フォト

カテゴリー

サイト増設コンテンツ及びブログ掲載の特異点テクスト等一覧(2008年1月以降)

The Picture of Dorian Gray

  • Sans Souci
    畢竟惨めなる自身の肖像

Alice's Adventures in Wonderland

  • ふぅむ♡
    僕の三女アリスのアルバム

忘れ得ぬ人々:写真版

  • 縄文の母子像 後影
    ブログ・カテゴリの「忘れ得ぬ人々」の写真版

Exlibris Puer Eternus

  • 吾輩ハ僕ノ頗ル氣ニ入ツタ教ヘ子ノ猫デアル
    僕が立ち止まって振り向いた君のArt

SCULPTING IN TIME

  • 熊野波速玉大社牛王符
    写真帖とコレクションから

Pierre Bonnard Histoires Naturelles

  • 樹々の一家   Une famille d'arbres
    Jules Renard “Histoires Naturelles”の全挿絵

僕の視線の中のCaspar David Friedrich

  • 海辺の月の出(部分)
    1996年ドイツにて撮影

シリエトク日記写真版

  • 地の涯の岬
    2010年8月1日~5日の知床旅情(2010年8月8日~16日のブログ「シリエトク日記」他全18篇を参照されたい)

氷國絶佳瀧篇

  • Gullfoss
    2008年8月9日~18日のアイスランド瀧紀行(2008年8月19日~21日のブログ「氷國絶佳」全11篇を参照されたい)

Air de Tasmania

  • タスマニアの幸せなコバヤシチヨジ
    2007年12月23~30日 タスマニアにて (2008年1月1日及び2日のブログ「タスマニア紀行」全8篇を参照されたい)

僕の見た三丁目の夕日

  • blog-2007-7-29
    遠き日の僕の絵日記から
無料ブログはココログ

« 忘れがたみ 原民喜 (恣意的正字化版) 附やぶちゃん注 「きもの」 | トップページ | 忘れがたみ 原民喜 (恣意的正字化版) 附やぶちゃん注 「手」 »

2016/05/01

忘れがたみ 原民喜 (恣意的正字化版) 附やぶちゃん注 「日和下駄」

   日和下駄

 

 もう五年も前のことになるが、弟の入營を郷里まで見送りその歸りに日和下駄を一足買つて戾つた。輕い桐の臺の、赤い緒の、値段も廉いものであつたが、どこか、がつちりとした恰好が好もしく、氣輕に足を載せてみたくなるやうな品であつた。病床の妻はそれがよほど氣に入つたらしく、氣分のいい時など疊の上で履いてみたりしたが、早くその齒をぢかに黑土に觸れる日を待ち望むやうに、そつと履物を勞はつては仕舞込んで置くのであつた。

 けれども下駄の履ける日はなかなかやつて來なかつた。重態になつてからも、妻はよくその下駄を枕頭に持つて來て見せてくれと云つた。緒の色も今は少し派手であつた。が、矢張その下駄をきりつと履きしめて歩ける日を夢みてゐたやうだ。

 天氣のいい日など、私は今もあの下駄を履いて身輕に歩き廻る姿を思ひ浮かべ、その足音を耳の底に聽きとらうとするのである。

 

[やぶちゃん注:「日和下駄」老婆心乍ら、「ひよりげた」と読む。歯の低い、差し歯式の下駄。呼称は濡れたり、汚れたりする虞れのない晴天の日に主に履くことによる。

「五年も前のこと」昭和二〇(一九四五)年初から五年前とすると、昭和一五(一九四〇)年かその前年。

「弟の入營」大正五(一九一六)年生まれの民喜の弟で七男の敏(民喜より十一年下)。六男の六郎は夭折している。]

« 忘れがたみ 原民喜 (恣意的正字化版) 附やぶちゃん注 「きもの」 | トップページ | 忘れがたみ 原民喜 (恣意的正字化版) 附やぶちゃん注 「手」 »