フォト

カテゴリー

サイト増設コンテンツ及びブログ掲載の特異点テクスト等一覧(2008年1月以降)

The Picture of Dorian Gray

  • Sans Souci
    畢竟惨めなる自身の肖像

Alice's Adventures in Wonderland

  • ふぅむ♡
    僕の三女アリスのアルバム

忘れ得ぬ人々:写真版

  • 縄文の母子像 後影
    ブログ・カテゴリの「忘れ得ぬ人々」の写真版

Exlibris Puer Eternus

  • 吾輩ハ僕ノ頗ル氣ニ入ツタ教ヘ子ノ猫デアル
    僕が立ち止まって振り向いた君のArt

SCULPTING IN TIME

  • 熊野波速玉大社牛王符
    写真帖とコレクションから

Pierre Bonnard Histoires Naturelles

  • 樹々の一家   Une famille d'arbres
    Jules Renard “Histoires Naturelles”の全挿絵

僕の視線の中のCaspar David Friedrich

  • 海辺の月の出(部分)
    1996年ドイツにて撮影

シリエトク日記写真版

  • 地の涯の岬
    2010年8月1日~5日の知床旅情(2010年8月8日~16日のブログ「シリエトク日記」他全18篇を参照されたい)

氷國絶佳瀧篇

  • Gullfoss
    2008年8月9日~18日のアイスランド瀧紀行(2008年8月19日~21日のブログ「氷國絶佳」全11篇を参照されたい)

Air de Tasmania

  • タスマニアの幸せなコバヤシチヨジ
    2007年12月23~30日 タスマニアにて (2008年1月1日及び2日のブログ「タスマニア紀行」全8篇を参照されたい)

僕の見た三丁目の夕日

  • blog-2007-7-29
    遠き日の僕の絵日記から
無料ブログはココログ

« 忘れがたみ 原民喜 (恣意的正字化版) 附やぶちゃん注 「手帳」 | トップページ | 忘れがたみ 原民喜 (恣意的正字化版) 附やぶちゃん注 「日和下駄」 »

2016/05/01

忘れがたみ 原民喜 (恣意的正字化版) 附やぶちゃん注 「きもの」

   きもの

 

 大學から大先生が來診して下さると決まると、妻は急いで新しい寢卷にとりかへた。鋭い麻の葉模樣の浴衣であつた。それを着たまま三日後には死んで行つた。が、あの浴衣はたしか昨年、大學に入院した最初の日にも着てゐたものであつた。麻の葉模樣の靑地に白く浮出た鋭い線が、瘦せた軀に喰ひ込むやうに絡んでゐて、それはふと私の心をかきむしつたのであつた。妻も悲壯な氣持であつたのに違ひない。

 小豆色のぱつと明るい、鹿子絞の羽織を妻は好んで病院では着てゐた。齡にも似合はない派手なものであつたが、それをかたきのやうに身に着けてゐたのも、今にして思へば、悲壯な心からかもしれない。

 白いフランネルの寢卷。これはむかし新婚の旅先で彼女がトランクからとり出して着、「この寢卷のことをいつかはきつと書いて下さい」と云つてゐたものだ。それほど好きだつた寢卷も病床で着古し、今はすつかりすりきれたやうになつてゐる。

 

[やぶちゃん注:「それを着たまま三日後には死んで行つた」あるから、初行のシーンは、逝去の昭和一九(一九四四)年九月二十八日の三日前、九月二十五日の回想である。

「鹿子絞」「かのこしぼり」と読む。括(くく)り絞り(絞り染めの一種。「括り染め」とも称し、布の一部を糸で括って染色し、括ったところを白く残す染色法)の一種で、絞り染の最高級品とされるもの。布を糸で括って染め上げた後に糸を解(ほど)いた際に仔鹿の背の班点のような模様に染め上げる技法。かつて京近郊で生産されたことから「京鹿子(きょうがのこ)」とも呼ばれ、また、絞り目を、一つ一つ、丹念に指で摘まんで絞ることから「目結(めゆい)」と呼称する。この技法では着物一枚を絞るのに数ヶ月を要するものも多く、所謂、振袖などに用いられる。全体を絞りで埋めたものを「総絞り」、または「総鹿子」と名付けて最高の贅沢品とされる(以上は主に、着物の注でしばしばお世話になっている(私は全く不冥なため)「創美苑」公式サイト内の「きもの用語大全」の鹿子絞りとはに拠った)。グーグル画像検索「鹿子絞をリンクしておく。

「フランネル」(flannel)は両面を起毛した柔らかな平織り(経糸(たていと)と緯糸(よこいと)を交互に浮き沈みさせて織る織り方)、或いは綾織り(経糸が二本又は三本の緯糸の上を通過した後、一本の橫糸の下を通過することを繰り返して織られもの)の紡毛(ぼうもう)織物(羊などの短い毛で作った紡毛糸を用いた織物)。梳毛(そもう:羊毛などの短い毛を梳いて除き、長い毛のみを並べて紡いだもの)や綿を用いたものもある。「フラノ」「ネル」とも呼ぶ。

「この寢卷のことをいつかはきつと書いて下さい」貞恵さん……あなたの夫は本当に日本一の夫でした。……

« 忘れがたみ 原民喜 (恣意的正字化版) 附やぶちゃん注 「手帳」 | トップページ | 忘れがたみ 原民喜 (恣意的正字化版) 附やぶちゃん注 「日和下駄」 »