フォト

カテゴリー

サイト増設コンテンツ及びブログ掲載の特異点テクスト等一覧(2008年1月以降)

The Picture of Dorian Gray

  • Sans Souci
    畢竟惨めなる自身の肖像

Alice's Adventures in Wonderland

  • ふぅむ♡
    僕の三女アリスのアルバム

忘れ得ぬ人々:写真版

  • 縄文の母子像 後影
    ブログ・カテゴリの「忘れ得ぬ人々」の写真版

Exlibris Puer Eternus

  • 吾輩ハ僕ノ頗ル氣ニ入ツタ教ヘ子ノ猫デアル
    僕が立ち止まって振り向いた君のArt

SCULPTING IN TIME

  • 熊野波速玉大社牛王符
    写真帖とコレクションから

Pierre Bonnard Histoires Naturelles

  • 樹々の一家   Une famille d'arbres
    Jules Renard “Histoires Naturelles”の全挿絵 岸田国士訳本文は以下 http://yab.o.oo7.jp/haku.html

僕の視線の中のCaspar David Friedrich

  • 海辺の月の出(部分)
    1996年ドイツにて撮影

シリエトク日記写真版

  • 地の涯の岬
    2010年8月1日~5日の知床旅情(2010年8月8日~16日のブログ「シリエトク日記」他全18篇を参照されたい)

氷國絶佳瀧篇

  • Gullfoss
    2008年8月9日~18日のアイスランド瀧紀行(2008年8月19日~21日のブログ「氷國絶佳」全11篇を参照されたい)

Air de Tasmania

  • タスマニアの幸せなコバヤシチヨジ
    2007年12月23~30日 タスマニアにて (2008年1月1日及び2日のブログ「タスマニア紀行」全8篇を参照されたい)

僕の見た三丁目の夕日

  • blog-2007-7-29
    遠き日の僕の絵日記から
無料ブログはココログ

« 和漢三才圖會卷第五十二 蟲部 螳蜋 | トップページ | 和漢三才圖會卷第五十二 蟲部 雀甕 »

2016/04/03

和漢三才圖會卷第五十二 蟲部 桑螵蛸

Oojigahuguri

おほぢがふぐり 螵蛸 蜱蛸

桑螵蛸    蟭 致神

        野狐鼻涕

      【和名於保知

       加不久里】

[やぶちゃん注:「」「虫」+(「傅」-「亻」)。]

 

本綱桑螵蛸者蟷蜋子房生桑樹枝者入藥用味甘平肝

腎命門藥也勿用襍樹上生者惟連枝斷取者爲眞僞者

亦以膠着桑枝之上也村人毎灸焦飼小兒云止夜尿蓋

能通五淋利小便又能治遺尿遺精也

按桑螵蛸山人取之灌熱湯貨之藥肆収紙袋中乘温

蟷蜋子孚出者亦有

 

 

おほぢがふぐり 螵蛸〔(へうせう)〕 蜱蛸〔(ひせう)〕

桑螵蛸    蟭〔(ふせう)〕 致神〔(ちしん)〕

        野狐鼻涕〔(やこびてい)〕

      【和名、於保知加不久里。】

[やぶちゃん注:「」「虫」+(「傅」-「亻」)。]

 

「本綱」、桑螵蛸は蟷蜋の子房、桑樹〔の〕枝に生ずる者、藥に入れ用ふ。味、甘・平にして、肝腎命門の藥なり。襍樹〔(ざふき)〕の上に生ずる者を用ふること勿れ。惟だ枝を連ね、斷〔(き)〕り取る者を眞と爲す。僞は亦、膠〔(にかは)〕を以て桑の枝の上に着くるなり。村人、毎〔(つね)〕に灸焦〔(いりこが)し〕、小兒に飼〔(あたへ)〕て云く、「夜尿(よばり)を止む。」と。蓋し、能く五淋を通じ、小便を利す。又、能く遺尿・遺精を治す、と。

按ずるに、桑螵蛸、山人、之れを取り、熱湯を灌〔(そそぎ)〕て之れを貨〔(う)〕る。藥肆(くすりや)に紙袋の中に収む。温に乘ずれば、蟷蜋の子、孚(かへ)り出ずる者も亦、有り。

 

[やぶちゃん注:節足動物門昆虫綱カマキリ目 Mantodea のカマキリ類の卵塊。

・「致神〔(ちしん)〕」これは「本草綱目」の記載を見ると、「其子房名螵蛸者飼小兒、云止夜尿、則 、致神之名」とあって、後に出るところの幼児の夜尿症をピタリと止めるところから、神妙に至る、の謂いで附けられている別名であることが判る。そうした部分を語らずに記す良安に、私は正直、「では、書かなければよろしい。」と実は言いたくなるのである。

・「野狐鼻涕〔(やこびてい)〕」東洋文庫版現代語訳では、これを『野狐 鼻涕』とするが、採らない。これは明らかに私は野生の狐の濡れた鼻、或いはその鼻汁の結したものという四字熟語の別名と考えるからである。底本も間に字空けは、ない。

・「命門」は漢方医学で精血の海であり、生命の根源であり、水・火の宿るところとし、五臓の陰気はこの「命門」によって滋養されるとある。経絡としては骨盤の一番上の際から数えて、二つ目の背骨の凹みを言いともある。

・「襍樹〔(ざふき)〕」雑木。桑の枝のカマキリの卵塊でないと薬方としては、だめ、という辺り、拘りがあって面白い。

・「惟だ枝を連ね、斷〔(き)〕り取る者」枝にしっかりと附着したものをその枝のままに採取したもの。

・「膠〔(にかは)〕」動物の皮膚・骨・腱などの結合組織の主成分であるコラーゲンに熱を加えて抽出したもの。

・「五淋」尿路に関わる五つの症状、石淋(せきりん:尿路結石症を伴う排尿障害。)・気淋(きりん:ストレスなどに因る神経性排尿障害。)・膏淋(こうりん:米の研ぎ汁のような白濁した尿の様態。)・労淋(ろうりん:疲労による慢性排尿障害)・血淋(けつりん:血尿。)を指す。

・「遺精」貯留した古い精液。これが悪さをすると考えたようだ。実際的には体内で分解され、そういうことはない。でなれば、私など、とっくの昔に病んでいる(いや、今、精神的おかしいのは、もしや、そのせいか?)。

・「貨〔(う)〕る」売る。]

« 和漢三才圖會卷第五十二 蟲部 螳蜋 | トップページ | 和漢三才圖會卷第五十二 蟲部 雀甕 »