フォト

カテゴリー

サイト増設コンテンツ及びブログ掲載の特異点テクスト等一覧(2008年1月以降)

The Picture of Dorian Gray

  • Sans Souci
    畢竟惨めなる自身の肖像

Alice's Adventures in Wonderland

  • ふぅむ♡
    僕の三女アリスのアルバム

忘れ得ぬ人々:写真版

  • 縄文の母子像 後影
    ブログ・カテゴリの「忘れ得ぬ人々」の写真版

Exlibris Puer Eternus

  • 吾輩ハ僕ノ頗ル氣ニ入ツタ教ヘ子ノ猫デアル
    僕が立ち止まって振り向いた君のArt

SCULPTING IN TIME

  • 熊野波速玉大社牛王符
    写真帖とコレクションから

Pierre Bonnard Histoires Naturelles

  • 樹々の一家   Une famille d'arbres
    Jules Renard “Histoires Naturelles”の全挿絵 岸田国士訳本文は以下 http://yab.o.oo7.jp/haku.html

僕の視線の中のCaspar David Friedrich

  • 海辺の月の出(部分)
    1996年ドイツにて撮影

シリエトク日記写真版

  • 地の涯の岬
    2010年8月1日~5日の知床旅情(2010年8月8日~16日のブログ「シリエトク日記」他全18篇を参照されたい)

氷國絶佳瀧篇

  • Gullfoss
    2008年8月9日~18日のアイスランド瀧紀行(2008年8月19日~21日のブログ「氷國絶佳」全11篇を参照されたい)

Air de Tasmania

  • タスマニアの幸せなコバヤシチヨジ
    2007年12月23~30日 タスマニアにて (2008年1月1日及び2日のブログ「タスマニア紀行」全8篇を参照されたい)

僕の見た三丁目の夕日

  • blog-2007-7-29
    遠き日の僕の絵日記から
無料ブログはココログ

« 原民喜・昭和二五(一九五十)年十二月二十三日附・長光太宛書簡(含・後の「家なき子のクリスマス」及び「碑銘」の詩稿) | トップページ | 和漢三才圖會卷第五十二 蟲部 絡新婦 »

2016/04/22

和漢三才圖會卷第五十二 蟲部 蜘蛛

Kumo

くも     
2 次

蜘蛛【音誅】4蝓  5蟱

       蟠蜍

       【和名久毛】

ツウチユイ

[やぶちゃん字注:「1」=(上)「知」+(下)「黽」。「2」=(上)「朱」+(下)「黽」。「3」=「蠹」から下の「橐」から「石」と「木」を除去して「石」位置に「口」、「木」の位置に「虫」。「4」=「虫」+「屬」。「5」=「虫」+「出」。]

 

本綱此蟲設一靣之網物觸而後誅之知乎誅義者故曰

蜘蛛布其網絲右繞其類甚多大小顏色不一囓人甚毒

惟深灰色身小尻大腹内有蒼黃膿而人家簷角籬頭空

中作圓網者去頭尾用藥蜘蛛遺尿着人令人生瘡蜘蛛

能制蜈蚣以溺射之節節斷爛又能制蛇

有人喜忘者七月七日取蜘蛛網置衣領中有効【勿令病人知】

又以蜘蛛網纏疣贅七日消落有驗

按蜘蛛二手六脚尻圓大而出絲其絲能黏着人物而

 夏秋布網於空處經緯區區實如用規矩者毎居正中

 或竄檐間有諸蟲罣之者則走出捕之若可敵于己者

 則遠以絲繞其周匝使蟲不能動揺竟推丸之捕入檐

 間恣食之知誅之名義相合焉如塵芥罣之則以手悉

 振拔之天將風則預知之呑絲収網

 

 

