フォト

カテゴリー

サイト増設コンテンツ及びブログ掲載の特異点テクスト等一覧(2008年1月以降)

The Picture of Dorian Gray

  • Sans Souci
    畢竟惨めなる自身の肖像

Alice's Adventures in Wonderland

  • ふぅむ♡
    僕の三女アリスのアルバム

忘れ得ぬ人々:写真版

  • 縄文の母子像 後影
    ブログ・カテゴリの「忘れ得ぬ人々」の写真版

Exlibris Puer Eternus

  • 吾輩ハ僕ノ頗ル氣ニ入ツタ教ヘ子ノ猫デアル
    僕が立ち止まって振り向いた君のArt

SCULPTING IN TIME

  • 熊野波速玉大社牛王符
    写真帖とコレクションから

Pierre Bonnard Histoires Naturelles

  • 樹々の一家   Une famille d'arbres
    Jules Renard “Histoires Naturelles”の全挿絵

僕の視線の中のCaspar David Friedrich

  • 海辺の月の出(部分)
    1996年ドイツにて撮影

シリエトク日記写真版

  • 地の涯の岬
    2010年8月1日~5日の知床旅情(2010年8月8日~16日のブログ「シリエトク日記」他全18篇を参照されたい)

氷國絶佳瀧篇

  • Gullfoss
    2008年8月9日~18日のアイスランド瀧紀行(2008年8月19日~21日のブログ「氷國絶佳」全11篇を参照されたい)

Air de Tasmania

  • タスマニアの幸せなコバヤシチヨジ
    2007年12月23~30日 タスマニアにて (2008年1月1日及び2日のブログ「タスマニア紀行」全8篇を参照されたい)

僕の見た三丁目の夕日

  • blog-2007-7-29
    遠き日の僕の絵日記から
無料ブログはココログ

« 原民喜「雜音帳」(自筆原稿復元版) 靴と傘 | トップページ | 和漢三才圖會卷第五十二 蟲部 棗貓 »

2016/04/16

原民喜「雜音帳」(自筆原稿復元版) 皺

    皺

 

 電車は例によつてひどく混んでゐた。三十分あまり待たされた後、漸く乘れた電車であつた。吊革に凭れたまま見るともなしに坐席の人々を見渡してゐると、華美なモンペイを着た娘から二三人おいて、奇妙な男の顏があるのが彼の注意を惹きつけた。はじめはただ黯んが顏が目に映つたのだが、よく見ると、その顏はひどく夥しい皺によつて造られてゐるのだつた。額や頰などに刻まれてゐる大きな皺と皺の合間には無數の小皺が網の目をなして刻み込まれ、顏中が皺の塊で出來上つてゐて、そのため眼などははつきりした印象を殘さない。これは木乃伊を聯想さす顏であつた。彼は見てゐるほどに、奇異な感嘆にうたれた。あれは一體何をする男なのだらうか、そして年齡は凡そどれ位なのだらうか、あの澤山の皺の一つ一つは激しい勞苦の跡を物語るのであらうか、それとも何か造化の戲れによつて刻まれたものであらうか、――さう思ひながら、彼の注意が相手の顏から全身へ移されて行つた時、ここでもまた夥しい皺と出逢つた。見ればその男の手も足も胸のあたりも殆ど顏と同じ調子で縱橫に皺は刻み込まれてゐるのだ。が、彼はもうこれ以上相手の姿を觀察する氣にはなれなかつた。さうして、眼を窓の外の野づらに向けた時である。眼には何か微かに明るい色彩が映つた。靑い野の一端から中空に對つて、たしかに虹が懸つてゐるのであつた。そのあたりには晩夏の烈しい光線を孕んだ一塊の雨雲が屯してゐて、虹はほんの中途で立消えになつてはゐるが、かすかにさまざまの色を放つて、茫と美しい。あの下にはいかなる幸が想像されるのであらうか。昨夜から警戒警報で何となく空模樣が氣になつてゐる折から、吻と童話めいた花が空には消殘つてゐるのであつた。(昭和十八年)

 

[やぶちゃん注:本篇で主人公が見た皺だらけの人物、全身性の皮膚弛緩を起こしている人は、何らかの皮膚疾患(先天性の遺伝性疾患かも知れない)を持った方である可能性が高いように思われる。

 「モンペイ」「もんぺ」のこと。「もっぺ」「もんぺい」とも呼んだ。語源は「股引(ももひき)」或いは「股はき(ももはき)」が変化して「もっぺ」→「もんぺ」になったとする説、門兵衛(もんべゑ)という人が考案したため、名前をもじって「もんぺ」になったとする説、厠で用を足すためには脱ぐのに時間がかかることから、体の門が閉ざされているの意の「門閉(もんぺい)」から「もんぺ」になったとする説、ズボン様の下穿きのことをアイヌ語で「おむんぺ」と呼ぶことから、それが転じて「もんぺ」になったとする説など多様である。

 「屯してゐて」「たむろしていて」と訓ずる。

 「吻と」「ほつと」。]

« 原民喜「雜音帳」(自筆原稿復元版) 靴と傘 | トップページ | 和漢三才圖會卷第五十二 蟲部 棗貓 »