フォト

カテゴリー

サイト増設コンテンツ及びブログ掲載の特異点テクスト等一覧(2008年1月以降)

The Picture of Dorian Gray

  • Sans Souci
    畢竟惨めなる自身の肖像

Alice's Adventures in Wonderland

  • ふぅむ♡
    僕の三女アリスのアルバム

忘れ得ぬ人々:写真版

  • 縄文の母子像 後影
    ブログ・カテゴリの「忘れ得ぬ人々」の写真版

Exlibris Puer Eternus

  • 吾輩ハ僕ノ頗ル氣ニ入ツタ教ヘ子ノ猫デアル
    僕が立ち止まって振り向いた君のArt

SCULPTING IN TIME

  • 熊野波速玉大社牛王符
    写真帖とコレクションから

Pierre Bonnard Histoires Naturelles

  • 樹々の一家   Une famille d'arbres
    Jules Renard “Histoires Naturelles”の全挿絵 岸田国士訳本文は以下 http://yab.o.oo7.jp/haku.html

僕の視線の中のCaspar David Friedrich

  • 海辺の月の出(部分)
    1996年ドイツにて撮影

シリエトク日記写真版

  • 地の涯の岬
    2010年8月1日~5日の知床旅情(2010年8月8日~16日のブログ「シリエトク日記」他全18篇を参照されたい)

氷國絶佳瀧篇

  • Gullfoss
    2008年8月9日~18日のアイスランド瀧紀行(2008年8月19日~21日のブログ「氷國絶佳」全11篇を参照されたい)

Air de Tasmania

  • タスマニアの幸せなコバヤシチヨジ
    2007年12月23~30日 タスマニアにて (2008年1月1日及び2日のブログ「タスマニア紀行」全8篇を参照されたい)

僕の見た三丁目の夕日

  • blog-2007-7-29
    遠き日の僕の絵日記から
無料ブログはココログ

« 原民喜「幼年畫」(恣意的正字化版)附やぶちゃん注 「不思議」 | トップページ | 閑吟集より(千葉の旅の途次に) »

2016/04/28

千葉行

結婚記念日のフラヰングで千葉の携帶圏外の大多喜町山中にある「童子(わらべ)」にて竹の子料理を堪能、「總元(ふさもと)」に下つて、「いすみ鐡道」に乘った。行き歸りの田舍道では白藤がとても美しかつた。私は鐡道好きなのではないが、この路線の風景は何かひどく懷かしい思ひを掻き立てさせたのだつた。今は無くなつた亡き母の鹿兒島の山中のかの大隅町岩川の實家邊りと全く違はぬ自然の愛しい景觀が髣髴と浮かび上がつた。無人驛に入ると、向かひの田に鯉幟が翻り、野生の雉子の啼く聲が頻りにしてゐた。見てゐると、雄々しい雄が田の畦をゆつくらと歩んでゐた。妻は野生の雉子の啼き聲も姿も始めて見るのであつた。私は、其から又、次の驛にあつても、田圃の脇の叢にやはり雄の雉子のすつくと佇む姿を認めたのであつた。妻の好きなムーミン谷の連中が其處此處に佇んでゐた。鴨川に出でて、海を見下ろす温泉に浸つた。私の好きな海をとくと見つめるのは二年振りのことだつた。昨年の夏に嗅覺を失ひ、潮の匂ひを感じとれないは少し哀しかつた。五十數年も前のことだ、父と亡き母と父の祖母と唯一度、此處いらを旅した思ひ出が甦つた。歸りの電車の中の――母の優しい言葉を――ふと思ひ出した……

« 原民喜「幼年畫」(恣意的正字化版)附やぶちゃん注 「不思議」 | トップページ | 閑吟集より(千葉の旅の途次に) »