フォト

カテゴリー

サイト増設コンテンツ及びブログ掲載の特異点テクスト等一覧(2008年1月以降)

The Picture of Dorian Gray

  • Sans Souci
    畢竟惨めなる自身の肖像

Alice's Adventures in Wonderland

  • ふぅむ♡
    僕の三女アリスのアルバム

忘れ得ぬ人々:写真版

  • 縄文の母子像 後影
    ブログ・カテゴリの「忘れ得ぬ人々」の写真版

Exlibris Puer Eternus

  • 吾輩ハ僕ノ頗ル氣ニ入ツタ教ヘ子ノ猫デアル
    僕が立ち止まって振り向いた君のArt

SCULPTING IN TIME

  • 熊野波速玉大社牛王符
    写真帖とコレクションから

Pierre Bonnard Histoires Naturelles

  • 樹々の一家   Une famille d'arbres
    Jules Renard “Histoires Naturelles”の全挿絵

僕の視線の中のCaspar David Friedrich

  • 海辺の月の出(部分)
    1996年ドイツにて撮影

シリエトク日記写真版

  • 地の涯の岬
    2010年8月1日~5日の知床旅情(2010年8月8日~16日のブログ「シリエトク日記」他全18篇を参照されたい)

氷國絶佳瀧篇

  • Gullfoss
    2008年8月9日~18日のアイスランド瀧紀行(2008年8月19日~21日のブログ「氷國絶佳」全11篇を参照されたい)

Air de Tasmania

  • タスマニアの幸せなコバヤシチヨジ
    2007年12月23~30日 タスマニアにて (2008年1月1日及び2日のブログ「タスマニア紀行」全8篇を参照されたい)

僕の見た三丁目の夕日

  • blog-2007-7-29
    遠き日の僕の絵日記から
無料ブログはココログ

« 和漢三才圖會卷第五十二 蟲部 水蠆 | トップページ | 和漢三才圖會卷第五十二 蟲部 樗雞 »

2016/04/16

原民喜「雜音帳」自筆原稿復元版 始動 / 謎

原民喜の「雜音帳」の自筆原稿復元版を始動する。
 
本篇は昭和二一(一九四六)年四月号『近代文学』に発表された(一九七八年青土社刊「定本 原民喜全集 Ⅰ」の「初出誌一覧」のデータに拠る)。

 底本は広島市立中央図書館の「原民喜の世界」の「画像ギャラリー」の原稿を視認したが、時間を短縮するため、加工用に上記青土社版全集Ⅰの同篇をOCRで読み込んだものを用いた。同底本は決定稿で、多くの細かい校正指示が書き込まれているが、五月蠅いので、本文内容に密接に関わらぬ限り、原則、再現していない。漢字は正字か新字(俗字)か迷う場合は正字を採用した。抹消は抹消線で示し、書き換え字は〔 〕で示した。

 原稿用紙は二〇×二〇=四〇〇字詰で中央は柱のない空白で、左右ページの左上にナンバー空白の印刷が施されているように見かけは見えるものの、後(「干もの」の注)で注するように、途中で原稿用紙が変わっており、それによれば、これは実は二〇×一〇=一〇〇字詰原稿用紙であることが判る。本文の最初の原稿用紙(右側)の同箇所に「1」、左側のそれに「2」とあり、以下、ナンバーが順に書き込まれている。総標題「雜音帳」は二行目(四字下げ)に書かれ、署名は四行目下方(下二字空け)、初篇の題「謎」(「謎ラジオ」或いは「謎」→「ラジオ」改め)は六行目(四字下げ)にあって、同本文は八行目から始まっている。

 

    雜音帳

 

                原 民喜

 

 

     ラジオ〔謎〕

 

 彼が書齋に坐つて靜かに默想に耽つてゐると、障子の方から飛込んで來て机のあたりを跳ね廻る一人の女がゐる。その女はいつもヒステリックな金切聲で以て、今に世の中は轉覆してしまふぞと、叫び廻るのであつた。あんまりそんな女の云ふことなどにかかりあつてはゐたくないので、彼は素知らぬ顏で煙草を吸はうとする。すると、女は天井の方へ飛びついて、そこから彼を彈みつけ、この野郎、私の云ふことをほんとにしないのだな、今はどんな秋だと思つてゐるのかと、さんざ脅しつけるのであつた。彼はとにかく、かう室内で暴れ廻られては迷惑なので、その女をそつと摘んで屋外へ押出し、今度は障子の向うにある硝子戸までぴつたり閉ぢてしまふ。すると、一たん追出された女はひどく怨しさうに硝子戸を爪でカリカリやりながら猶もぶつぶつ何か云ふのである。いいかね、私の云ふことを知りたかないのかね、それでお前さんは平氣かな、へえ、大したものですね、世の中つて、そんなものでせうか、ええ、それならそれで‥‥と、今度は何だか前より餘程意味深長の風勢なのだ。そこで、彼はハツとしたやうに坐り直り、相手の方へ聽耳を立て、さうだ、かうしてはゐられないぞと、何度も思ふことを思ふのであつた。

 ――さうして、彼は苛苛しながら凝と坐り込んでゐる。ところで、彼の憔燥は一生の終りまでつづいた。また、彼を苛苛させる女は永久に滅びなかつた。女の名はラジオ天人

              (昭和十六年)

 

[やぶちゃん注:題名は「 ラジオ」と抹消線をわざと分離したように、「謎」一字だけがぐるぐると単独で消されてあり、その下の「ラジオ」が、明らかに上の「謎」の抹消のそれとは濃さの異なるインクで三字セットで抹消されていることから、私は当初、原題通りの題名「謎」とし、次に「ラジオ」と書き換え、再び「謎」に戻したのではないかと推定する。最後のクレジットは、底本では行間に小さく、下インデントで附されてある(青土社版全集年譜によれば昭和一六(一九四一)年当時、民喜は三十六歳、定職に就いている気配はない。二年前の九月に妻貞恵が発病(結核を指すと思われるが、持病に糖尿病(恐らくⅠ型)もあった)している)。末尾の抹消「女の名はラジオ天人。」の句点の抹消し忘れはママ。青土社版では第一段落最終文中の「相手の方へ聽耳を立て、」の「相手」が「知手」となっており、横に編者によってママ注記があるが、これは本自筆原稿によって印刷所の誤植であることが判明する。

 それにしても、この自筆原稿を見ていない世の多くの民喜ファンは、この妖しい女が「ラジオ」の擬人化であったことを見切っているのだろうか? 因みに愚鈍な私は、全く超現実的なそのままの画像を妄想するばかりで、まるで気づかずにいたことを告白しておく。]

« 和漢三才圖會卷第五十二 蟲部 水蠆 | トップページ | 和漢三才圖會卷第五十二 蟲部 樗雞 »