フォト

カテゴリー

サイト増設コンテンツ及びブログ掲載の特異点テクスト等一覧(2008年1月以降)

The Picture of Dorian Gray

  • Sans Souci
    畢竟惨めなる自身の肖像

Alice's Adventures in Wonderland

  • ふぅむ♡
    僕の三女アリスのアルバム

忘れ得ぬ人々:写真版

  • 縄文の母子像 後影
    ブログ・カテゴリの「忘れ得ぬ人々」の写真版

Exlibris Puer Eternus

  • 吾輩ハ僕ノ頗ル氣ニ入ツタ教ヘ子ノ猫デアル
    僕が立ち止まって振り向いた君のArt

SCULPTING IN TIME

  • 熊野波速玉大社牛王符
    写真帖とコレクションから

Pierre Bonnard Histoires Naturelles

  • 樹々の一家   Une famille d'arbres
    Jules Renard “Histoires Naturelles”の全挿絵

僕の視線の中のCaspar David Friedrich

  • 海辺の月の出(部分)
    1996年ドイツにて撮影

シリエトク日記写真版

  • 地の涯の岬
    2010年8月1日~5日の知床旅情(2010年8月8日~16日のブログ「シリエトク日記」他全18篇を参照されたい)

氷國絶佳瀧篇

  • Gullfoss
    2008年8月9日~18日のアイスランド瀧紀行(2008年8月19日~21日のブログ「氷國絶佳」全11篇を参照されたい)

Air de Tasmania

  • タスマニアの幸せなコバヤシチヨジ
    2007年12月23~30日 タスマニアにて (2008年1月1日及び2日のブログ「タスマニア紀行」全8篇を参照されたい)

僕の見た三丁目の夕日

  • blog-2007-7-29
    遠き日の僕の絵日記から
無料ブログはココログ

« 忘れがたみ 原民喜 (恣意的正字化版) 附やぶちゃん注 「南瓜」 | トップページ | 忘れがたみ 原民喜 (恣意的正字化版) 附やぶちゃん注 「手帳」 »

2016/05/01

忘れがたみ 原民喜 (恣意的正字化版) 附やぶちゃん注 「寫眞」

   寫眞

 

 その寫眞はいくつ位の時のものであらうか、娘の時撮つたものには違ひないのだが、不思議に變らぬ一つの相を湛へてゐたし、妻の顏といふものは時にさまざまに變つてゐたやうな氣もするが、やはり一つを貫いて流れるものがあつたらしい。最近の寫眞とても無かつたので、佛壇のほとりにその寫眞を飾つた。見れば無邪氣な表情のなかにも、神經質らしい閃きがあつた。義母も一枚その複製が欲しいと云ふので、街の寫眞屋に持つて行つて賴むと、期日は請合かねるが一ケ月もしたら來てみてくれと云つた。

 その後一ケ月もたつたが寫眞屋の前を通れば大概戸を鎖めてゐるのであつた。私はふとあの寫眞が紛失するのではないかと不安になつた。ある朝思ひたつて行つてみると、今年中は出來ないと寫眞屋の返事であつた。それで、一まづ寫眞を返してもらつた。オーバーのポケツトに入れて、急いで家に歸ると、早速とり出して眺めた。すると、その寫眞は長い間不自由な場所にゐて漸く歸つて來たやうな、吻として多少呼吸困難を訴えてゐるやうな、病み上りのいじらしい姿に見えるのであつた。

 

[やぶちゃん注:「吻として」「ほつとして(ほっとして)」。民喜はこれをかなり好んで用いる。]

« 忘れがたみ 原民喜 (恣意的正字化版) 附やぶちゃん注 「南瓜」 | トップページ | 忘れがたみ 原民喜 (恣意的正字化版) 附やぶちゃん注 「手帳」 »