フォト

カテゴリー

サイト増設コンテンツ及びブログ掲載の特異点テクスト等一覧(2008年1月以降)

The Picture of Dorian Gray

  • Sans Souci
    畢竟惨めなる自身の肖像

Alice's Adventures in Wonderland

  • ふぅむ♡
    僕の三女アリスのアルバム

忘れ得ぬ人々:写真版

  • 縄文の母子像 後影
    ブログ・カテゴリの「忘れ得ぬ人々」の写真版

Exlibris Puer Eternus

  • 吾輩ハ僕ノ頗ル氣ニ入ツタ教ヘ子ノ猫デアル
    僕が立ち止まって振り向いた君のArt

SCULPTING IN TIME

  • 熊野波速玉大社牛王符
    写真帖とコレクションから

Pierre Bonnard Histoires Naturelles

  • 樹々の一家   Une famille d'arbres
    Jules Renard “Histoires Naturelles”の全挿絵 岸田国士訳本文は以下 http://yab.o.oo7.jp/haku.html

僕の視線の中のCaspar David Friedrich

  • 海辺の月の出(部分)
    1996年ドイツにて撮影

シリエトク日記写真版

  • 地の涯の岬
    2010年8月1日~5日の知床旅情(2010年8月8日~16日のブログ「シリエトク日記」他全18篇を参照されたい)

氷國絶佳瀧篇

  • Gullfoss
    2008年8月9日~18日のアイスランド瀧紀行(2008年8月19日~21日のブログ「氷國絶佳」全11篇を参照されたい)

Air de Tasmania

  • タスマニアの幸せなコバヤシチヨジ
    2007年12月23~30日 タスマニアにて (2008年1月1日及び2日のブログ「タスマニア紀行」全8篇を参照されたい)

僕の見た三丁目の夕日

  • blog-2007-7-29
    遠き日の僕の絵日記から
無料ブログはココログ

« 原民喜「淡章」(恣意的正字化版)  山 / 「淡章」~了 | トップページ | 僕は »

2016/04/19

和漢三才圖會卷第五十二 蟲部 芫青蟲 / 葛上亭長 / 地膽

Gensei

げんせいちう 青娘子

芫青蟲

       芫花

       【見毒草部】

ユヱン ツイン

 

本綱芫青二三月在芫花上似斑蝥但色純青綠背上一

道黃文尖喙但連芫花莖葉采置地上一夕盡自出也凡

芫青之功同斑蝥而毒尤猛芫花有毒故也

 

 

げんせいちう 青娘子

芫青蟲

       芫花(いはふじ)

       【毒草部を見よ。】

ユヱン ツイン

 

「本綱」、芫青は、二・三月、芫花〔(いはふじ)〕の上に在り、斑蝥〔(はんめう)〕に似たり。但〔(た)〕だ、色、純青綠、背の上、一道に黃なる文〔(もん)〕あり、尖れる喙〔(くちばし)〕あり。但だ、芫花〔が〕莖葉を連ね采りて地の上に置けば、一夕にして盡く自〔(おのづか)ら〕出づるなり。凡そ芫青の功、斑蝥に同じくして、毒、尤も猛(たけ)し。芫花〔(いはふじ)〕、毒有る故なり。

 

[やぶちゃん注:前項で注した通り、ゴミムシダマシ上科ツチハンミョウ科ツチハンミョウ亜科 Lyttini 族ミドリゲンセイ(緑芫青)属のヨーロッパ産種であるスパニッシュフライ Lytta vesicatoria に同定しておく。

・「芫花(いはふじ)」ここでは摂餌植物として和名を示している。前に注したバラ亜綱フトモモ目ジンチョウゲ科ジンチョウゲ属イワフジ(フジモドキ・サツマフジ)Daphne genkwa であるが(「岩藤」であるが、マメ目マメ科マメ亜科フジ連フジ属フジ Wisteria floribunda とは全く縁がない)、廣野郁夫氏のサイト「本のメモ帳」の「樹の散歩道」内の「夏坊主、沈丁花の仲間たちの毒性と薬効」に、本種について、平凡社「世界有用植物事典」から、『この花にはゲンカニン genkwanin アピゲニン apugenin を含有し、むくみを取り去り、痰をきる作用があり、中国では薬用とされる.しかし、有毒なので虚弱体質の人や妊婦は服用してはならない』と引用された上で、『有毒部位がわかりにくいが、中国の図鑑では全株を思わせる』とあるので、有毒植物であることが判明した。但し、「芫花〔(いはふじ)〕、毒有る故なり」、即ち、スパニッシュフライの毒性が摂餌植物由来であるかどうかまでは私には分らない。]

