フォト

カテゴリー

サイト増設コンテンツ及びブログ掲載の特異点テクスト等一覧(2008年1月以降)

The Picture of Dorian Gray

  • Sans Souci
    畢竟惨めなる自身の肖像

Alice's Adventures in Wonderland

  • ふぅむ♡
    僕の三女アリスのアルバム

忘れ得ぬ人々:写真版

  • 縄文の母子像 後影
    ブログ・カテゴリの「忘れ得ぬ人々」の写真版

Exlibris Puer Eternus

  • 吾輩ハ僕ノ頗ル氣ニ入ツタ教ヘ子ノ猫デアル
    僕が立ち止まって振り向いた君のArt

SCULPTING IN TIME

  • 熊野波速玉大社牛王符
    写真帖とコレクションから

Pierre Bonnard Histoires Naturelles

  • 樹々の一家   Une famille d'arbres
    Jules Renard “Histoires Naturelles”の全挿絵

僕の視線の中のCaspar David Friedrich

  • 海辺の月の出(部分)
    1996年ドイツにて撮影

シリエトク日記写真版

  • 地の涯の岬
    2010年8月1日~5日の知床旅情(2010年8月8日~16日のブログ「シリエトク日記」他全18篇を参照されたい)

氷國絶佳瀧篇

  • Gullfoss
    2008年8月9日~18日のアイスランド瀧紀行(2008年8月19日~21日のブログ「氷國絶佳」全11篇を参照されたい)

Air de Tasmania

  • タスマニアの幸せなコバヤシチヨジ
    2007年12月23~30日 タスマニアにて (2008年1月1日及び2日のブログ「タスマニア紀行」全8篇を参照されたい)

僕の見た三丁目の夕日

  • blog-2007-7-29
    遠き日の僕の絵日記から
無料ブログはココログ

« 26年目の結婚記念日 | トップページ | 忘れがたみ 原民喜 (恣意的正字化版) 附やぶちゃん注 「財布」 »

2016/05/01

忘れがたみ 原民喜 (恣意的正字化版) 附やぶちゃん注 始動 / 飛行機雲

[やぶちゃん注:二十章から成る本篇全体は昭和二一(一九四六)年三月号『三田文学』に発表され(当時の民喜は満四十歳)、後の民喜自死の二年後の昭和二八(一九五三)年三月角川書店刊「原民喜作品集 第二巻」に「美しき死の岸に」の総評題で本「忘れがたみ」を冒頭に「小さな庭」「吾亦紅」「冬日記」「秋日記」「画集」「雲の裂け目」「魔のひととき」「苦しく美しき夏」「夢と人生」「遥かな旅」「美しき死の岸に」の全十二篇で所収された。底本(後述)の編註によれば、この総標題と配列は原民喜自身の分類・配列によるものであるとする。

 本「忘れがたみ」の各篇とその全体は民喜の散文詩の一つとして捉えてよいものと私には思われる。底本は一九七八年青土社刊「原民喜全集 Ⅱ」を用いたが、本カテゴリ「原民喜」で既に述べた通り、民喜が終生、基本的に一貫して正字を用いていたこと、本文が歴史的仮名遣を用いていること、及び、本篇の内容が昭和一九(一九四四)年九月に亡くなった妻貞恵の死(明治四四(一九一一)年生まれ。享年三十四。民喜より六つ年下であった)をテーマとし、作品内の筆者の措定執筆時間が敗戦前の昭和二〇(一九四五)年年初を主としていると推定される(冒頭の「飛行機雲」の私の注を参照されたい)ことから、恣意的に漢字を正字化して示すこととする。

 各章の後にオリジナルな注を附した。]

 

 

 忘れがたみ

 

   飛行機雲

 

 大學病院の方へ行く坂を登りながら、秋空に引かれた白い線に似た雲を見てゐた。こんな面白い雲があるのかと、はじめて見る奇妙な雲について私は早速歸つたら妻に話すつもりで……しかし、その妻はもう家にも病院にも居なかつた。去年のこの頃、よくこの坂を登りながら入院中の妻に逢ひに行つた。その頃と變つて今では病院の壁も黑く迷彩が施されてはゐるが、その方へ行くとやはり懷しいものが殘つてゐさうで……しかし、私がもう此處を訪れるのも今日をかぎりにさう滅多にあるまい。玄關ではもう穿き替への草履を呉れないことになつてゐた、これも、以前と變つたことがらである。私は川島先生に逢つて、妻の死を報告しておいた。それからとぼとぼ坂を降りて行つた。

