フォト

カテゴリー

サイト増設コンテンツ及びブログ掲載の特異点テクスト等一覧(2008年1月以降)

The Picture of Dorian Gray

  • Sans Souci
    畢竟惨めなる自身の肖像

Alice's Adventures in Wonderland

  • ふぅむ♡
    僕の三女アリスのアルバム

忘れ得ぬ人々:写真版

  • 縄文の母子像 後影
    ブログ・カテゴリの「忘れ得ぬ人々」の写真版

Exlibris Puer Eternus

  • 吾輩ハ僕ノ頗ル氣ニ入ツタ教ヘ子ノ猫デアル
    僕が立ち止まって振り向いた君のArt

SCULPTING IN TIME

  • 熊野波速玉大社牛王符
    写真帖とコレクションから

Pierre Bonnard Histoires Naturelles

  • 樹々の一家   Une famille d'arbres
    Jules Renard “Histoires Naturelles”の全挿絵 岸田国士訳本文は以下 http://yab.o.oo7.jp/haku.html

僕の視線の中のCaspar David Friedrich

  • 海辺の月の出(部分)
    1996年ドイツにて撮影

シリエトク日記写真版

  • 地の涯の岬
    2010年8月1日~5日の知床旅情(2010年8月8日~16日のブログ「シリエトク日記」他全18篇を参照されたい)

氷國絶佳瀧篇

  • Gullfoss
    2008年8月9日~18日のアイスランド瀧紀行(2008年8月19日~21日のブログ「氷國絶佳」全11篇を参照されたい)

Air de Tasmania

  • タスマニアの幸せなコバヤシチヨジ
    2007年12月23~30日 タスマニアにて (2008年1月1日及び2日のブログ「タスマニア紀行」全8篇を参照されたい)

僕の見た三丁目の夕日

  • blog-2007-7-29
    遠き日の僕の絵日記から
無料ブログはココログ

« 和漢三才圖會卷第五十二 蟲部 蠅 | トップページ | ジョナサン・スイフト原作 原民喜譯 「ガリヴァー旅行記」(やぶちゃん自筆原稿復元版) 小人國(5) 五章 大てがら (その一) »

2016/05/15

和漢三才圖會卷第五十二 蟲部 狗蠅

Inubae

いぬはへ   【以沼波閉】

狗蠅

 

ウ イン

 

本綱生狗身上蟲也狀如蠅黃色能飛堅皮利喙噉

血冬月則藏狗耳中

按狗蠅多着老狗羣頸潜行血故難避用煙草脂塗

 稈心如輪而毎宣掛于狗頸

 

 

いぬばへ   【以沼波閉。】

狗蠅

 

ウ イン

 

「本綱」、狗の身の上に生ずる蟲なり。狀、蠅のごとく、黃色にして能く飛ぶ。堅き皮、利き喙〔(くちばし)〕ありて狗の血を噉〔(たんさふ)〕す。冬月は則ち、狗の耳の中に藏〔(かく)〕る。

按ずるに、狗蠅、多く老狗〔(ろうく)〕に着く。頸に羣れて潜行して、血を〔(す)〕ふ。故に避け難し。煙草(たばこ)の脂(やに)を用ひ、稈心(わら〔の〕しん)に塗り、輪のごとくにして毎〔(つね)〕に宣しく狗の頸に掛くべし。

 

[やぶちゃん注:これはなかなか難しい。挿絵は明らかに翅を持っており、本文も「蠅のごとく」とあって、「能く飛ぶ」(「跳ぶ」ではなく「飛ぶ」である)とし、「黃色」(ウシアブの腹部各節の中央には黄色い模様が有意にある)さらに吸血(「噉」は現代仮名遣では「タンソウ」で、「噉」は「食らう」、「」は「吸う」の意)するとなれば、これはもう、前項の末に出た、

 

双翅目アブ科ウシアブTabanus trigonus

 