 

 

Katujyouteityou

かつしやうていちやう

くすのはむし    【久須乃波虫】

葛上亭長

 

本綱五六月在葛葉上黒身赤頭如亭長之着玄衣赤帽

故名也其腹中有卵白如米粒有毒乃是七月爲斑猫者

[やぶちゃん字注:「帽」は底本では(つくり)が「冒」ではなく「責」であるが、東洋文庫版現代語訳に従って改めた。]

 

 

かつじやうていちやう

くずのはむし    【久須乃波虫〔(くずのはむし)〕。】

葛上亭長

 

「本綱」、五・六月。葛の葉の上に在り。黒身・赤頭にして亭長の玄衣・赤帽を着たるがごとし。故に名づくるなり。其の腹の中に、卵、有り。白きこと、米粒のごとし。毒、有り。乃ち、是れ、七月に斑猫と爲る者なり。

 

[やぶちゃん注:これは、現在の中文サイト「医学百科」の「葛上亭長」を見ると、ツチハンミョウ科ツチハンミョウ亜科マメハンミョウ族マメハンミョウ属Epicauta の「中華芫菁」Epicauta chinensis(華北に棲息する知られたダイズの有害虫)及び「黑芫菁」Epicauta megalocephala(内蒙古に棲息するホウンレンソウ・テンサイ・ダイズ・ジャガイモ等の食害虫)とし、孰れも全虫体にカンタリジンを含むという記載がある。

・「黒身・赤頭にして亭長の玄衣・赤帽を着たるがごとし。故に、名づくるなり」既に述べた通り、「亭長」は中国で秦・漢代の宿駅の役場の長を指し、治安・警察・旅客管理や民事処理の任にあたった下級役人で、その着る服の色の組み合わせ(黒い衣服に赤い帽子)と本種の頭部と体部の色が似ていることに由来するの謂いである。]

 

 

Jitan

にはつゝ  蚖青 青蠵

地膽   杜龍

      【和名仁波豆豆】

デイタン

 

本綱地膽乃斑猫冬月入蟄者也形如大馬蟻有翼其色

如膽黒頭赤尾在地中或牆石内其毒及藥功與斑猫近

按有毒之藥不可輕用也而和劑局方耆婆萬病圓中

 有莞青石蜥蜴蜈蚣以毒攻毒能平治堅結難病矣遠

 則如砒霜輕粉近則大黃牽牛子之類亦皆然矣蓋鋸

 釿猶瀉藥鉋鐁猶補藥其所用各有定格而以能用之

 者爲良匠

[やぶちゃん字注:「鐁」は底本では中央部が「貝」であるが、本字と同義と採って代えた。]

 

 

にはつゝ  蚖青〔(げんせい)〕 青蠵〔(せいけい)〕

地膽   杜龍〔(とりやう)〕

      【和名、仁波豆豆〔(にはつつ)〕。】

デイタン

 

「本綱」、地膽は、乃ち、斑猫の、冬の月、入蟄〔(にふちつ)〕する者なり。形ち、大きなる馬蟻〔(うまあり)〕のごとく、翼、有り。其の色、膽のごとく、黒頭・赤尾、地中或いは牆石〔(しやうせき)〕の内に在り。其の毒及び藥功、斑猫と近し。

按ずるに、有毒の藥、輕く用ふるべからず。而れども、「和劑局方」〔の〕「耆婆萬病圓〔(ぎばまんびやうゑん)〕」の中〔には〕、莞青・石蜥蜴〔(いしとかげ)〕・蜈蚣〔(むかで)〕有り。毒を以て毒を攻め、能く堅結〔(けんけつ)〕の難病を平治す。遠くは則ち、砒霜〔(ひさう)〕・輕粉〔(けいふん)〕のごとき、近きは則ち、大黃〔(だいわう)〕・牽牛子〔(けんごし)〕の類、亦た、皆、然り。蓋し鋸(のこぎり)・釿(てをの)は、猶〔(な)〕を、瀉藥〔(しややく)〕のごとく、鉋(かんな)・鐁(やりがんな)は、猶を、補藥のごとし。其の用ふる所、各々、定格有りて、能く之れを用ふる者を以て良〔(き)〕匠〔(たくみ)〕と爲す。

 

[やぶちゃん注:既に同定候補として詳述した一種、鞘翅(コウチュウ)目Cucujiformia 下目ゴミムシダマシ上科ツチハンミョウ科 Meloidae に属するツチハンミョウ(土斑猫)類としておく。

・「にはつゝ」幾ら、捜してもネット上では「地胆」に「にわつつ」を当てているだけで、他の漢字表記に出逢えない。――「庭(家屋の周囲の平地)」(には)に「筒」(つつ)状の穴を掘って土籠りしている胆のように青ギラついた奴――の謂いだろうか? お手上げ! 識者の御教授を乞う!