 翌日、新聞に飛行機雲の寫眞が出てゐた。さては昨日見た雲は飛行機雲といふものなのかとひとり頷いたが、假りにこれを妻に語るならば「漸くあなたはそんなことを知つたのですか」と、病床にいても新知識の獲得の速かつた彼女はあべこべに私を笑つたかもしれないのだ。

 

[やぶちゃん注:「去年のこの頃」この言辞から、実はこの本文内での主人公(筆者)の執筆措定時間は原民喜の妻貞恵が亡くなった(昭和一九(一九四四)年九月)翌昭和二〇(一九四五)年であることが判る。しかも、本「忘れがたみ」全体には被爆や敗戦を匂わせる記載は全く現われない。それどころか、戦況記載もなく、本篇が戦中であることを匂わせる叙述は、辛うじて「その頃と變つて今では病院の壁も黑く迷彩が施されてはゐる」とあることによって類推されるのみである(これは彼にとっての妻貞恵の死が被爆以上に強烈な悲劇として『彼の運命を大きく変え』(底本全集年譜より)たのだという事実を是が非でも理解して戴きたいのである。原民喜は原爆文学を書いたではあるものの、それ以前に原型としては繊細な悲愁の詩人であったことを忘れてはならないのである)。しかし、終りから二つ目の十九章「霜の宿」に「私は十年あまり住み慣れた、この借家を近いうちに引上げようかと思つてゐた」とあるのであるが、民喜が妻貞恵と昭和九(一九三四)年初夏から住んで居た千葉県千葉市登戸(のぶと)町(現在の千葉市中央区登戸)から郷里広島の実家に戻るのは昭和二〇(一九四五)年一月末である(本篇は途中に生前の妻との回想シーンなどが盛んに挿入され、章ごとの時間配列が少なからず前後はするものの、俯瞰的時系列そのものに理解し難い操作は認められない)。妻貞恵が入院(彼女は結核に罹患しており、しかも糖尿病でもあった)したのが何時であったのかは現在のところは私には分明でない。しかしながら、底本の年譜記載から、恐らく結核の方の発病は昭和一四(一九三九)年九月と思われるものの、他作品の叙述から見ても自宅療養のシークエンスが複数あることから、ずっと何年にも亙って入院していたのではない。この妻の死の報告をかつての主治医にするというシークエンスから見ても、貞恵はその最期を自宅か或いは別な病院で迎えたということになる。底本年譜では貞恵の病状の悪化は昭和一九(一九四四)年三月の条に出る(因みに、その悪化理由としてこの昭和十九年『四月、一月より同居中の義弟、佐々木基一氏が、治安維持法違反の容疑で警視庁に検挙され、そのため妻貞恵の病状が悪化』したと記す。文芸評論家佐々木基一(本名は永井善次郎。民喜より九歳年下)は妻貞恵の実弟である)。これらを考え合わせるならば、「去年」とある以上、本「飛行機雲」の作品内時間は転居する直前、昭和二〇(一九四五)年の一月上・中旬の短い閉区間に限定されることとなる。転居することを意識していたからこそ、かつての妻の主治医に挨拶に赴いたと考えられる。そうして「去年のこの頃」が正確な謂いであるとするならば、妻貞恵の「入院」(年譜の『悪化』とする三月以前にそれはあったと考えざるを得ない)先であるこの病院の坂を上ったのも昭和十九年の一月頃ということになるのである。この時ならば、民喜は満三十九歳(彼は明治三八(一九〇五)年十一月十五日生)である。

「大學病院」不詳であるが、現在の千葉県千葉市中央区亥鼻にあった千葉医科大学附属医院(現在の同所にある千葉大学医学部附属病院)ならば丘陵地にある。

「玄關ではもう穿き替への草履を呉れないことになつてゐた、これも」の読点はママ。]

« 26年目の結婚記念日 | トップページ | 忘れがたみ 原民喜 (恣意的正字化版) 附やぶちゃん注 「財布」 »