フォト

カテゴリー

サイト増設コンテンツ及びブログ掲載の特異点テクスト等一覧(2008年1月以降)

The Picture of Dorian Gray

  • Sans Souci
    畢竟惨めなる自身の肖像

Alice's Adventures in Wonderland

  • ふぅむ♡
    僕の三女アリスのアルバム

忘れ得ぬ人々:写真版

  • 縄文の母子像 後影
    ブログ・カテゴリの「忘れ得ぬ人々」の写真版

Exlibris Puer Eternus

  • 吾輩ハ僕ノ頗ル氣ニ入ツタ教ヘ子ノ猫デアル
    僕が立ち止まって振り向いた君のArt

SCULPTING IN TIME

  • 熊野波速玉大社牛王符
    写真帖とコレクションから

Pierre Bonnard Histoires Naturelles

  • 樹々の一家   Une famille d'arbres
    Jules Renard “Histoires Naturelles”の全挿絵

僕の視線の中のCaspar David Friedrich

  • 海辺の月の出(部分)
    1996年ドイツにて撮影

シリエトク日記写真版

  • 地の涯の岬
    2010年8月1日~5日の知床旅情(2010年8月8日~16日のブログ「シリエトク日記」他全18篇を参照されたい)

氷國絶佳瀧篇

  • Gullfoss
    2008年8月9日~18日のアイスランド瀧紀行(2008年8月19日~21日のブログ「氷國絶佳」全11篇を参照されたい)

Air de Tasmania

  • タスマニアの幸せなコバヤシチヨジ
    2007年12月23~30日 タスマニアにて (2008年1月1日及び2日のブログ「タスマニア紀行」全8篇を参照されたい)

僕の見た三丁目の夕日

  • blog-2007-7-29
    遠き日の僕の絵日記から
無料ブログはココログ

« 原民喜「淡章」(恣意的正字化版)  冬の日 | トップページ | 原民喜「淡章」(恣意的正字化版)  山 / 「淡章」~了 »

2016/04/19

原民喜「淡章」(恣意的正字化版)  鞦韆

  鞦韆

 

 干潟の果てには水と空があつた。錆びた鏡の面のやうに海は佗しく、傾いた午後の柔かい陽ざしが、遠くにある水を微かに光らせてゐた。――あんな遙かな水と空との中に消えてゆく小さな舟の姿を目に描いて、少しづつ、少しづつ、消えてゆくのを考へてゐると、そのうちにだんだん睡くなるのだ、と後の方で話聲がしてゐた。

 四人は海岸通から高臺の方へ出て、茫とした畑道を歩いた。向の空に氣球が見る間に低くずれさがつて來て、それが大きく目に見えるにつれだんだん不安な氣持をそそる。と、狹い徑の芙蓉垣の側に潛んでゐた眼の鋭い男が、鎌を振上げて、萱を刈りだした。四人はおどろいたやうに、その男を見返つた。それからまた畑の中を進んだ。松林を拔けて、徑が曲り、旅館の庭が見えて來た。ひつそりとした夕暮の庭に鞦韆があつた。と、一人がつかつかと鞦韆に近づき、身輕に搖すぶつて飛乘つてゐた。――その若い學生は翌年の秋、鞦韆に飛乘るやうな身輕さで自らの命を絶つたのである。

 

[やぶちゃん注:「鞦韆」音読みなら「しうせん(しゅうせん)」であるが、「ふららこ」或いは「ぶらんこ」と読みたい(私は朗読のことを考えると後者で読みたい)。なお、「ブランコ」の語源はポルトガル語“balanço”に基づくという説があるが、定かではない。なお、「翌年の秋」「自らの命を絶つた」「若い學生」は不詳である。]

« 原民喜「淡章」(恣意的正字化版)  冬の日 | トップページ | 原民喜「淡章」(恣意的正字化版)  山 / 「淡章」~了 »