フォト

カテゴリー

サイト増設コンテンツ及びブログ掲載の特異点テクスト等一覧(2008年1月以降)

The Picture of Dorian Gray

  • Sans Souci
    畢竟惨めなる自身の肖像

Alice's Adventures in Wonderland

  • ふぅむ♡
    僕の三女アリスのアルバム

忘れ得ぬ人々:写真版

  • 縄文の母子像 後影
    ブログ・カテゴリの「忘れ得ぬ人々」の写真版

Exlibris Puer Eternus

  • 吾輩ハ僕ノ頗ル氣ニ入ツタ教ヘ子ノ猫デアル
    僕が立ち止まって振り向いた君のArt

SCULPTING IN TIME

  • 熊野波速玉大社牛王符
    写真帖とコレクションから

Pierre Bonnard Histoires Naturelles

  • 樹々の一家   Une famille d'arbres
    Jules Renard “Histoires Naturelles”の全挿絵

僕の視線の中のCaspar David Friedrich

  • 海辺の月の出(部分)
    1996年ドイツにて撮影

シリエトク日記写真版

  • 地の涯の岬
    2010年8月1日~5日の知床旅情(2010年8月8日~16日のブログ「シリエトク日記」他全18篇を参照されたい)

氷國絶佳瀧篇

  • Gullfoss
    2008年8月9日~18日のアイスランド瀧紀行(2008年8月19日~21日のブログ「氷國絶佳」全11篇を参照されたい)

Air de Tasmania

  • タスマニアの幸せなコバヤシチヨジ
    2007年12月23~30日 タスマニアにて (2008年1月1日及び2日のブログ「タスマニア紀行」全8篇を参照されたい)

僕の見た三丁目の夕日

  • blog-2007-7-29
    遠き日の僕の絵日記から
無料ブログはココログ

« 楓   原民喜 | トップページ | 秋。來る。夏去りて。   原民喜 »

2016/04/09

ある晩   原民喜

  ある晩

 

彩なす雲に光あり。

靑く光りて照る月の

流るゝ雲におほほれて

またあらはれて走り往く

びは一ぶちの音ふるふ

はりあぐる一聲また二聲

聞ゆる義太夫語る聲

素手のぞうろりさびし

蟲の聲たえたえに

月走る雲流る。

 

 

[やぶちゃん注:前掲と同じく、原民喜がすぐ上の兄守夫(広島在住で原家四男。民喜より三つ上)と出した兄弟同人誌、大正九(一九二〇)年九月号『ポギー』三号に所収。

 原民喜の分かち書き形式のこうした近代詩の中では、現存する最古のものと思われる。

 底本は青土社版「原民喜全集 Ⅰ」の「拾遺集」に拠ったが、戦前の作品であるので、恣意的に漢字を正字化した。「たえたえ」の後半は底本では踊り字「〱」。

 「びは一ぶち」とは「琵琶一打ち」の謂いであろう。

 「ぞうろり」は不詳。「素手」とあるから「琵琶」を撥を用いずに素手で奏でることを指すか? 識者の御教授を乞う。【即時追記】公開から数分で教え子が、これは「浄瑠璃」ではというコメントを寄せて呉れた。浄瑠璃は歴史的仮名遣では「じやうるり」であるが、「じやう」は如何にも「ぞう」っぽく、「るり」は「ぞう」に引っ張られて「ろり」となりそうに感じた。附言しておく。

« 楓   原民喜 | トップページ | 秋。來る。夏去りて。   原民喜 »