フォト

カテゴリー

サイト増設コンテンツ及びブログ掲載の特異点テクスト等一覧(2008年1月以降)

The Picture of Dorian Gray

  • Sans Souci
    畢竟惨めなる自身の肖像

Alice's Adventures in Wonderland

  • ふぅむ♡
    僕の三女アリスのアルバム

忘れ得ぬ人々:写真版

  • 縄文の母子像 後影
    ブログ・カテゴリの「忘れ得ぬ人々」の写真版

Exlibris Puer Eternus

  • 吾輩ハ僕ノ頗ル氣ニ入ツタ教ヘ子ノ猫デアル
    僕が立ち止まって振り向いた君のArt

SCULPTING IN TIME

  • 熊野波速玉大社牛王符
    写真帖とコレクションから

Pierre Bonnard Histoires Naturelles

  • 樹々の一家   Une famille d'arbres
    Jules Renard “Histoires Naturelles”の全挿絵

僕の視線の中のCaspar David Friedrich

  • 海辺の月の出(部分)
    1996年ドイツにて撮影

シリエトク日記写真版

  • 地の涯の岬
    2010年8月1日~5日の知床旅情(2010年8月8日~16日のブログ「シリエトク日記」他全18篇を参照されたい)

氷國絶佳瀧篇

  • Gullfoss
    2008年8月9日~18日のアイスランド瀧紀行(2008年8月19日~21日のブログ「氷國絶佳」全11篇を参照されたい)

Air de Tasmania

  • タスマニアの幸せなコバヤシチヨジ
    2007年12月23~30日 タスマニアにて (2008年1月1日及び2日のブログ「タスマニア紀行」全8篇を参照されたい)

僕の見た三丁目の夕日

  • blog-2007-7-29
    遠き日の僕の絵日記から
無料ブログはココログ

« 原民喜「雜音帳」(自筆原稿復元版) 干もの | トップページ | 原民喜「雜音帳」(自筆原稿復元版) たから »

2016/04/17

原民喜「雜音帳」(自筆原稿復元版) にほひ

    にほひ

 

 「この頃のことをうまく纏めて書いたら大した喜劇が出來るだらうね、たとへば人前ではやれ滅〔私〕奉公だの何だのいかめしい流行語をひけらかしておいて、一歩内へはいれば闇の親玉であるやうな、國策型の人物がうようよしてゐる、そいつらの裏表をうまく組合はすと、おどろくべき百鬼夜行の國が出來上りさうだね」と彼は「檢察官」の芝居を眼の前に思ひ浮べながら妻の枕頭で喋つた。

 「それなら、それを書いておいたらいいではないの」と病床の妻はかすかに期待をもつて答へる。書いておいたらいいのかもしれなかつたが、そのやうなことがうつかり發表できないのも確かであつた。いつまでも彼は書かうとしなかつた。そして彼は「フオルスタッフ」をとり出して讀耽つた。

 病氣してゐる妻の嗅覺は鋭くなつてゐた。食べもののない夏のことであつたが、前隣の家では、何かいいものを手に入れてゐるらしかつた。その前隣の主人は外交をやる商人であつたが、割あて貯金のことで近所が寄合つた時、深刻な腕組をして、「私のところではもうとても駄目です、この頃は腹だつてぺしやんこになつてしまひました、街へ出て歩いても足がよろよろして階段を昇る時などぶつ倒れさうですわい」と赭顏を昂然ともちあげて細細と苦境を呟くのであつた。その主人のうちからいつもおいしさうなものの臭ひがした。「けふは西瓜を割つてゐる」「けふは桃らしい」「豚を燒いてゐるやうだ」と病氣の妻は寐たままで向の臺所を感じた。彼は衰へてゐる妻に西瓜も桃も豚も手に入れてやれない己を情なく思つた。そして、闇でも何でもとにかくこの乱世を圖太く渡つてゆける人間をだんだん妻が羨望してゐるのもわりなきことかと思ひふけつた。(昭和十九年)

 