くも       2〔(ちちゆ)〕 次3〔(じしゆう)〕

蜘蛛【音、誅。】4蝓〔(しよくゆ)〕 5蟱〔(せつぼう)〕

         蟠蜍〔(ばんしよ)〕

         【和名、久毛。】

ツウチユイ

[やぶちゃん字注:「1」=(上)「知」+(下)「黽」。「2」=(上)「朱」+(下)「黽」。「3」=「蠹」から下の「橐」から「石」と「木」を除去して「石」位置に「口」、「木」の位置に「虫」。「4」=「虫」+「屬」。「5」=「虫」+「出」。]

 

「本綱」、此の蟲、一靣の網を設け、物、觸〔れて〕後、之れを誅し、「誅」の義を知る者なり。故に蜘蛛と曰ふ。其の網を布(し)くこと、絲、右に繞(まと)ふ。其の類、甚だ多し。大・小、顏色、一ならず。人を囓む。甚だ毒あり。惟だ、深灰色、身、小さく、尻、大にして、腹の内、蒼黃なる膿(うみ)有りて、人家の簷(のき)の角(すみ)・籬(まがき)の頭(ほとり)〔の〕空中に圓き網を作る者、頭尾を去りて藥に用ふ。蜘蛛の遺尿、人に着けば、人をして瘡を生ぜしむ。蜘蛛、能く蜈蚣(むかで)を制す。溺(すばり)を以て之れを射すれば、節節、斷(き)れ爛(ただ)る。又、能く蛇を制す。

人の喜(この)んで忘るる者、有り。七月七日、蜘蛛の網を取て衣領の中に置く。効、有り【病人をして知らしむる勿れ。】。

又、蜘蛛の網を以て疣(いぼ)・贅(こぶ)を纏(まと)へば、七日にして消え落つ。驗〔(げん)〕、有り。

按ずるに、蜘蛛は二手・六脚、尻、圓く大にして絲を出だす。其の絲、能く、人・物に黏(ねば)り着(つ)く。夏・秋、網を空處〔(くうしよ)〕に布(し)く。經(たて)・緯(ぬき)、區區(まちまち)、實に規矩(すみがね)を用ひる者のごとし。毎〔(つね)〕に正中(まん〔なか〕)に居て、或いは檐〔(のき)〕の間に竄(かく)れて、諸蟲、之れに罣(かゝ)る者、有れば、則ち、走り出でて之れを捕ふ。若〔(も)〕し、己〔(おのれ)〕に敵すべき者には、則ち、遠く、絲を以て其の周匝(めぐり)を繞(まと)ひ、蟲をして動揺すること能はざらしめ、竟に之れを推丸〔(おしまる)〕め、檐の間に捕へ入れて、恣(ほしいまゝ)に之れを食ふ。「知誅」の名義、相ひ合ふ。如〔(も)〕し、塵芥之れに罣〔(かゝ)〕れば、則ち、手を以て、悉く之れを振り拔く。天、將に風〔(かぜふ)〕かんとすれば、則ち、預(あらかじ)め、之れを知りて、絲を呑んで、網を収む。

 

[やぶちゃん注:節足動物門鋏角亜門クモ上綱蛛形(クモ)綱クモ亜綱クモ目 Araneae はハラフシグモ亜目 Mesothelae・クモ亜目 Opisthothelae の二亜目に分類される。私は実は蜘蛛類に対しては生理的嫌悪性が殆んどない。恐らくは小学校の低学年時に古本屋で母に買って貰った古いけれど、かなり分厚い青少年向けの蜘蛛の科学書を擦り切れるほど読んだからだろうと思う。教員時代に好んで扱った阿部公房の「蛇の話」ではないが、日常を細かに知り得ると(知的に理解すると。しかもそれが幼少期であればあるほど、である)、その対象は遮断された異界の恐るべき化け物ではなくなるというのは、全面的に正しい見解である。阿部公房は残念なことに好きな作家ではないのであるが。

 

・「2〔(ちちゆ)〕」(「1」=(上)「知」+(下)「黽」。「2」=(上)「朱」+(下)「黽」)以下、異名の読みは最早、お手上げなので、東洋文庫版現代語訳のルビを参考にしながら推定して、歴史的仮名遣で附してある。

