フォト

カテゴリー

サイト増設コンテンツ及びブログ掲載の特異点テクスト等一覧(2008年1月以降)

The Picture of Dorian Gray

  • Sans Souci
    畢竟惨めなる自身の肖像

Alice's Adventures in Wonderland

  • ふぅむ♡
    僕の三女アリスのアルバム

忘れ得ぬ人々:写真版

  • 縄文の母子像 後影
    ブログ・カテゴリの「忘れ得ぬ人々」の写真版

Exlibris Puer Eternus

  • 吾輩ハ僕ノ頗ル氣ニ入ツタ教ヘ子ノ猫デアル
    僕が立ち止まって振り向いた君のArt

SCULPTING IN TIME

  • 熊野波速玉大社牛王符
    写真帖とコレクションから

Pierre Bonnard Histoires Naturelles

  • 樹々の一家   Une famille d'arbres
    Jules Renard “Histoires Naturelles”の全挿絵

僕の視線の中のCaspar David Friedrich

  • 海辺の月の出(部分)
    1996年ドイツにて撮影

シリエトク日記写真版

  • 地の涯の岬
    2010年8月1日~5日の知床旅情(2010年8月8日~16日のブログ「シリエトク日記」他全18篇を参照されたい)

氷國絶佳瀧篇

  • Gullfoss
    2008年8月9日~18日のアイスランド瀧紀行(2008年8月19日~21日のブログ「氷國絶佳」全11篇を参照されたい)

Air de Tasmania

  • タスマニアの幸せなコバヤシチヨジ
    2007年12月23~30日 タスマニアにて (2008年1月1日及び2日のブログ「タスマニア紀行」全8篇を参照されたい)

僕の見た三丁目の夕日

  • blog-2007-7-29
    遠き日の僕の絵日記から
無料ブログはココログ

« 耳鳴りのサンボリズム | トップページ | 忘れがたみ 原民喜 (恣意的正字化版) 附やぶちゃん注 「耳」 »

2016/05/02

忘れがたみ 原民喜 (恣意的正字化版) 附やぶちゃん注 「眼」

   眼

 

 よく働く眼であつた。ちらつとものを竊視ることも出來たし、靜かにものを見詰めることもできる眼であつた。どんな細かなものも見落すまいと褐色の眸は輝き、一眼でものの姿を把へようと勝氣な睫は瞬いた。手先仕事のちよつとした骨(こつ)なら傍から見ていて、すぐに覺えとつてしまふ眼であつた。眼分量のよくきく眼であつた。マツチの大箱に軸が何本這入つてゐるか、眼で測つて、後で數へてみると殆ど差がなかつた。

 熱が出ると、その眼は潤んで、大きく見開かれた。頰の火照りをじつと怺へてゐて、何かを一心に祈つてゐる眼であつた。

 人の氣持に先𢌞りしようとする眼であつた。その眼からはとげとげしいもの、やさしいもの、うれしげなものがいつも活潑に飛び出た。

 私はその眼が末期の光を湛へて、大きく虛ろに見開かれたのを忘れはしないが、あの時の相は私の心に正確には映らなかつた。むしろ、夜の闇の中で考へてゐると、まざまざと甦つて來るまなざしの方がかなしいのである。

 

[やぶちゃん注:「竊視る」「ぬすみみる」と訓じておく。

「眼分量」「めぶんりやう(めぶんりょう)」目分量。

「怺へて」「こらへて」。「堪えて」に同じい。]

« 耳鳴りのサンボリズム | トップページ | 忘れがたみ 原民喜 (恣意的正字化版) 附やぶちゃん注 「耳」 »