フォト

カテゴリー

サイト増設コンテンツ及びブログ掲載の特異点テクスト等一覧(2008年1月以降)

The Picture of Dorian Gray

  • Sans Souci
    畢竟惨めなる自身の肖像

Alice's Adventures in Wonderland

  • ふぅむ♡
    僕の三女アリスのアルバム

忘れ得ぬ人々:写真版

  • 縄文の母子像 後影
    ブログ・カテゴリの「忘れ得ぬ人々」の写真版

Exlibris Puer Eternus

  • 吾輩ハ僕ノ頗ル氣ニ入ツタ教ヘ子ノ猫デアル
    僕が立ち止まって振り向いた君のArt

SCULPTING IN TIME

  • 熊野波速玉大社牛王符
    写真帖とコレクションから

Pierre Bonnard Histoires Naturelles

  • 樹々の一家   Une famille d'arbres
    Jules Renard “Histoires Naturelles”の全挿絵 岸田国士訳本文は以下 http://yab.o.oo7.jp/haku.html

僕の視線の中のCaspar David Friedrich

  • 海辺の月の出(部分)
    1996年ドイツにて撮影

シリエトク日記写真版

  • 地の涯の岬
    2010年8月1日~5日の知床旅情(2010年8月8日~16日のブログ「シリエトク日記」他全18篇を参照されたい)

氷國絶佳瀧篇

  • Gullfoss
    2008年8月9日~18日のアイスランド瀧紀行(2008年8月19日~21日のブログ「氷國絶佳」全11篇を参照されたい)

Air de Tasmania

  • タスマニアの幸せなコバヤシチヨジ
    2007年12月23~30日 タスマニアにて (2008年1月1日及び2日のブログ「タスマニア紀行」全8篇を参照されたい)

僕の見た三丁目の夕日

  • blog-2007-7-29
    遠き日の僕の絵日記から
無料ブログはココログ

« 原民喜「雜音帳」(自筆原稿復元版) たから | トップページ | 原民喜「雜音帳」(自筆原稿復元版) 七月二十七日 »

2016/04/18

「笈の小文」の旅シンクロニティ―― 花をやどにはじめをはりやはつかほど 芭蕉

本日  2016年 4月18日

     貞享5年 3月18日

はグレゴリオ暦で

    1688年 4月18日

 

   瓢竹庵(へうちくあん)ざをいれて、

   旅の思ひ、いと安かりければ、

 

花をやどにはじめをはりやはつかほど

 

 

 真蹟詠草。「笈の小文」には不載。芭蕉葉二月末より杜国と吉野に発つ三月十九日までの二十日ほどの期間を伊賀上野城代の家臣岡本正次(俳号、苔蘇(たいそ))の邸内にあった瓢竹庵に滞在した。無論、宿主への謝意を込めた挨拶句ではあるが、この一句は「詞花和歌集」の関白前太政大臣藤原忠通の一首(第四八番歌)、

 

 咲きしより散り果つるまで見しほどの花のもとにて二十日へりけり

 

に拠っているものの、芭蕉のそれこそがまさに二十日間の実際の花の蕾の開くそれから落花までのまことの「花の移ろい」の総て、自然の時間の始まりと終わりの実景の嘱目のリアズリズムに裏打ちされた強靭なものであって、遙かに美しい。
 
 それにしても思うのは、当時の平均気温が現在よりも遙かに低く、桜の開花が遅かったと思われることである。例えば今日の吉野観光協会の桜情報によれば、既に奥千本は12日の満開から6日も経って散り始めている。芭蕉が杜国と明日発ったのでは、桜は既に見る影もないであろう。因みに、初春から低温の続いた4年前の2012年の奥千本の満開は4月24日であった。芭蕉の「花」を桜と限定せず、山吹などとする解釈、句の花は風雅の想像の産物と見る向きもあろうが、私はそれではあまりに侘びしく哀しいと思うのである。

« 原民喜「雜音帳」(自筆原稿復元版) たから | トップページ | 原民喜「雜音帳」(自筆原稿復元版) 七月二十七日 »