傾けると、音の源はどうやら床の間の下の方らしかつた。絶えずハトロン紙のやうなものを引掻いてゐるやうな音で、どうしてもこれは鼠の仕わざと覺えたが、それにしても床の間の下に巣でも造らうとしてゐるのであらうか。翌朝、彼は早速その家の主婦に鼠の一件を告げた。すると主婦は案外平氣な顏で、「あそこですか、あそこには寶が隱してあるのですよ」と語つた。

 それから彼は思ひがけなくも、そこの家に長逗〔留〕するやうになつたが、滯在してゐるに隨つて、寶の意味がわかつて來た。寶は床の間の下だけでなく、彼が寐てゐる疊の下にも、いたる處に隱されてゐるらしく、主人は時〔折〕それを出し入れしてゐた。さうして、そこの家では寶と引換へに、いろんな食糧が這入るらしく、みんな顏の血色が麗しいのであつた。

 しかし、前には一度、そこの家を怪しんで、警察がやつて來たことがあるさうであつた。さうすると間もなく、その街の黑幕が仲に立つて、円滿に事を運び、それから後は却つて顏役の世話で更に物資は円滑に流れ込むやうになつたといふ――噓のやうな話を彼はきかされた。ところが、現に彼の滯在中も、ある日警官がその家の工場の方を調べに來た。その主人は警官と一緒に工場の入口まで來ると、可憐な女子學徒が恰度作業もたけなはなところであつたが、中央にゐる級長がたちまち「作業やめ、敬礼」と號令をかけた。すると警官は心機一轉し、調査もそこそこに引あげて行つたのである。(昭和十九年)

 

[やぶちゃん注:青土社版全集は題名を「だから」とする。採れない。これはどう考えても「寶」であって「たから」であり、接続詞の「だから」ではない。二箇所の抹消字「」は判読不能。ちょっと書きかけて消してある。

 「それから彼は思ひがけなくも……」の箇所は青土社版全集では前の段落に続いている。

 「恰度」老婆心乍ら、「ちやうど(ちょうど)」と読む。「丁度」に同じい。]

« 原民喜「雜音帳」(自筆原稿復元版) にほひ | トップページ | 「笈の小文」の旅シンクロニティ―― 花をやどにはじめをはりやはつかほど 芭蕉 »