フォト

カテゴリー

サイト増設コンテンツ及びブログ掲載の特異点テクスト等一覧(2008年1月以降)

The Picture of Dorian Gray

  • Sans Souci
    畢竟惨めなる自身の肖像

Alice's Adventures in Wonderland

  • ふぅむ♡
    僕の三女アリスのアルバム

忘れ得ぬ人々:写真版

  • 縄文の母子像 後影
    ブログ・カテゴリの「忘れ得ぬ人々」の写真版

Exlibris Puer Eternus

  • 吾輩ハ僕ノ頗ル氣ニ入ツタ教ヘ子ノ猫デアル
    僕が立ち止まって振り向いた君のArt

SCULPTING IN TIME

  • 熊野波速玉大社牛王符
    写真帖とコレクションから

Pierre Bonnard Histoires Naturelles

  • 樹々の一家   Une famille d'arbres
    Jules Renard “Histoires Naturelles”の全挿絵

僕の視線の中のCaspar David Friedrich

  • 海辺の月の出(部分)
    1996年ドイツにて撮影

シリエトク日記写真版

  • 地の涯の岬
    2010年8月1日~5日の知床旅情(2010年8月8日~16日のブログ「シリエトク日記」他全18篇を参照されたい)

氷國絶佳瀧篇

  • Gullfoss
    2008年8月9日~18日のアイスランド瀧紀行(2008年8月19日~21日のブログ「氷國絶佳」全11篇を参照されたい)

Air de Tasmania

  • タスマニアの幸せなコバヤシチヨジ
    2007年12月23~30日 タスマニアにて (2008年1月1日及び2日のブログ「タスマニア紀行」全8篇を参照されたい)

僕の見た三丁目の夕日

  • blog-2007-7-29
    遠き日の僕の絵日記から
無料ブログはココログ

« 死と愛と孤獨 原民喜 (自筆原稿復元版) | トップページ | 「笈の小文」の旅シンクロニティ―― さまざまの事おもひ出す櫻かな 芭蕉 »

2016/04/12

一つの星に   原民喜 (自筆原稿復元版)

[やぶちゃん注: 広島市立中央図書館の「原民喜の世界」の「画像ギャラリー」の自筆原稿を視認した。原稿用紙は左下欄外に『京大北門前 臼井書房編輯室』とある、二〇×二〇=四〇〇字詰。標題と署名は四行目に二字下げ書かれて、三行空けて本文がある。この本文は極めて特異で、全体が標題と同じく二字下げで、しかも全行が下三字空けで書かれてある。これは確信犯の執筆法と読めるので、ひょうだいの字配も含め、総てそのままに再現した。

 一九七八年青土社刊「原民喜全集 Ⅱ」の書誌によれば、昭和二三(一九四八)年七月号『高原』に十五篇から成る「画集」という詩篇群に初出するが、後に著者自身によってこの「一つの星に」を掉尾とした九篇を「美しき死の岸に」の作品群に分類していたため、現行では初出形態で読むことが出来なくなっている数奇な運命の詩群と言える。私の字体既電子化に」及び私の古い仕儀である原民喜全詩集」 も参照されたい。

 現行通行の詩篇と比べると、改行の問題を無視すると、以下のような異同がある。

・最初の一文中の「見うしなつて、暗がりの部屋に」に挟まれてある読点は、現行のものには、ない。

・「どうしてお前はそれを感じとつたのか」は、現行のものでは「どうしてお前は感じとつたのか」と「それを」が除去されている。

・最終部の、

さながら靈魂のやうに滑りおちて來て憩らつてゐた稀れなる星よ。」

は、現行では、

あたかも小さな霊魂のごとく滑りおりて憩らつてゐた稀れなる星よ。」

と大きく有意に改稿されてある。]

 

 

 

  一つの星に      原 民喜

 

 

 

  わたしが望みを見うしなつて、

  暗がりの部屋に橫たはつてゐる

  とき、どうしてお前はそれを感

  じとつたのか。この窓のすき間

  に、さながら靈魂のやうに滑り

  おちて來て憩らつてゐた稀れな

  る星よ。

 

 

 

[やぶちゃん注:以下、読み難いとされる諸君のために、連続させたものも示しておく。

   *

 

一つの星に      原 民喜

 

わたしが望みを見うしなつて、暗がりの部屋に橫たはつてゐるとき、どうしてお前はそれを感じとつたのか。この窓のすき間に、さながら靈魂のやうに滑りおちて來て憩らつてゐた稀れなる星よ。

 

   *]

« 死と愛と孤獨 原民喜 (自筆原稿復元版) | トップページ | 「笈の小文」の旅シンクロニティ―― さまざまの事おもひ出す櫻かな 芭蕉 »