・「一靣」一面。

・『「誅」の義を知る者なり』「誅」は「廣漢和辭典」によれば、形声で「朱」は「殳」に通じて「討(う)つ」の意であり、「言」葉を以って責め立てる、の意と解字する。意味は、討つ。武力で罪ある者を討つ。滅ぼす。罪を家族に及ぼして皆殺しにする。殺す。除く。伐り払う。治める。責める。罰する、或いは罪(つみ)・罰。敗れる、とある。この場合、「義」とする以上、或いはの意味である。多分に中国特有の載道史観的な解釈であるように私には思われる。

・「其の網を布(し)くこと、絲、右に繞(まと)ふ。其の類、甚だ多し」とあるが、これは観察を最後までちゃんとしていない杜撰な謂いである。新海明氏のクモの「円網の張り方」という素晴らしいページをご覧あれ。そこに『観察会などでよく聞かれる質問のひとつに、「ヨコ糸を張るときは右回りか左回りか」というのがあります。答えはどちらでもなく、右に回転していたクモはあるところまで来ると、今度は左回りに逆回転してヨ糸を張っていきます。種類によって異なるでしょうが、ヨコ糸を張り終えるまでに』一~二回は『回転の向きを変化するものが普通のようです』とある。

・「人を囓む。甚だ毒あり」ウィキの「クモ」の「毒性」によれば、『ほとんどのクモは虫を殺す程度の毒を持っているが、人間に影響を持つほどのものは世界でも数種に限られる。人間を殺すほどの毒を持つクモは、人間に影響を持つ種の中でもさらに限られる。また在来種のほとんどのクモは、人の皮膚を貫くほど大きな毒牙自体を持っていない。なお、ウズグモ科』(クモ綱クモ目ウズグモ科 Uloboridae)『は毒腺そのものを失っている』。『毒グモとして有名なのは、日本に侵入してニュースとなったセアカゴケグモ』(クモ目ヒメグモ科ゴケグモ属セアカゴケグモ Latrodectus hasseltii)や『ハイイロゴケグモ』(ゴケグモ属ハイイロゴケグモ Latrodectus geometricus)『をはじめとするゴケグモ類』(ゴケグモ属 Latrodectus)『である。それ以外にも世界でいくつかが危険視される。在来種でそれほど危険視されるクモは存在しないが、コマチグモ科』(Eutichuridae)『の大型種(カバキコマチグモ』コマチグモ科コマチグモ属カバキコマチグモ(樺黄小町蜘蛛)Chiracanthium japonicum)『など)は毒性が強く、噛まれるとかなり痛み、人によってはしばらく腫れ上がる。逆に毒グモとしてのイメージが強いオオツチグモ科』(Theraphosidae)『の別称であるタランチュラ』(

   *

 tarantula:ヨーロッパの伝説に登場する毒蜘蛛。ウィキの「タランチュラ」によれば、『語源はイタリアの港町、タラントであるとされる。その地方には毒グモの伝説があり、それに噛まれるとタランティズムという病を発症するといわれた。タランティズムの患者は死なないためには、タランテラという踊りを踊ればいいという伝承があり、この伝承に触発されて多くの音楽が作られ』、南イタリアでは十六世紀と十七世紀に『タランティズムがしばしば報告された』。『伝説のクモは、この地方に産する大型のコモリグモの』一種であるコモリグモ科コモリグモ属タランチュラコモリグモ Lycosa tarantula『あるとされた。タランチュラコモリグモは、雌が体長』約二センチ七ミリ、雄が体長約一センチ九ミリと『コモリグモの中では大型であるが、実際には毒は恐ろしいものではない。同じ地域には人間にも危険な猛毒の』ヒメグモ科 Latrodectus 属ジュウサンボシゴケグモ Latrodectus tredecimguttatus『が生息しており、全長が』約一センチメートルの『ジュウサンボシゴケグモよりも、より大きなタランチュラコモリグモの方が目に付きやすいため、誤解が広まったようである。ジャン・アンリ・ファーブルは』タランチュラコモリグモの方の近縁であるナルボンヌコモリグモLycosa narbonensis の『毒の強さを調べるためにひよこを噛ませたところ、死んでしまったと記録しているが、直接に毒で死んだと言うより、足が動かなくなり、餌が食べられなくなったのが原因だろうと言われている。かつてはコモリグモ科はこの伝説のためにドクグモ科と呼ばれていたが、クモの中でも特に毒性が強いわけではなく、母グモは子グモを腹部の上にのせて守る習性があるため、コモリグモ科と名前が変わった経過がある』。『タランチュラの伝承を知るヨーロッパ人が新大陸に渡ってから、恐ろしい姿の大きなクモを見るとタランチュラと呼んだ。当初はアシダカグモ類』(アシダカグモ科 Sparassidae)『もその名で呼ばれることがあったようだが、次第にオオツチグモ科』(オオツチグモ科 Theraphosidae)『のクモなどをタランチュラと呼ぶようになった』とある)