・「馬蟻〔(うまあり)〕」これは、中国南部の広西省・雲南省に分布する膜翅(ハチ)目ハチ亜目有剣下目スズメバチ上科アリ科ヤマアリ亜科トゲアリ属クロトゲアリ Polyrhachis vicina 辺りを指すのではないかと思われる。何故なら本種は「黒螞蟻」といった名称で漢方生薬や薬膳材料・健康食品原料に利用されており、現在の中国では養殖さえされているかなり有名な蟻だからである。

・「牆石〔(しやうせき)〕」垣根として石を積み上げたもの。

の内に在り。其の毒及び藥功、斑猫と近し。

・「和劑局方」は元は、北宋時代の大観年間(一一〇七年~一一一〇年)に国家機関の関与のもとに発行された医薬品の処方集の名称(その後の増補版である一一五一年発行の「太平恵民和剤局方」を指す場合もあり、東洋文庫版現代語訳の署名注はそれを掲げる)。ウィキの「和剤局方」によれば初版は全五巻で、二百九十七に及ぶ『方を収めた医薬品の処方集であり、当時の国定薬局方でもある。その後増補が繰り返され』、紹興年間の一一五一年に改名して「太平恵民和剤局方」全十巻七百八十八処方『として発行されているが、日本において和剤局方という場合』、後者の「太平恵民和剤局方」を『指す場合がある。これは』、享保一七(一七三二)年当時の「和剤局方」であった「太平恵民和剤局方」を基にして、『江戸幕府が今大路親顕らに校刻させたものを官本として刊行したためである』とある(良安の「和漢三才図会」は正徳二(一七一二)年頃であるが、これはやはりその後の増補改訂版「太平恵民和剤局方」の可能性が大きいであろう)。『北宋の大観年間』(一一〇七年~一一一〇年)に『政府が裴宋元や陳師文らに命じて、首都の開封にある官営の薬局用の製剤規範として初版の『和剤局方』を編纂させたとされている』。『なお、初版成立の年代としては、崇寧年間』(一一〇二年~一一〇六年)『とする説もある』。『その後、何度も改訂が重ねられるたびに処方も増補され逐次内容が豊富になっていった』。『首都開封の太医院には、薬局の機能として、処方を製剤する「修合薬所」と販売する「売薬所」が設けられていた。「修合薬所」は、初版の『和剤局方』が発行される前の』崇寧二(一一〇三)年には『「和剤局」と改称されていた。更に紹興年間には、「売薬所」が「太平恵民局」と改称された』。この紹興年間に「和剤局方」も改名され、「太平恵民和剤局方」として発行されたのであった。「太平恵民和剤局方」は『処方ごとの主治とする症と原料生薬の調整法や配合分量を含む薬物調整法について詳しく説明されており、方剤の統一を目的としている』。その後も増補がなされたとある。

・「耆婆萬病圓〔(ぎばまんびやうゑん)〕」東洋文庫版現代語訳の注には、『耆婆は南朝宋の医者の名。彼の創った内科処方の薬法か』とある。ネット情報では「烏犀圓」(うさいえん)・「紫雪」(しせつ)とともに江戸時代の三大秘薬の一つとされるものらしい。

・「石蜥蜴〔(いしとかげ)〕」実際には有鱗目トカゲ亜目 SauriaLacertilia 類のトカゲ類には有毒の種は極めて少なく、中国産にもいないように思われる。良安のこの読み方には爬虫類の有毒の蛇類か或いは有毒のイモリの類いなどを「蜥蜴」と誤認している(或いは原著の記載の不全性に基づく誤解とも考え得る)可能性があるように思われる。

