フォト

カテゴリー

サイト増設コンテンツ及びブログ掲載の特異点テクスト等一覧(2008年1月以降)

The Picture of Dorian Gray

  • Sans Souci
    畢竟惨めなる自身の肖像

Alice's Adventures in Wonderland

  • ふぅむ♡
    僕の三女アリスのアルバム

忘れ得ぬ人々:写真版

  • 縄文の母子像 後影
    ブログ・カテゴリの「忘れ得ぬ人々」の写真版

Exlibris Puer Eternus

  • 吾輩ハ僕ノ頗ル氣ニ入ツタ教ヘ子ノ猫デアル
    僕が立ち止まって振り向いた君のArt

SCULPTING IN TIME

  • 熊野波速玉大社牛王符
    写真帖とコレクションから

Pierre Bonnard Histoires Naturelles

  • 樹々の一家   Une famille d'arbres
    Jules Renard “Histoires Naturelles”の全挿絵

僕の視線の中のCaspar David Friedrich

  • 海辺の月の出(部分)
    1996年ドイツにて撮影

シリエトク日記写真版

  • 地の涯の岬
    2010年8月1日~5日の知床旅情(2010年8月8日~16日のブログ「シリエトク日記」他全18篇を参照されたい)

氷國絶佳瀧篇

  • Gullfoss
    2008年8月9日~18日のアイスランド瀧紀行(2008年8月19日~21日のブログ「氷國絶佳」全11篇を参照されたい)

Air de Tasmania

  • タスマニアの幸せなコバヤシチヨジ
    2007年12月23~30日 タスマニアにて (2008年1月1日及び2日のブログ「タスマニア紀行」全8篇を参照されたい)

僕の見た三丁目の夕日

  • blog-2007-7-29
    遠き日の僕の絵日記から
無料ブログはココログ

« 原民喜「淡章」(恣意的正字化版) 始動 / 岐阜提燈    | トップページ | 原民喜「淡章」(恣意的正字化版)  數 »

2016/04/18

原民喜「淡章」(恣意的正字化版)  秋雨

   秋雨

 

 秋の眞晝の雨が薄暗い小驛の簷に注いでゐた。乘替への電車を待つ人がホームにぼんやりと佇み、雨に濡れた線路に眼を落してゐる。電車はなかなかやつて來ず、周圍にゐる人々はみんな啞のやうな表情で、濕つた鞄や外套を抱へてゐた。こんな時刻に遭遇しては、人はみんな、てんでに己を齡よりも老けて感じるらしい。彼もまた屈托した氣分で、侘しい田舍驛の風景に染まつてゐた。その提げてゐる蝙蝠傘は布が薄いため烈しい雨なら遠慮なく漏つたが、この二三日、傘を漏る雨のために、彼は靴も帽子も眼鏡までもびしよ濡れになつたのである。彼は老いてこの田舍に教師として虛しく埋れてしまふ身の末路をぼんやりと想像してゐた。むしろ、かういふ時刻に於いては、落魄の身がしのばれるのかもしれなかつた。何もかも色彩を失ひ、情緒を忘れ、冷々としたもので鎖されてゐる。

 ふとその時、向のホームに電車が來て留まるのが眺められた。彼の視線は何氣なく、昇降口の扉の方に注がれてゐた。ひどく混んでゐると見えて、そこの扉は人の姿で一杯であつたが、ちらりと若い娘の顏がこちらを覘き出した。娘は今、何が嬉しいのか、微笑を湛へて、頻りにこちらを眺めてゐるのである。無表情の儘、彼は珍しげに相手の動作を視守つた。その娘は彈む氣持をどうにも出來ないらしく、何かにそれを頒ち與へようとしてゐる。とうとう娘は掌のハンケチをもつて、曇つてゐる硝子板を丁寧に愛情の籠る動作で拭ひ出した。それから綺麗になつた硝子のところから、更に滿足げにこちらを眺めるのであつた。暫くすると、娘を乘せた電車は發車のベルとともに動き出した。と、娘はこのことが又新しい幸福の發見かのやうに、嬉々としてこちらに別れの面を向けた。

(神が女を創り、靑春を與へたとは、驚くべきことだ)と彼は茫然と考へてゐた。

 

[やぶちゃん注:「とうとう」はママ。本電子化の冒頭に示した通り、本作が昭和一七(一九四二)年『三田文学』五月号初出であるとすれば、「彼は老いてこの田舍に教師として虛しく埋れてしまふ身の末路をぼんやりと想像してゐた」という叙述と実際の原民喜の経歴との一致が一見、一致しているかのようには見える。当時、彼は妻とともに千葉県登戸(のぶと)町二―一〇七(現在の千葉市中央区登戸)に居住しており、この年の一月からは千葉県立船橋中学校に英語教師として週三回勤務していたからである。しかし、本篇のロケーションが「秋」であり、この発表が五月号であるということは、時系列上の事実とは実は合致するとは言えなくなるのである。悩ましい。]

« 原民喜「淡章」(恣意的正字化版) 始動 / 岐阜提燈    | トップページ | 原民喜「淡章」(恣意的正字化版)  數 »