フォト

カテゴリー

サイト増設コンテンツ及びブログ掲載の特異点テクスト等一覧(2008年1月以降)

The Picture of Dorian Gray

  • Sans Souci
    畢竟惨めなる自身の肖像

Alice's Adventures in Wonderland

  • ふぅむ♡
    僕の三女アリスのアルバム

忘れ得ぬ人々:写真版

  • 縄文の母子像 後影
    ブログ・カテゴリの「忘れ得ぬ人々」の写真版

Exlibris Puer Eternus

  • 吾輩ハ僕ノ頗ル氣ニ入ツタ教ヘ子ノ猫デアル
    僕が立ち止まって振り向いた君のArt

SCULPTING IN TIME

  • 熊野波速玉大社牛王符
    写真帖とコレクションから

Pierre Bonnard Histoires Naturelles

  • 樹々の一家   Une famille d'arbres
    Jules Renard “Histoires Naturelles”の全挿絵 岸田国士訳本文は以下 http://yab.o.oo7.jp/haku.html

僕の視線の中のCaspar David Friedrich

  • 海辺の月の出(部分)
    1996年ドイツにて撮影

シリエトク日記写真版

  • 地の涯の岬
    2010年8月1日~5日の知床旅情(2010年8月8日~16日のブログ「シリエトク日記」他全18篇を参照されたい)

氷國絶佳瀧篇

  • Gullfoss
    2008年8月9日~18日のアイスランド瀧紀行(2008年8月19日~21日のブログ「氷國絶佳」全11篇を参照されたい)

Air de Tasmania

  • タスマニアの幸せなコバヤシチヨジ
    2007年12月23~30日 タスマニアにて (2008年1月1日及び2日のブログ「タスマニア紀行」全8篇を参照されたい)

僕の見た三丁目の夕日

  • blog-2007-7-29
    遠き日の僕の絵日記から
無料ブログはココログ

« 原民喜「雜音帳」(自筆原稿復元版) 皺 | トップページ | 原民喜「雜音帳」(自筆原稿復元版) 掌 »

2016/04/17

和漢三才圖會卷第五十二 蟲部 棗貓

Natumemusi

なつめむし

棗貓

 

本綱棗貓蟲生棗樹上飛蟲也大如棗子青灰色兩角采

得陰乾用之免小兒臍風法

 棗貓兒【三箇研末】 真珠【四十九粒炒槌研】 黃丹 枯礬 蛤粉

 血竭【各五分研勻】

小兒初生以綿裹臍帶離臍五六寸扎定咬斷以鵞翎筒

送藥一二分入臍大孔輕輕揉散以艾炷灸臍頭三壯結

住勿打動候其自落永無臍風之患萬不失一臍硬者用

之軟者無病不必用也

 

 

なつめむし

棗貓

 

「本綱」、「棗貓蟲」、棗の樹の上に生ず。飛蟲なり。大いさ、棗の子(み)のごとく、青灰色、兩の角あり。采〔(と)〕り得て、陰乾にして之れを用ふ。小兒、臍風〔(さつふう)〕を免るの法〔は、〕

 棗貓兒〔(なつめむしのこ)〕【三箇、研末。】 真珠【四十九粒、炒り槌〔(つきくだき)て〕研〔す〕。】 黃丹〔(わうたん)〕 枯礬〔(こはん)〕 蛤粉〔(ごふふん)〕

 血竭〔(けつけつ)〕【各々、五分〔(ふん)〕、研〔ぎ〕勻〔(ととの)ふ〕。】

小兒、初生〔せば〕、綿を以て臍(へそ)の帶(を)を裹(つゝ)み、臍を離るること、五、六寸、扎〔(くく)り〕定め、咬斷(かみき)り、鵞〔(がてふ)の〕翎〔(はね)の〕筒を以て、藥一、二分を送り、臍の大〔きなる〕孔に入れ、輕輕(かるかる)に揉〔み〕散〔らして〕、艾炷〔(もぐさ)〕を以て、臍の頭を灸するなり。三壯、結び住〔(す)ゆ〕。打動すること勿れ。其れ、自づと落つるを候〔(ま)ち〕て、永く、臍風の患ひ、無し。萬に一つも失はず。臍、硬き者〔には〕之れを用ひ、軟なる者は病ひ無ければ、必用とせざるなり。

 

[やぶちゃん注:全く正体不明。中文サイトでも漢方サイトでも見出せない。恐らく、昆虫愛好家の方は食性がナツメ(クロウメモドキ目クロウメモドキ科ナツメ属ナツメ Ziziphus jujuba)に限定されているし、頭部に二本、角状の突起を持つするから、これはきっと容易に判るのではあるまいか? とすれば、これはもしかすると、園芸サイトのナツメの実を食害する「害虫」として最も出る、

ナツメコガという蛾(この場合はその幼虫と思われる)か?

