フォト

カテゴリー

サイト増設コンテンツ及びブログ掲載の特異点テクスト等一覧(2008年1月以降)

The Picture of Dorian Gray

  • Sans Souci
    畢竟惨めなる自身の肖像

Alice's Adventures in Wonderland

  • ふぅむ♡
    僕の三女アリスのアルバム

忘れ得ぬ人々:写真版

  • 縄文の母子像 後影
    ブログ・カテゴリの「忘れ得ぬ人々」の写真版

Exlibris Puer Eternus

  • 吾輩ハ僕ノ頗ル氣ニ入ツタ教ヘ子ノ猫デアル
    僕が立ち止まって振り向いた君のArt

SCULPTING IN TIME

  • 熊野波速玉大社牛王符
    写真帖とコレクションから

Pierre Bonnard Histoires Naturelles

  • 樹々の一家   Une famille d'arbres
    Jules Renard “Histoires Naturelles”の全挿絵

僕の視線の中のCaspar David Friedrich

  • 海辺の月の出(部分)
    1996年ドイツにて撮影

シリエトク日記写真版

  • 地の涯の岬
    2010年8月1日~5日の知床旅情(2010年8月8日~16日のブログ「シリエトク日記」他全18篇を参照されたい)

氷國絶佳瀧篇

  • Gullfoss
    2008年8月9日~18日のアイスランド瀧紀行(2008年8月19日~21日のブログ「氷國絶佳」全11篇を参照されたい)

Air de Tasmania

  • タスマニアの幸せなコバヤシチヨジ
    2007年12月23~30日 タスマニアにて (2008年1月1日及び2日のブログ「タスマニア紀行」全8篇を参照されたい)

僕の見た三丁目の夕日

  • blog-2007-7-29
    遠き日の僕の絵日記から
無料ブログはココログ

« 雜興   原民喜 | トップページ | 和漢三才圖會卷第五十二 蟲部 五倍子 附 百藥煎 »

2016/04/02

チクシルス サクサクソ   原 民喜

チクシルス サクサクソ   原 民喜

 

 梅雨三題

 

まだ半身は睡むつてゐるのに

朝はからきし梅雨晴れだ

いいお天氣になりました

ほんとにそれはさうである

 

 

雨を吸つて生きてゆく屋根

屋根は夜中の舌である

その昔はかはききつて

一滴 一滴と雨をのむ

 

 

雨のなかを歩きながら

大きな樹の梢を眺めた

茫と煙つて雨である

靑空がみたい

 

[やぶちゃん注:昭和三(一九二八)年六月発行の『霹靂』二巻に所収された。当時、民喜二十三歳。底本には「原 民喜」の署名はない。

 三連構成の総標題「チクシルス サクサクソ」なる詩篇。「チクシルス サクサクソ」は不詳。識者の御教授を乞う。

 底本は一九七八年青土社刊「原民喜全集 Ⅰ」の拾遺集を用いたが、戦前の創作なので、恣意的に漢字を正字化した。各篇の間(「○」の前後)は底本では行空きがないが、読み易さを考えて、一行、空けた。

 本詩篇の第一連は、後の「かげろふ断章」の「断章」中で「六月」という題名で、完全な相同詩が載る。

 第二連も、やはり「かげろふ断章」の「断章」中の「夜想」という二パートに分かれる詩篇の『⑵』として、ほぼ相同の詩が載る。

 第三連のみ、民喜自身としては、自らの詩として残すに足るものとは思われなかったものであるらしい。]

« 雜興   原民喜 | トップページ | 和漢三才圖會卷第五十二 蟲部 五倍子 附 百藥煎 »