フォト

カテゴリー

サイト増設コンテンツ及びブログ掲載の特異点テクスト等一覧(2008年1月以降)

The Picture of Dorian Gray

  • Sans Souci
    畢竟惨めなる自身の肖像

Alice's Adventures in Wonderland

  • ふぅむ♡
    僕の三女アリスのアルバム

忘れ得ぬ人々:写真版

  • 縄文の母子像 後影
    ブログ・カテゴリの「忘れ得ぬ人々」の写真版

Exlibris Puer Eternus

  • 吾輩ハ僕ノ頗ル氣ニ入ツタ教ヘ子ノ猫デアル
    僕が立ち止まって振り向いた君のArt

SCULPTING IN TIME

  • 熊野波速玉大社牛王符
    写真帖とコレクションから

Pierre Bonnard Histoires Naturelles

  • 樹々の一家   Une famille d'arbres
    Jules Renard “Histoires Naturelles”の全挿絵

僕の視線の中のCaspar David Friedrich

  • 海辺の月の出(部分)
    1996年ドイツにて撮影

シリエトク日記写真版

  • 地の涯の岬
    2010年8月1日~5日の知床旅情(2010年8月8日~16日のブログ「シリエトク日記」他全18篇を参照されたい)

氷國絶佳瀧篇

  • Gullfoss
    2008年8月9日~18日のアイスランド瀧紀行(2008年8月19日~21日のブログ「氷國絶佳」全11篇を参照されたい)

Air de Tasmania

  • タスマニアの幸せなコバヤシチヨジ
    2007年12月23~30日 タスマニアにて (2008年1月1日及び2日のブログ「タスマニア紀行」全8篇を参照されたい)

僕の見た三丁目の夕日

  • blog-2007-7-29
    遠き日の僕の絵日記から
無料ブログはココログ

« 忘れがたみ 原民喜 (恣意的正字化版) 附やぶちゃん注 「耳」 | トップページ | 忘れがたみ 原民喜 (恣意的正字化版) 附やぶちゃん注 「讀書」 »

2016/05/02

忘れがたみ 原民喜 (恣意的正字化版) 附やぶちゃん注 「知慧」

   知慧

 

 妻は私にとつて、なかなかの知慧袋であつた。私は妻から障子の貼り方、キセル掃除の仕方、アイロンの掛け方、字畫の順序、算盤の加算などを教はつた。字畫の順序とか、算盤とかいふものは子供の時に教へ込まれて居なければならない筈だと、妻は病床で齒痒がつた。

 火のおこし方とか、米の磨き方とか、洗濯・掃除なども、女中が雇へなくなつてから私は習ひ覺えた。

 そのほか、一つ一つは憶ひ出せぬ細かなことを教はつたと思ふし、もつと妻が生きてゐて呉れたら、まだまだ何かを教はつたであらう。實際、人生に於ては常に教はらねばならぬこまかな事柄があるのに、私はこの齡になつて驚かされるのである。

 

[やぶちゃん注:いろいろ考えた末、「智慧袋」の「袋」は底本のままの用字とした。

「この齡」これは発表時のそれ(昭和二一(一九四六)年三月号『三田文学』に発表。当時の民喜は満四十歳)ではなく、冒頭の「飛行機雲」で考証した通り、作品内の主人公(筆者)の措定時間である昭和一九(一九四四)年一月頃である。この時ならば、民喜は満三十九歳(彼は明治三八(一九〇五)年十一月十五日生まれ)である。]

« 忘れがたみ 原民喜 (恣意的正字化版) 附やぶちゃん注 「耳」 | トップページ | 忘れがたみ 原民喜 (恣意的正字化版) 附やぶちゃん注 「讀書」 »