が相応しい。中文サイトで「狗蠅」を検索すると複数のサイトで、「gadfly」とする記載を見出せるが、これはまさに「ウシアブ」の英名である。

 ところがしかし、どうも本文を読み進めると、だんだん怪しくなってくるんである。

 特に「堅き皮」を有し、著しく「利き喙〔(くちばし)〕」を持つというのはウシアブの解説としておかしいウシアブは蠅叩きの一撃で容易に殲滅出来る(私の実践体験)程度に体は柔らかく、彼等は厳密に言えば「刺す」のではなく、大根おろしのような構造の吻で擂りこいで吸血するのであり、鋭い吻を所持はしていない。これは実際に顕微鏡などを用いなくても、肉眼で観察出来る。されば、これは明らかに、その「狗蠅」と呼称している生物は、

異様に固い堅牢な外皮構造を有していて叩いたぐらいでは平気の平左であること

彼等は吸血するためにその頭部に明らかにそれと分かる鋭い吻を所持していること

が必須条件として挙がってくるのである。さらに、彼らは

ほぼ一年を通じて犬を主宿主としていること

冬になると同時にその宿主である犬「の耳の中に」入り込んで隠れてしまうこと

も特異的な特徴として確認出来る。さらに良安は本邦の「狗蠅」の特徴として、

免疫力が低下した皮膚が弱い老犬に多く寄生すること

そうした老犬の首の部分の毛の奥に群れ潜み隠れて駆除が難しいこと

を挙げている。耳の中に入り込むというと、ヒトを刺すことを記載しない点では、これは、

 

昆虫綱隠翅(ノミ)目ヒトノミ科ヒトノミ科Ctenocephalides属イヌノミCtenocephalides canis

 

と思えてくるのであるが(私は永年犬を飼っているが、イヌノミはしばしば犬の耳の中に隠れる。但し、彼らがヒトを吸血しないかというと、実際には吸血するので要注意)、ただ、どうもそれでは小さ過ぎて(イヌノミはで約二ミリメートル、で約三ミリメートルしかない)、絶対的な特異条件たるをクリアー出来ない嫌いがあるようにも思えるのである。ではそれを満たす生物となると、所謂、ナンキンムシ、

 

半翅目異翅亜目トコジラミ科トコジラミ属トコジラミ Cimex lectularius

 

が真っ先に浮かぶのである。彼らの大きさはイヌノミの倍はあって、成虫で五~七ミリメートルで、体色も吸血するとその血液が透けて見えることから濃い茶色を呈するものの、吸血していない個体では薄黄色からやや赤褐色を呈する、とウィキの「トコジラミ」にあるのである。

 但し、そう同定した場合、ヒトをも吸血することを記載しないというのは大いに不審であると言わざるを得ない。犬の頸のそれを観察している最中や、愛犬から煙草の脂で追い出そうとすれば、逆にそうしている人間の方に移ろうとするはずである。さらにこの比定が厳しいのは、彼等は一般には陽光下に出るような犬の、その首やその耳の中には日常的に巣食うことはないと思うからでもある(彼らは夜行性で明かりを嫌い、通常は建物の壁の割れ目や畳の隙間などにぎっしりと潜んでいることが多い)

 さても、ちょいとここで途方に暮れてしまったところで、こういう時は荒俣宏氏の「世界博物大図鑑」を見るに若くはないと、その第一巻「蟲類」(一九九一年平凡社刊)の「トコジラミ・ナンキンムシ」を開いて見た。開いて見るもんだ! そこで「目から狗蠅」だ! 何と! 犬に寄生する「狗蠅」が実際にいることが判明したのであった!

 それによれば「本草綱目」の「狗蠅」とは『イヌに寄生するシラミバエ科』という正真正銘の蠅、

 

双翅(ハエ)目短角(ハエ)亜目ハエ下目シラミバエ上科シラミバエ科 Hippoboscidae の一種

 