ところが、である。この和名で検索しても科も学名も見当たらないのである。そこで「ナツメ」を和名に含む蛾を保宇嗣氏作成の「List-MJ 日本産蛾類総目録 [version 2]で検索してみると鱗翅目の、

ハマキガ科ヒメハマキガ亜科カギバヒメハマキガ族ナツメカギ Ancylis sativa

メイガ科マダラメイガ亜科マダラメイガ族ナツメマダラメイガ Acrobasis sp.

(後者は『標準図鑑未掲載』とある)のただ二種のみがある。ただ只管に御教授を乞うばかりである。この二つの孰れかか、或いは中国産の和名のない近縁種であろうか?

 因みに、「本草綱目」の総てを掲げておく。良安は、ほぼ丸ごと引いており、自身の見解もつけ加えていないのは、彼もこの飛ぶ虫なる「棗貓」(音なら「サウビヤウ(ソウビョウ」)という生物(挿絵では昆虫で蜂か蛾類のように見える)が何なのか、実はよく判らなかったからではあるまいか? 因みに、後の小野蘭山口述「重訂本草綱目啓蒙」(弘化四(一八四七)年刊)の「卷三十六蟲部」の「蟲之二【卵生類下二十二種】」の「棗貓」も見てみたが、『棗貓  詳ナラズ〔一名〕棗猫児【主治】』とあるだけで、主治の記載すらないという、あまりにお粗末なものであった。

   *

棗貓【「綱目」。】

集解 時珍曰、棗貓、古方無考、近世方廣、丹溪心法附余生棗樹上飛蟲也。大如棗子、靑灰色、兩角。采得、陰乾用之。

氣味 缺。

主治 小兒臍風。時珍曰、按方廣云、小兒初生、以綿裹臍帶、離臍五、六寸扎定、咬斷。以鵝翎筒送藥一、二分、入臍大孔、輕輕揉散。以艾炷灸臍頭三壯。結住勿打動、候其自落、永無臍風之患、萬不失一。臍硬者用之、軟者無病、不必用也。其法、用陰乾棗貓兒(研末)三個・真珠(槌研)四十九粒・炒黃丹・白枯礬・蛤粉・血竭、各五分、研勻、如上法用。臍有三孔、一大二小也。

   *

・「臍風」「白殭蠶」に既出既注。新生児の臍帯の傷からの破傷風菌(細菌(ドメイン)フィルミクテス門クロストリジウム綱クロストリジウム目クロストリジウム科クロストリジウム属クロストリジウム・ テタニ(破傷風菌)Clostridium tetani)感染によって起こる破傷風のことを指す。詳細は「白殭蠶」の私の注を参照のこと。

・「研末」削って磨って粉末にしたもの。

・「真珠【四十九粒、炒り槌〔(つきくだき)て〕研〔す〕。】」尋常な数ではないが、これは装飾用にはならない非常に細かな小粒の変形したそれで、現行の漢方薬でも目が飛び出るほどには高価なものではない。

・「黃丹〔(わうたん)〕」鉛丹・広丹とも言う。黒鉛を精錬して得た橙紅色又は橙黄色を呈した粉末化合物(主成分は四酸化三鉛(Pb3O4))。顔料として知られるが、鉛を多量に含むので当然、毒性があり、一部サイトでは漢方生薬としては近年、用いられていない、とあったが、実際に漢方生薬として販売されているサイトがある。

・「枯礬〔(こはん)〕」「焼き明礬(みょうばん)」、「カリウムミョウバン」のこと。ミョウバンの一種で、カリウムイオン・水和アルミニウムイオン及び硫酸イオンを含む複塩(AlK(SO4)2·12H2O)。ウィキの「カリウムミョウバン」によれば、『硫酸カリウムアルミニウムともいう。硫酸アルミニウムと硫酸カリウム水溶液を当量反応させると生成する複塩の結晶』で、『アルミニウムを水酸化カリウムに溶かして硫酸を加えても生成する』。もとの『十二水和物は水に対して吸熱的に溶解するため溶解度の温度依存性が大きく、再結晶により正八面体型の大結晶が得られる』。摂氏六十四・五度で内部の九個の結晶水を失い、同二百度に達すると無水物となる。この無水物を以って「焼(き)明礬」と呼ぶ。本化合物は『媒染剤、なめし剤として用いられる。また血液凝固性があるので止血剤にも用いられる』とある。

