フォト

カテゴリー

サイト増設コンテンツ及びブログ掲載の特異点テクスト等一覧(2008年1月以降)

The Picture of Dorian Gray

  • Sans Souci
    畢竟惨めなる自身の肖像

Alice's Adventures in Wonderland

  • ふぅむ♡
    僕の三女アリスのアルバム

忘れ得ぬ人々:写真版

  • 縄文の母子像 後影
    ブログ・カテゴリの「忘れ得ぬ人々」の写真版

Exlibris Puer Eternus

  • 吾輩ハ僕ノ頗ル氣ニ入ツタ教ヘ子ノ猫デアル
    僕が立ち止まって振り向いた君のArt

SCULPTING IN TIME

  • 熊野波速玉大社牛王符
    写真帖とコレクションから

Pierre Bonnard Histoires Naturelles

  • 樹々の一家   Une famille d'arbres
    Jules Renard “Histoires Naturelles”の全挿絵

僕の視線の中のCaspar David Friedrich

  • 海辺の月の出(部分)
    1996年ドイツにて撮影

シリエトク日記写真版

  • 地の涯の岬
    2010年8月1日~5日の知床旅情(2010年8月8日~16日のブログ「シリエトク日記」他全18篇を参照されたい)

氷國絶佳瀧篇

  • Gullfoss
    2008年8月9日~18日のアイスランド瀧紀行(2008年8月19日~21日のブログ「氷國絶佳」全11篇を参照されたい)

Air de Tasmania

  • タスマニアの幸せなコバヤシチヨジ
    2007年12月23~30日 タスマニアにて (2008年1月1日及び2日のブログ「タスマニア紀行」全8篇を参照されたい)

僕の見た三丁目の夕日

  • blog-2007-7-29
    遠き日の僕の絵日記から
無料ブログはココログ

« 原民喜「淡章」(恣意的正字化版)  秋雨 | トップページ | 和漢三才圖會卷第五十二 蟲部 斑猫 »

2016/04/18

原民喜「淡章」(恣意的正字化版)  數

  數

 

 雄二は姉から數を數へることを教はつた。十まではもう知つてゐたが、十本の指のほかに數はいくらでも増えて行くのだ。百まで云へるやうになると、もうその邊でいいだらうと姉は云つた。百からまた百一、百二と續いて行くので雄二は眼を瞠つた。臺所から玄關の方をぐるぐる歩きながら、一つ二つと數へて行くと、數はうまく出て來た。雄二は何處か遠い遠い路を歩いて行くやうな氣持がした。柱や壁に觸つて、行つたり來たりしてゐるうちに數は段々增えて行き、何だかもう長い長い間、雄二は生きてゐるやうに思へた。臺所の細い廊下のところで百が來た。雄二は少し倦きて、足を投出し壁に依凭つた。何氣なく天井の方を見上げると、そこの天井板はどう云ふ譯か一枚はずれてゐるのだ。眞暗な深淵がそこから覗いた。數はみんなあの穴の中に吸込まれて行くらしい。雄二は怕いやうな遙かな氣持で暫くぼんやりしてゐた。

 

[やぶちゃん注:「依凭つた」は「よりかかつた(よりかかった)」と訓じておく。「怕い」は「こはい(こわい)」(怖い)である。]

« 原民喜「淡章」(恣意的正字化版)  秋雨 | トップページ | 和漢三才圖會卷第五十二 蟲部 斑猫 »