フォト

カテゴリー

サイト増設コンテンツ及びブログ掲載の特異点テクスト等一覧(2008年1月以降)

The Picture of Dorian Gray

  • Sans Souci
    畢竟惨めなる自身の肖像

Alice's Adventures in Wonderland

  • ふぅむ♡
    僕の三女アリスのアルバム

忘れ得ぬ人々:写真版

  • 縄文の母子像 後影
    ブログ・カテゴリの「忘れ得ぬ人々」の写真版

Exlibris Puer Eternus

  • 吾輩ハ僕ノ頗ル氣ニ入ツタ教ヘ子ノ猫デアル
    僕が立ち止まって振り向いた君のArt

SCULPTING IN TIME

  • 熊野波速玉大社牛王符
    写真帖とコレクションから

Pierre Bonnard Histoires Naturelles

  • 樹々の一家   Une famille d'arbres
    Jules Renard “Histoires Naturelles”の全挿絵

僕の視線の中のCaspar David Friedrich

  • 海辺の月の出(部分)
    1996年ドイツにて撮影

シリエトク日記写真版

  • 地の涯の岬
    2010年8月1日~5日の知床旅情(2010年8月8日~16日のブログ「シリエトク日記」他全18篇を参照されたい)

氷國絶佳瀧篇

  • Gullfoss
    2008年8月9日~18日のアイスランド瀧紀行(2008年8月19日~21日のブログ「氷國絶佳」全11篇を参照されたい)

Air de Tasmania

  • タスマニアの幸せなコバヤシチヨジ
    2007年12月23~30日 タスマニアにて (2008年1月1日及び2日のブログ「タスマニア紀行」全8篇を参照されたい)

僕の見た三丁目の夕日

  • blog-2007-7-29
    遠き日の僕の絵日記から
無料ブログはココログ

« 原民喜「雜音帳」(自筆原稿復元版) 時の歪み / 「雜音帳」~完 | トップページ | 原民喜「淡章」(恣意的正字化版)  秋雨 »

2016/04/18

原民喜「淡章」(恣意的正字化版) 始動 / 岐阜提燈   

淡章   原民喜

 

[やぶちゃん注:本作は昭和一七(一九四二)年『三田文学』五月号(底本とした以下の青土社版原民喜全集 Ⅰ」では『初出誌未詳』とするが、同全集「Ⅲ」の年譜の記載にかくある)、昭和四一(一九六六)年芳賀書店版全集第二巻に所収されたものである。

 底本は一九七八年青土社刊「原民喜全集 Ⅰ」の「拾遺作品集Ⅱ」に基づいたが、既に私が行った自筆原稿復元版の諸篇を見て戴いても判る通り、原民喜は終生、漢字を基本的に正字で記している(新字表記と混用はあり、例えば「歸」の字は概ね「帰」と記すことが多いように思われる)。本文の歴史的仮名遣表記と合わせて、私は漢字も正字化するのが、原民喜の本来の作品に近いものと確信するので、本篇も恣意的に漢字を正字化して示すこととした。

 本篇は形式から見ても、民喜の好んだ散文詩様のもの、というよりも散文詩そのものと捉えることが出来、これらは民喜の詩篇の一群と見做すのが至当と思われる。また、内容から見ても、これらはアフォリズムでは到底なく、また、掌編小説というのでもない、やはり「散文詩」であるとしか私には思えぬのである。]

 

 

 

 淡章

 

  岐阜提燈

 

 夏の夕方の、わけても、微妙な時刻の、夥しい光線が胡瓜の葉を包んでゐた。太く、厚く、あざやかな葉は濃い綠を光の中に展げて、影らしいものがすつかり失せ、色と光が今一つに溶けあつてゐるのだつた。それは視るものの心を自づから溶かし込んでゆく一つの魔術であつた。恍惚とした中にあつて、子供は微かに苦惱を覺えた。

 

 子供はさきほどの感覺が消えうせたかと思ふと、今度は緣側で岐阜提燈の燈が瞬いてゐるのに惑はされた。提燈はさながら軒に留まつた他界の生物のやうに儚なく呼吸づいてゐた。燈の色が次第に衰へてゆくに隨ひ、あたりの闇は深まつて行つた。遂に斷末魔の搖らぎを見せて、燈は一たん提燈の底に消えて行つた。と思ふと、次の瞬間には靑白い影が茫と闇の中に甦つて來て、提燈の形は仄白くかなたに浮んでゐた。その幽靈の如く消えのこる燈は何時までも容易に盡きようとしなかつた。それは遠い祖父たちの怨恨に煙る惡夢に似てゐた。子供は脅えながら次の瞬間を待つた、すると再び苦悶が訪れた。燈は ぷ つ り と消え失せた。つづいて提燈が嚇と燃え上つた。と見ると、其赤な焰のなかに極彩色の生首が頷いてゐるのだつた。

 

[やぶちゃん注:「燈」の字は総て底本の用字であって私が正字にしたものではない。また、「燈は ぷ つ り と消え失せた」の有意な半角字空けも底本のママである。]

« 原民喜「雜音帳」(自筆原稿復元版) 時の歪み / 「雜音帳」~完 | トップページ | 原民喜「淡章」(恣意的正字化版)  秋雨 »