・「蛤粉〔(ごふふん)〕本邦ではこれで「ごふん」と読んでいるが、これは白色顔料である「胡粉」(但し、以下と同素材であるから意味する対象は誤りとは言えない)からの当て読みであって厳密には正しくない。ハマグリやカキ類の貝殻を焼き、それを粉砕して粉末にした生薬。

・「血竭〔(けつけつ)〕」これは少々説明が厄介である。ウィキの「竜血」に拠るのが博物学的でよいか。『竜血(りゅうけつ)とは、古来洋の東西を問わず、貴重品として取り引きされ、薬用やさまざまな用途に用いられてきた、赤みを帯びた固形物質のこと』ではあるが、『実際にはさまざまな名称あり、それらが複数の物質を指すために使われてきている。この事情がやや錯綜しており、項目をいくつかに分割するのも難しい』。『その複数の物質とは、おもに以下の』通り、として四種を示す。

単子葉植物綱ユリ目リュウゼツラン科リュウケツジュ(竜血樹/ドラセナ)属 Dracaena に属する「竜血樹類」(Dracaena cinnabari Dracaena draco など)から採取される樹脂。

東南アジア系の竜血樹Dracaena cochinchinensis  Dracaena cambodiana)などからとれる樹脂のこと。

ボルネオ島・スマトラ島などで採れる単子葉植物綱ヤシ目ヤシ科トウ連 Calameae に属する籐(とう)の一種であるヤシ科ヒメトウ(キリンケツ(麒麟血))属キリンケツヤシ Daemonorops draco の果実を加工したもの。現地名は jernang(ジュルナン)。

鉱物の一種である「辰砂(しんしゃ)」。硫化水銀()(HgS)からなる鉱物で別名を「賢者の石」「赤色硫化水銀」「丹砂」「朱砂」、英名を cinnabar と呼び、本邦では古来、「丹(に)」と呼ばれた物質。

以下、「西洋における竜血」の項を省略し、本注に引くに相応しい、「東洋における竜血」の項を引く。『中国においては「血竭(xuějié; けっけつ)」「麒麟竭(qílínjié; きりんけつ)」などと呼ばれる竜血が古くから知られ、漢方にも用いられてきた』。『これらの中にソコトラ島』(イエメンのソコトラ県に属するインド洋上の島)『産の竜血が含まれていたかどうかは不明だが、「一九七二年に『中国国内で竜血樹が発見されるまでは、血竭の需要は東南アジアとアフリカからの輸入に頼っていたアフリカではリュウゼツラン科』(Agavaceae)の『植物の幹から血竭をとり』、二千年以上の『歴史がある」とする資料がネット上には見られる』。『現在は、Dracaena cochinchinensis(剣葉竜血樹; Cochinchinaはベトナム南部を指す旧称)とDracaena cambodiana(海南竜血樹)の』二種が『おもに利用され、東南アジアや中国南部で血竭が生産されている』。『なお上の資料とやや矛盾するようだが、『本草綱目』には「騏驎竭」として記載があり、さまざまな資料を引いておおむね「松脂のような樹脂の流れてかたまったもの」としていて、これは竜血樹の竜血について解説していると見て間違いがないが、蘇頌(本草図経』・十一世紀成立)『からの引用として「今南蕃諸国及広州皆出之」とする。しかし同書にはまた別資料からの引用として「此物出於西胡」ともある』。『いずれにしても現在の中国で漢方薬、民間薬、その他に利用される麒麟竭は、ドラセナ属とは全く別種の植物・キリンケツヤシDaemonorops dracoの実から精製したものが最も多い。ちなみに、ドラセナ属由来のものとキリンケツヤシ由来のものとを混同しているような様子は全く見られないのだが、とはいえ』、『両者を区別して用いることはあまり行われていないようで』もある、とある。「本草綱目」に『よれば騏驎竭の主治は「心腹卒痛,金瘡血出,破積血,止痛生肉,去五臟邪気」。活血の聖薬であるという。おもな方剤には七厘散(しちりんさん)などがある。また民間薬としては創傷、打撲、皮膚癬などに外用することもある』。『その他、西洋の竜血と同様に塗料や着色の用途にも用いられる。春節や慶時に使う紅紙(hóngzhǐ; ホンチー)の着色にも用いるという』とある(下線やぶちゃん)。以上を勘案するに、時珍の言うそれは、上記の或いは

