フォト

カテゴリー

サイト増設コンテンツ及びブログ掲載の特異点テクスト等一覧(2008年1月以降)

The Picture of Dorian Gray

  • Sans Souci
    畢竟惨めなる自身の肖像

Alice's Adventures in Wonderland

  • ふぅむ♡
    僕の三女アリスのアルバム

忘れ得ぬ人々:写真版

  • 縄文の母子像 後影
    ブログ・カテゴリの「忘れ得ぬ人々」の写真版

Exlibris Puer Eternus

  • 吾輩ハ僕ノ頗ル氣ニ入ツタ教ヘ子ノ猫デアル
    僕が立ち止まって振り向いた君のArt

SCULPTING IN TIME

  • 熊野波速玉大社牛王符
    写真帖とコレクションから

Pierre Bonnard Histoires Naturelles

  • 樹々の一家   Une famille d'arbres
    Jules Renard “Histoires Naturelles”の全挿絵

僕の視線の中のCaspar David Friedrich

  • 海辺の月の出(部分)
    1996年ドイツにて撮影

シリエトク日記写真版

  • 地の涯の岬
    2010年8月1日~5日の知床旅情(2010年8月8日~16日のブログ「シリエトク日記」他全18篇を参照されたい)

氷國絶佳瀧篇

  • Gullfoss
    2008年8月9日~18日のアイスランド瀧紀行(2008年8月19日~21日のブログ「氷國絶佳」全11篇を参照されたい)

Air de Tasmania

  • タスマニアの幸せなコバヤシチヨジ
    2007年12月23~30日 タスマニアにて (2008年1月1日及び2日のブログ「タスマニア紀行」全8篇を参照されたい)

僕の見た三丁目の夕日

  • blog-2007-7-29
    遠き日の僕の絵日記から
無料ブログはココログ

« 忘れがたみ 原民喜 (恣意的正字化版) 附やぶちゃん注 「財布」 | トップページ | 忘れがたみ 原民喜 (恣意的正字化版) 附やぶちゃん注 「南瓜」 »

2016/05/01

忘れがたみ 原民喜 (恣意的正字化版) 附やぶちゃん注 「花」

   花

 

「花といふものが人間の生活に必要だといふことをつくづく感じるやうになつた、以前は何だかつまらないものだと思つてゐたが……」

 柩に入れる花を求めて歸る途中、私の友人はふとそんなことを呟いた。

 妻の靈前には花が絶やされなかつたが、四十九日になるとあちこちから澤山の花を貰つた。佛壇は花で埋れさうであつた。雨氣の多い日には障子の開けたてに菊の香が動いた。夜一人で寢てゐると、いろんな花のけはひが闇の中にちらついて、何か睡眠を妨げるやうであつた。花が枯れて行くに隨つて香りも錆びてゆくのであつた。

 新しい花を求めてまた花屋に行つた。近頃花屋にも花は乏しく、それに價段は驚くほど高くなつてゐる。しかし、大輪の黃菊と紅白のカーネーションなど掌に持ち歩いてゐると、年寄の女など嘆聲をあげて珍しがるのであつた。

 

[やぶちゃん注:冒頭の友人の台詞と次の段落は無論、貞恵の葬儀の日である。前の「財布」で特定したように(以後、この前振りは略す)彼女の逝去は昭和一九(一九四四)年九月二十八日である。

「四十九日」同年十一月十五日(水曜)に当たる。]

« 忘れがたみ 原民喜 (恣意的正字化版) 附やぶちゃん注 「財布」 | トップページ | 忘れがたみ 原民喜 (恣意的正字化版) 附やぶちゃん注 「南瓜」 »