フォト

カテゴリー

サイト増設コンテンツ及びブログ掲載の特異点テクスト等一覧(2008年1月以降)

The Picture of Dorian Gray

  • Sans Souci
    畢竟惨めなる自身の肖像

Alice's Adventures in Wonderland

  • ふぅむ♡
    僕の三女アリスのアルバム

忘れ得ぬ人々:写真版

  • 縄文の母子像 後影
    ブログ・カテゴリの「忘れ得ぬ人々」の写真版

Exlibris Puer Eternus

  • 吾輩ハ僕ノ頗ル氣ニ入ツタ教ヘ子ノ猫デアル
    僕が立ち止まって振り向いた君のArt

SCULPTING IN TIME

  • 熊野波速玉大社牛王符
    写真帖とコレクションから

Pierre Bonnard Histoires Naturelles

  • 樹々の一家   Une famille d'arbres
    Jules Renard “Histoires Naturelles”の全挿絵

僕の視線の中のCaspar David Friedrich

  • 海辺の月の出(部分)
    1996年ドイツにて撮影

シリエトク日記写真版

  • 地の涯の岬
    2010年8月1日~5日の知床旅情(2010年8月8日~16日のブログ「シリエトク日記」他全18篇を参照されたい)

氷國絶佳瀧篇

  • Gullfoss
    2008年8月9日~18日のアイスランド瀧紀行(2008年8月19日~21日のブログ「氷國絶佳」全11篇を参照されたい)

Air de Tasmania

  • タスマニアの幸せなコバヤシチヨジ
    2007年12月23~30日 タスマニアにて (2008年1月1日及び2日のブログ「タスマニア紀行」全8篇を参照されたい)

僕の見た三丁目の夕日

  • blog-2007-7-29
    遠き日の僕の絵日記から
無料ブログはココログ

« 秋。來る。夏去りて。   原民喜 | トップページ | もだえ   原民喜 »

2016/04/09

サボタージユの歌   原民喜

  サボタージユの歌

 

働くな働くまい

私にも二つ目がある

目で見れば鼻もあるわい。

口も耳手もあるらしい。

此の鼻で同じ呼吸をし

太陽の同じ光を

平等に受ける我々

どこが主人と異なろう。

それに私を働かす。

それに私をいぢめる。

馬でない馬ならば

けりとばすもの

人ならば働かぬもの

働くまいいぢめられしもの。

サボロー サボロー

餘りひどい世の中だ

人があせとあぶらとを

何とも思はぬ主人の顏

人が苦しい肉體を

何とも思はぬ主人の顏。

あの恐しい主人の目

何をそんなに恐らかす。

もう永久にサボルのだ。

 

 

[やぶちゃん注:前掲と同じく、原民喜がすぐ上の兄守夫と出した兄弟同人誌、大正九(一九二〇)年九月号『ポギー』三号に所収。

 原民喜の分かち書き形式のこうした近代詩の中では、現存する最古のものと思われる。

 底本は青土社版「原民喜全集 Ⅰ」の「拾遺集」に拠ったが、戦前の作品であるので、恣意的に漢字を正字化した。「餘り」は底本「余り」で迷ったが、正字化した(「余」は江戸以前の古典でも「余」を用いるケースがままあるからである)。

 彼の社会主義的資質が既にして現われていることには驚嘆せざるを得ない。この時、民喜、未だ満十四歳、広島高等師範付属中学二年であった。]

« 秋。來る。夏去りて。   原民喜 | トップページ | もだえ   原民喜 »