単子葉植物綱ユリ目リュウゼツラン科リュウケツジュ(竜血樹/ドラセナ)属 Dracaena に属する「竜血樹類」(Dracaena cinnabari Dracaena draco など)から採取される樹脂

或いは

東南アジア系の「竜血樹類」(Dracaena cochinchinensis Dracaena cambodiana)などから採取される樹脂

を指していると考えてよいように私には思われる。ところが、東洋文庫版現代語訳では『スマトラ産の樹脂薬品』と割注するのである。これはの、

ボルネオ島・スマトラ島などで採れる単子葉植物綱ヤシ目ヤシ科トウ連 Calameae に属する籐(とう)の一種であるヤシ科ヒメトウ(キリンケツ(麒麟血))属キリンケツヤシ Daemonorops draco の果実を加工したもの

を指すと考えてよいが、しかし、これは――ウィキの記載が正しいとすれば――『樹脂』ではなくて「果実」が原材料であるから、東洋文庫のそれはおかしいということになる。ともかくも、識者の御教授を俟ち、これくらいにしておこう。

・「各々、五分〔(ふん)〕、研〔ぎ〕勻〔(ととの)ふ〕」「各々」は「黃丹」から「血竭」まで生薬四種。それを「五分〔(ふん)〕」(ここは質量単位で「ぶ」ではなく「ふん」と読むのが正しい。「一分」は明代で〇・三七三グラム相当)、即ち、四種各一・八九五グラムずつを、研り磨って混ぜてその粉末が全体に均質な状態になるように調える、ということである

・「五、六寸」十五センチメートル強から十八センチメートル強。

・「扎〔(くく)り〕定め」「扎」は音「セチ・サツ」で紐や帯状のものなどで「縛る」「括る」「巻く」「束ねる」「結わえる」の謂いであるから、しっかりと強く紐で縛って。

・「咬斷(かみき)り」母体側の部分を嚙み切るということであろう。一見、不潔に思われるが、諸処置に用いて汚染されている器具を用いるよりは、酒などを含んで消毒した口で噛み切った方がよいようにも思われる。

・「鵞〔(がてふ)の〕翎〔(はね)の〕筒」ガチョウ (ハイイロガン Anser anser f.domestica が家禽化されたもの)の風切り羽根の中空構造になっている主軸部分のこと。

・「輕輕(かるかる)に」強くしごくのではなく、ごくごく軽く。

・「艾炷〔(もぐさ)〕」灸に使用されるヨモギ(キク目キク科キク亜科ヨモギ属変種ヨモギ Artemisia indica var. maximowiczii)の葉の裏にある繊毛を精製したもの。「炷」は音「シユ(シュ)」で、ここは灸に用いるための「もぐさ」灯心状のものの一本分を指すと読む。次注参照。

・「三壯」お灸を据える単位のようである(東洋文庫版現代語訳では『三回』と割注する)。単漢字の「壮」には「気力た体力を盛んにする」の意味があるから、そこから生まれたものであろう。

・「結び住〔(す)ゆ〕」灸をしっかりと盛って固定し、据える。

・「打動すること勿れ」新生児に据えるので、乳児が体を動かさぬように十全に注意せよというのである(「打」は動詞の接頭辞で意味を持たないと私は解釈する)。以下に「其れ、自づと落つるを候」(ま)てとあるから、途中で動いた結果、灸が落ちてしまっては処方が完成しないという強い警告なのである。

・「臍風の患ひ無し。萬に一つも失はず。」その新生児が破傷風を発症(次注参照)することは全く、ない。その処方は万全で、万に一つの失敗もない、というのである。

・「臍、硬き者〔には〕之れを用ひ、軟なる者は病ひ無ければ、必用とせざるなり」これを読む限り、時珍は破傷風は臍の緒が硬い場合に潜在している疾患である、と考えていることが判る。無論、そんな識別法はあり得ない。寧ろ、感染は、破傷風菌に汚染された場所での出産、或いは、処置に用いた器具が菌に汚染されていた結果として発症すると考えられるから、これは正しいとは思われない。母体に於ける胎児感染というのは――時珍の臍の緒が硬いか柔らかいかという謂いはそれを暗示しているように私には読めるが――考え難いと思う。]

« 原民喜「雜音帳」(自筆原稿復元版) 皺 | トップページ | 原民喜「雜音帳」(自筆原稿復元版) 掌 »