フォト

カテゴリー

サイト増設コンテンツ及びブログ掲載の特異点テクスト等一覧(2008年1月以降)

The Picture of Dorian Gray

  • Sans Souci
    畢竟惨めなる自身の肖像

Alice's Adventures in Wonderland

  • ふぅむ♡
    僕の三女アリスのアルバム

忘れ得ぬ人々:写真版

  • 縄文の母子像 後影
    ブログ・カテゴリの「忘れ得ぬ人々」の写真版

Exlibris Puer Eternus

  • 吾輩ハ僕ノ頗ル氣ニ入ツタ教ヘ子ノ猫デアル
    僕が立ち止まって振り向いた君のArt

SCULPTING IN TIME

  • 熊野波速玉大社牛王符
    写真帖とコレクションから

Pierre Bonnard Histoires Naturelles

  • 樹々の一家   Une famille d'arbres
    Jules Renard “Histoires Naturelles”の全挿絵

僕の視線の中のCaspar David Friedrich

  • 海辺の月の出(部分)
    1996年ドイツにて撮影

シリエトク日記写真版

  • 地の涯の岬
    2010年8月1日~5日の知床旅情(2010年8月8日~16日のブログ「シリエトク日記」他全18篇を参照されたい)

氷國絶佳瀧篇

  • Gullfoss
    2008年8月9日~18日のアイスランド瀧紀行(2008年8月19日~21日のブログ「氷國絶佳」全11篇を参照されたい)

Air de Tasmania

  • タスマニアの幸せなコバヤシチヨジ
    2007年12月23~30日 タスマニアにて (2008年1月1日及び2日のブログ「タスマニア紀行」全8篇を参照されたい)

僕の見た三丁目の夕日

  • blog-2007-7-29
    遠き日の僕の絵日記から
無料ブログはココログ

« 忘れがたみ 原民喜 (恣意的正字化版) 附やぶちゃん注 「こころ」 | トップページ | 忘れがたみ 原民喜 (恣意的正字化版) 附やぶちゃん注 「けはひ」 »

2016/05/02

忘れがたみ 原民喜 (恣意的正字化版) 附やぶちゃん注 「ある朝」

   ある朝

 

 庭の酸漿が赤く色づき、葉が蝕まれたまま、すがれてゆく頃、私は旅に出て、山の宿でさびしい鳥の啼聲を聽いた。夜のあけがた、何か訴へるやうな、かすかな、せつなげな聲が夢うつつに私の耳に入り、それがいつまでも魂にこびりついた。

 その頃、妻はよくものごとに苛立つてゐた。見慣れた顏ながらときにひどく濃艷であつたり、どうかすると透き徹つたやうな謎の顏つきをしてゐた。眼球が大きくなり、ギラギラ燃えてゐた。

 ある朝(それは昭和十四年九月十日のことであつた)私はまだ床にいて、よく目も覺めきらなかつたが、とくに起出してごそごそやつてゐる妻のけはひを隣室に感じてゐるうち、ふと、かすかな、せつなげな、絶え入るばかりの咳の聲を聞いた。私は寢卷のまま飛出して隣室に行つてみた。妻はぐつたりとして、かすかに笑顏をした。それはたつた今生じたことを容易に信じかねるやうな、稍うはずつて美しい顏であつた。だがこれが我々の身の上を訪れた最初の霹靂であつた。

 

[やぶちゃん注:貞恵の最初の喀血を描く。底本年譜も昭和一四(一九三九)年九月の条に貞恵の発病を記す。初段の旅は恐らく、その前年の昭和一三(一九三八)年の夏、箱根へ数日の遠出をした経験を指すものかと思われる(この年の春にも京都周辺を単独で旅しているが、「酸漿」(ほおづき)が色づくのは六~七月であるから時期が合わない)。同年譜にはこの二つの旅行について、『いずれも、小説のための取材旅行というべき歩行とみられる』とある。]

« 忘れがたみ 原民喜 (恣意的正字化版) 附やぶちゃん注 「こころ」 | トップページ | 忘れがたみ 原民喜 (恣意的正字化版) 附やぶちゃん注 「けはひ」 »