[やぶちゃん注:本篇は自筆原稿の「47」頁目が二枚あって「48」頁目が、ない。これは同サイトの製作者である広島県立図書館の誤りと思われる。仕方がないので当該部分は青土社版全集を正字化して補った(他に、原民喜は踊り字「々」を好まなことが今までの自筆原稿の視認から判明しているので、全集の「細々」は「細細」に変えた)。厳密に言うと、最終段落の『うとても駄目です、この頃は腹だつてぺしやんこになつてしまひました。街へ出て歩いても足がよろよろして階段を昇る時などぶつ倒れさうですわい」と賭顏を昂然ともちあげて細々と苦境を呟くのであつた。その主人のうちからいつもおいしさうなものの臭ひがした。「けふは西瓜を割つてゐる」「けふは桃らしい」「豚を燒いてゐるやうだ」と病氣の妻は寢たままで向の臺所を感じた。彼は衰へてゐる妻に西瓜も挑も豚も手に入れてやれない己を情な』の部分である。しかし問題があって、これを試みに原稿用紙に当て嵌めて見ると、三文字多いのである。ということは単純に言うと、その48」の以上の部分には三文字分が吹き出しで挿入されている可能性があることになる。広島県立図書館が画像修正して呉れるのを気長に待つばかりである。【二〇一六年四月十九日追記:藪野直史】昨日、広島市立図書館にこの件に就き、メールで質問を行ったところ、本日、画像の脱落であった由のメールを頂戴し、画像の補正が行われた。されば、それを視認して再度、電子化を補正した。その結果、私の字数の相違推定は誤りであることがまず判ったことを述べねばならない。また、

「ぺしやんこになつてしまひました、」は、青土社版全集では「ぺしやんこになつてしまひました。」と句点

「病氣の妻は寐たまま」は、青土社版全集では「病氣の妻は寝たまま」

という異同が判明した。これだけでも私は市立図書館の補正に心より謝意を表するものである。

 民喜の妻貞恵はこの昭和一九(一九四四)の九月に亡くなっている。本篇はこの「雜音帳」の生前の彼女を登場させた最後の章である(次の一篇「たから」は同年ながら妻は描かれない。その次の一篇「七月二十七日」は翌昭和二十年のクレジットを持つ)。三つ前の「牛乳」に「遠い空に秋の色の見える」とあったし、ここでは「食べもののない夏のこと」「彼は衰へてゐる妻に西瓜も挑も」「手に入れてやれない」とある以上、八月末から九月の上旬頃、まさに貞恵の逝去の直前のシークエンス、と私は思うている。

『「それなら、それを書いておいたらいいではないの」と病床の妻は……』は青土社版全集では前の段落に続いている。

 「發表できないのも確かであつた」青土社版全集では「確であつた」。

 「檢察官」ウクライナ人でウクライナ生まれのロシアの小説家・劇作家ニコライ・ヴァシーリエヴィチ・ゴーゴリ(ウクライナ語:Микола Васильович Гоголь/ロシア語:Николай Васильевич Гоголь 一八〇九年~一八五二年)の一八三六年発表の諷刺喜劇(ウクライナ語「Ревізор」/ロシア語「Ревизор」)。

 「フオルスタッフ」「ッ」の拗音は明確。「オ」はママ。これは架空の人物 Sir John Falstaff で、元はシェイクスピアの「ヘンリー四世」「ウィンザーの陽気な女房たち」に登場する老騎士の名。大酒飲みで法螺吹きながら、愛すべき人物であるが、ここは、「とり出して讀耽つた」とあるところから、「ウィンザーの陽気な女房たち」の彼を主人公にした一種のスピン・オフ作品であるジュゼッペ・ヴェルディ作曲、アッリーゴ・ボーイト改訂による三幕物の喜劇オペラ(コメディア・リリカ)「ファルスタッフ」(Falstaff)のことと思われる(初演は一八九三年。ベルディ最後のオペラで、しかも生涯二作しか作らなかった喜劇の一篇でもある)。

 「割あて貯金」明文化された制度(強制貯金)ではないが、戦時中に隣組制度の中で連帯して郵便貯金をすることが奨励されていたらしいから、これはそれを指すものか。

 「赭顏」「あからがほ(あからがお)」。]

« 原民喜「雜音帳」(自筆原稿復元版) 干もの | トップページ | 原民喜「雜音帳」(自筆原稿復元版) たから »