・「蜈蚣〔(むかで)〕」節足動物門多足亜門ムカデ上綱唇脚(ムカデ)綱 Chilopoda の百足類。

・「堅結〔(けんけつ)〕」漢方で内臓に発生する腫瘤一般を指す語のようである。癌なども含まれるか。

・「砒霜〔(ひさう)〕」毒性が強いことで知られる砒素鉱物に付随して存在する三酸化二砒素(As2O3 :英名 Arsenic trioxide)の酸化物。「方砒素華」(「砒霜」「砒華」とも呼ぶ)として少量産出する。方砒素華は「鶏冠石」や硫砒鉄鉱に付随して産することが多い。ウィキの「ヒ素」によれば、『無味無臭。常温常圧では粉末状の白色固体。毒性が強く、かつて害虫やネズミの駆除などに使われた。水溶液は虫歯や白血病治療薬にも用いられる。両性酸化物である(酸とも塩基とも反応する)が、水に溶かすと水和して亜ヒ酸(As(OH)3)となり、弱酸性を示す。また、単に三酸化二ヒ素のことを亜ヒ酸と呼ぶこともある』。『中毒症状として、最初に嘔吐、次に下痢、血圧低下、頭痛などがみられる。多量に摂取した場合、急性腎不全で死に至ることもある』。『亜ヒ酸は毒性が強い一方で、古くから悪性腫瘍や皮膚病の治療薬として漢方薬として使われてきた。また、有機ヒ素化合物であるサルバルサンは梅毒の治療に用いられた(現在は使用されていない)。これは亜ヒ酸のもつ細胞毒性を利用したものであると考えられる。ヨーロッパでもヒポクラテスが皮膚病に使用したという記録があり、近現代においても抗がん剤などのレジメンが進歩するまでは白血病の唯一の治療薬であった』。『最近では、レチノイン酸抵抗性の急性前骨髄球性白血病の治療薬として亜砒酸製剤が』、二〇〇四年十月に『厚生労働省に承認され』ている。

・「輕粉〔(けいふん)〕」十世紀頃(宋代)の中国で梅毒の治療薬としての医薬用や、白粉(おしろい)の原料に用いた、塩化第一水銀(別名:甘汞(かんこう))を主成分とした白色粉末。水に溶けにくく、毒性は弱いとされた。

・「大黃〔(だいわう)〕」 双子葉植物綱タデ目タデ科ダイオウ属 Rheum の植物を総称して大黄(だいおう)という。薬用植物で漢方薬では本属の一部植物の根茎を基原とした生薬を大黄という。消炎・止血・緩下作用があり、漢方ではそれを利用した大黄甘草湯に配合されるだけでなく、活血化瘀作用(停滞した血液の流れを改善する作用と解釈される)を期待して桃核承気湯などに配合されている。日本薬局方では基原植物をショウヨウダイオウ Rheum palmatum・タングートダイオウ Rheum tanguticum・ダイオウ Rheum officanale・チョウセンダイオウ Rheum coreanum 又はそれらの種間雑種とする。指標成分は瀉下作用の活性成分であるセンノサイドであり、日本薬局方には最低含有量が規定されているが、活血化の作用を期待して大黄を使用する場合には瀉下作用は副作用となってしまうため、その含量規定は低く抑えられている(ここまでは主にウィキの「ダイオウ属」及び製薬会社福田龍株式会社の「ダイオウ(大黄)」(PDFファイル)の記載に拠った)。現在の消化器内科に於いても、コレラ性の下痢に対する大黄由来物質による抑制効果があることを述べた記事がネット上で見つかる。

・「牽牛子〔(けんごし)〕」漢方薬に用いる生薬の一つで、普通の朝顔(ナス目ヒルガオ科ヒルガオ亜科 Ipomoeeae 連サツマイモ属アサガオ Ipomoea nil)の種子を乾燥させて粉末にしたもの。強い下剤作用があり、利尿剤としても用いられるが、下剤効果が非常に強いので使用には注意を要する。同も牽牛星とは関係ないらしく、ウィキの「アサガオには中国の古医書「名医別録」によると、牛を牽いて行って、『交換の謝礼したことが名前の由来とされている』とある。『種子は煮ても焼いても炒っても効能があるものの』、『毒性が強く、素人判断による服用は薦められない』とやはり注意書きがある。

・「釿(てをの)」手斧。前の「鋸」とともに、仕儀の中で、最初に一気に大振りにざっくりと用いる大工道具。

・「瀉藥〔(しややく)〕」(強い)下剤。

・「鐁(やりがんな)」日本で古代から中世に主に使用された建築部材等の表面を仕上げるのに用いられたヤリ状になった尖った槍鉋(やりがんな)。近世以降に主流となった台鉋(だいかんな:前に出る「鉋」)とともに、建築部材等の最終場面の仕儀で仕上げに用いた繊細な作業を施し、細部を補正する大工道具。

・「補藥」主処方薬の効果を補う補助薬。

・「定格」厳密に定まった処方法。

・「良〔(き)〕匠〔(たくみ)〕」良医の比喩。前で処方を大工作業の工程で使用する道具に譬えたことに拠る。]

« 原民喜「淡章」(恣意的正字化版)  山 / 「淡章」~了 | トップページ | 僕は »