フォト

カテゴリー

サイト増設コンテンツ及びブログ掲載の特異点テクスト等一覧(2008年1月以降)

The Picture of Dorian Gray

  • Sans Souci
    畢竟惨めなる自身の肖像

Alice's Adventures in Wonderland

  • ふぅむ♡
    僕の三女アリスのアルバム

忘れ得ぬ人々:写真版

  • 縄文の母子像 後影
    ブログ・カテゴリの「忘れ得ぬ人々」の写真版

Exlibris Puer Eternus

  • 吾輩ハ僕ノ頗ル氣ニ入ツタ教ヘ子ノ猫デアル
    僕が立ち止まって振り向いた君のArt

SCULPTING IN TIME

  • 熊野波速玉大社牛王符
    写真帖とコレクションから

Pierre Bonnard Histoires Naturelles

  • 樹々の一家   Une famille d'arbres
    Jules Renard “Histoires Naturelles”の全挿絵

僕の視線の中のCaspar David Friedrich

  • 海辺の月の出(部分)
    1996年ドイツにて撮影

シリエトク日記写真版

  • 地の涯の岬
    2010年8月1日~5日の知床旅情(2010年8月8日~16日のブログ「シリエトク日記」他全18篇を参照されたい)

氷國絶佳瀧篇

  • Gullfoss
    2008年8月9日~18日のアイスランド瀧紀行(2008年8月19日~21日のブログ「氷國絶佳」全11篇を参照されたい)

Air de Tasmania

  • タスマニアの幸せなコバヤシチヨジ
    2007年12月23~30日 タスマニアにて (2008年1月1日及び2日のブログ「タスマニア紀行」全8篇を参照されたい)

僕の見た三丁目の夕日

  • blog-2007-7-29
    遠き日の僕の絵日記から
無料ブログはココログ

« 吾亦紅 原民喜 (恣意的正字化版) 附やぶちゃん注 「昆蟲」 | トップページ | 吾亦紅 原民喜 (恣意的正字化版) 附やぶちゃん注 「葡萄の朝」 »

2016/05/03

吾亦紅 原民喜 (恣意的正字化版) 附やぶちゃん注 「草木」

   草木

 

 庭の片隅に移し植ゑた萩は毎年、夏の終りには、垣根の上まで繁り、小さな紅い花を持つた。暑い陽光に蒸れる地面も、その邊だけは爽やかな日蔭となり、こまかなみどりが風に搖れてゐた。私は、あの風にゆらめく葉をぼんやりと眺めてゐると、そのまま、いつまでも、ここの生活がうつろはないもののやうな氣持がしたのだが……。最初その小さな庭に、妻と二人でおりたち、前の借主が殘して行つた、いろんな草木を掘返した時の子供つぽい姿が、――素足で踏む黑土の鮮やかなにほひとともに――今も眼さきに髣髴とする。さういへば、二人であの淺い濁つた海に浸つたとき海水で顏を洗ひ、手拭の下から覗いた顏もまるで女學生の表情だつた。はじめのころ妻は、クロツカアズ、アネモネ、ヒヤシンスなど買つて來て、この土地での春を待つた。私は私で、芝生を一めんに繁らさうと工夫した。春さきになると、まづ壺すみれが日南に咲いた。それからクローバー、車前草(おほばこ)、藜(あかざ)などがほしいままに繁つた。黃色い暑苦しい花、焰のやうな眞赤な小さな花、黃や紫の白粉花など、毎歳その土地には絶えなかつた。ダリヤは花を持つ頃になると風に吹き折られた。紺菊は霜に痛められて細細と咲いた。庭の手入も、年とともに等閑になつたが、鬼灯ばかりは最後の年までよく出來た。私はその靑い實の一輪を妻の病床に飾つたのだつた。

 一つ一つはもう憶ひ出せないが、私は妻とあの土地で暮した間、どれほどかずかずの植物に親しみ、しみじみそれを眺めたことか。妻が死んだ翌日、佛壇に供へる花を求めて、その名を花屋に問ふと、われもかう、この花を、つくづくと眺めたのはその時がはじめてだつた。が、その花を持つて家に歸る途中、自轉車の後に同じ吾亦紅と薄の穗を括りつけてゆく子供の姿をふと見かけた。お月見も近いのだな、と私はおもつた。

 

[やぶちゃん注:貞恵の亡くなったのは昭和一九(一九四四)年九月二十八日であった。「焰」は底本の用字である。「日南」は「ひなた」、「白粉花」は「おしろひばな(おしろいばな)」と訓じておく(前者の読みについては、私の原民喜「幼年畫」「招魂祭」(恣意的正字化版)の私の注を参照されたい)。「クロツカアズ」クロッカス(crocus:単子葉植物綱キジカクシ目アヤメ科クロッカス属 Crocus)であるが、ネット上で英語のネィティヴの発音を複数聴いてみると、これは我々が普段発音している「クロッカス」なんぞよりも「クロゥガァス」「クロッガ」に近く、民喜の英語の音写は実はおかしなものではないことが判る(民喜は慶応義塾大学英文科卒である)。前章同様、本篇には博物学的興味からは多くの注を附したい欲求に駆られるのであるが、ここは切なく美しい絢爛たるカット・バックと、コーダのシークエンスを静かに味わって戴くため、敢えてこの注だけで留めおくこととする。前章「蟲」と全体と各部の美しい対表現が胸をうつ。]

« 吾亦紅 原民喜 (恣意的正字化版) 附やぶちゃん注 「昆蟲」 | トップページ | 吾亦紅 原民喜 (恣意的正字化版) 附やぶちゃん注 「葡萄の朝」 »