   *

『は、強い毒を持つものは稀である。しかしながら全ての毒グモの毒にはアナフィラキシーショックを起こす可能性があり、注意が必要である』。『毒性の有無・程度にかかわらず、人間など自身より遥かに大きなサイズの動物に対しては、ほとんどのクモは攻撃的でなく、近寄れば必死に逃げようとする。能動的に咬害を与えることも基本的にないが、不用意に素手で掴むなどすると、防衛のために噛みつかれる恐れがある』。『捕食時に獲物へ注入する消化液には強い殺菌能力があり、また自身の体もこの消化液で手入れを行っている。このためクモ自体や、獲物の食べ殻が病原体を媒介する可能性は低い』。『クモの糸が目にはいると炎症を起こすことがある。汚染によるものではなく、毒成分が関与しているともといわれる』。最後の部分であるが。私の経験では高校の頃に山野を跋渉した際、多量の蜘蛛の糸がコールテンのズボンに附着したところ、その附着部分の表面が美事に溶けたようになったことがあったのを思い出す。但し、これは今思えば、その毒成分によるものではなく、非常に強靭な糸の張力(私がかつて読んだ記事では、そのまま巨大化させればジャンボ・ジェット機でさえ突き破れないとされ、ペンタゴンは現在も蜘蛛の糸を応用した最強の防弾チョッキを開発中のはずである)による摩擦で焼き切れたのだと思っている。

・「深灰色、身、小さく、尻、大にして、腹の内、蒼黃なる膿(うみ)有りて、人家の簷(のき)の角(すみ)・籬(まがき)の頭(ほとり)〔の〕空中に圓き網を作る者」深い灰色を呈し、身は小さくて尻は大きく、腹の内部に蒼みがかった黄色い膿状の臓物を持っている種で、人家の檐(ひさし)の角及び垣根の上の方の空中に円い網を作る種である。あんまり小さくては生薬にならないから、コガネグモ科オニグモ属オニグモ Araneus ventricosus 辺りか? ウィキの「オニグによれば、『背甲は黒褐色から赤褐色、歩脚は黒褐色でより暗い色の輪紋があ』体長はで三~二センチメートル、で二~一・五センチメートルほど、『人家周辺に見られ、神社や寺院など建物周辺に多く見られる』、『ごく普通な種であり』、研究者は『「もっとも普通のオニグモ」』『(建物の)「外壁の空間や外壁と植え込みの間に」大きな垂直円網があれば、多分本種である』と記す。また、『大きな垂直の正常円網を張』り、『その大きさは横糸の張ってある範囲で』、径一メートルを『越えることもある。幼生は比較的低いところに網を張り、成長するに連れて次第に高いところへ張るとも言われる』とある。しかし私は門外漢、それにこれは「本草綱目」でロケーションは中国、さても、蜘蛛好きの方の同定を乞うものではある。

・「藥に用ふ」「本草綱目」には後に出る百足や毒蛇に咬まれた際の処方に用いる他に、附方がぞろぞろ載るが、良安は全然、採用していない。これは当時にあっても正式な漢方生薬としては蜘蛛類はメジャーでなかった証左と思われる。