を指すと明記されてあるのであった。ウィキの「シラミバエより引いておく。『哺乳類や鳥類の絶対寄生者として知られる。世界に』三亜科二十一属二百十三種が知られ、『成虫の体型は扁平。シラミバエは様々な哺乳類や鳥類を寄主として利用する。例えば翅をもたない赤茶色の種である Melophagus ovinus は、ヒツジに寄生することが知られている。また、同じく翅をもたない Lipoptena mazamae は、オジロジカ』(哺乳綱鯨偶蹄目反芻亜目シカ科オジロジカ亜科オジロジカ族オジロジカ属 Odocoileus )『の外部寄生者としてアメリカ南東部で普通に見られる。一方、翅のあるウマジラミバエ Hippobosca equina はウマに寄生するほか、Ornithoica podargi Ornithomya fuscipennis はオーストラリアガマグチヨタカ』(鳥綱フクロウ目オーストラリアガマグチヨタカ科オーストラリアガマグチヨタカ属オーストラリアガマグチヨタカPodargus strigoides)『の外部寄生者としてオーストラリアで普通に見られる。このようにシラミバエは哺乳類や鳥類などに寄生するため、感染症の媒介者』(ベクター:Vector)『となることがある。例えば Pseudolynchia canariensis はハトの仲間に寄生し、ハトに感染するマラリアの媒介者となる』。『他のシラミバエ上科』(Hippoboscoidea)『の種と同様に、ほとんどのシラミバエの幼虫は母親の体内で成長し、体外に出てすぐに蛹化する』とある。さらに調べてみると、引用に出たHippoboscinae亜科Hippobosca属ウマシラミバエHippobosca equina はウマ・ウシ・イヌ・ウサギに寄生することが分かった。さらにかなり強烈なのでリンクは控えるが、画像検索で見ると、彼等は寄生生活に特化しているため、体がダニかシラミのような扁平な(しかし成虫は翅があって確かに蠅)形状に変化していて、それが牛の頸部などにおぞましいほどびっしりと吸着している状態を現認出来、老犬の首というのも、さもありなんと、想起出来た。

 さらに言うと、荒俣氏もその箇所で述べておられるのであるが、実は「本草綱目」の「狗蠅」には、最後に時珍が附説を施しており、そこには実に! トコジラミの記載があるのである!(引用立国会図書館デジタルコレクションの明代一五九〇胡承竜本草目」画像を視認した。一部、破損による判読不能の箇所はで示した)

   *

附錄 壁蝨【時珍曰、即臭蟲也。狀如酸棗仁、人血食、與蚤皆爲牀榻之害古人多於席下置麝香、雄黃、或菖蒲末、或蒴藋末,或楝花末、或蓼末、或燒木瓜煙、黃蘗煙、牛角煙、馬蹄煙,以辟之也。

   *

「臭蟲」とあるが、現在でも中国語でトコジラミを「臭虫」と呼ぶ。これは彼らがその後脚の基部にある臭腺から油臭い悪臭を出すことに拠る。「酸棗仁」は「さんそうにん」でクロウメモドキ目クロウメモドキ科ハマナツメ連ナツメ属サネブトナツメZizyphus jujuba var. spinosaの種子(生薬)。「蒴藋」(そくず(但し、他にも多様の読みがある))はスイカズラ科ニワトコ属ソクズ Sambucus chinensis で、現在は入浴剤などに用いられる。「楝花」(れんか)はムクロジ目センダン科センダン属センダン Melia azedarach の花で配糖体の一種を多く含む。「黃蘗」(おうばく)は双子葉植物綱ムクロジ目ミカン科キハダ属キハダ Phellodendron amurense のこと。これで「きはだ」とも読む。

 さても! これは間違いなくトコジラミの記載であるそうしてこれは、まさに時珍自身が「狗蠅」を私が強く同定候補として押したところの、「壁蝨」=「トコジラミ」と同一か、その近似種ではないかと深く疑っていたことを示す証左ではあるまいか?……とここまで書いて、実は「和漢三才圖會」の次の項が「壁蝨」だったことに気づいた。ダブるけれども私の考証のプロセスの跡として残すこととする。

 

・「稈心(わら〔の〕しん)」藁の芯。]

« 和漢三才圖會卷第五十二 蟲部 蠅 | トップページ | ジョナサン・スイフト原作 原民喜譯 「ガリヴァー旅行記」(やぶちゃん自筆原稿復元版) 小人國(5) 五章 大てがら (その一) »