・「遺尿」排泄した尿。

・「瘡」かさ。ここは、広く皮膚のできもの・腫れものを指す。

・「能く蜈蚣(むかで)を制す。溺(すばり)を以て之れを射すれば、節節、斷(き)れ爛(ただ)る」蜘蛛がその「すばり」、即ち、尿をムカデに射かけると、ムカデはその節毎に、急速に爛れて断ち切れてばらばらになってしまう、というのである。無論、こんな現象は起こらない。次に続いて「能く蛇を制す」とあるように、「毒を以て毒を制す」というより、私に言わせればフレーザーの言うところの類感呪術の典型的発想法である。

・「人の喜(この)んで忘るる者」健忘症のかなり重度の者。

・「七月七日」牽牛織女の特に蜘蛛を直ちに連想させるところの織姫伝説と、何か根源の意味はありそうである。

・「衣領」「領」は和語では「くだり」などと読み、衣類の数詞であるから、衣類一揃い(のその中)の謂い。

・「病人をして知らしむる勿れ」蜘蛛の網を仕込むところ、仕込んであることなどを決してその着衣の主(重度の健忘症患者)に知られてはならない(効果がなくなる)というのである。

・「蜘蛛の網を以て疣(いぼ)・贅(こぶ)を纏(まと)へば、七日にして消え落つ」これは小さな頃に、私も誰彼から聴いた記憶がある。

驗〔(げん)〕、有り。

・「緯(ぬき)」織物の横糸のこと。「ぬきいと」と呼び、これは「貫」と同語源である。

・「區區(まちまち)」ここは糸によって仕分けられた空間、「区」それぞれの謂いであり、現行で用いる形容動詞の「まちまち」(ばらばらでまとまりのないさま)の謂いではなくて、区切られた区画部分それぞれを指す語である。

・「規矩(すみがね)」「墨矩」「墨曲尺」とも書く。古くは「すみかね」とも言った。所謂、直角に曲がった金属製の物差しである曲尺(かねじゃく)を用いて、建築用木材に工作用の目印としての墨付けをする技術或いはその道具を指す。

・「罣(かゝ)る」網に引っ掛かる。

・「己〔(おのれ)〕に敵すべき者」自分と同等か、或いは、強い力や攻撃器官を有する者。

・「周匝(めぐり)」「周匝」の二字に「めぐり」とルビする。「匝」は音は「ソウ」で訓は「めぐる」周囲をぐるりと一回りするの意で、ここは畳語である。

・「繞(まと)ひ」最初は遠くから、徐々に近づきつつ、糸でぐるぐる巻きにしてゆく。

・「恣(ほしいまゝ)に」抵抗不能となっているので、思う存分、ゆっくりじっくりと。

・『「知誅」の名義、相ひ合ふ』これはやはり、前二注した「誅」の討つ。武力で罪ある者を討つ。滅ぼす。罪を家族に及ぼして皆殺しにするの意に、殺す・責めるを附加させたサディスティクなニュアンスが込められているように思われる。

・「手」頭胸部の四対の歩脚及び一対の触肢、さらには口にある鎌状になった鋏角(上顎)をも駆使する。

・「振り拔く」払い散らして落す。

・「天、將に風〔(かぜふ)〕かんとすれば、則ち、預(あらかじ)め、之れを知りて、絲を呑んで、網を収む」一旦、設営した捕捉網を再び体内に吸収収納という習性がクモ類にあるとは私には思われない。逆に生まれた子がある程度まで大きくなって草の先まで登って行き、風を利用してそれに乗り、出生地から有意に離れた場所へと移動したり、網の張り初めに、風に乗せて上手く糸を流すのならば、実際に私も観察したことが幾らもある。]

« 原民喜・昭和二五(一九五十)年十二月二十三日附・長光太宛書簡(含・後の「家なき子のクリスマス」及び「碑銘」の詩稿) | トップページ | 和漢三才圖會卷第五十二 蟲部 絡新婦 »