フォト

カテゴリー

サイト増設コンテンツ及びブログ掲載の特異点テクスト等一覧(2008年1月以降)

The Picture of Dorian Gray

  • Sans Souci
    畢竟惨めなる自身の肖像

Alice's Adventures in Wonderland

  • ふぅむ♡
    僕の三女アリスのアルバム

忘れ得ぬ人々:写真版

  • 縄文の母子像 後影
    ブログ・カテゴリの「忘れ得ぬ人々」の写真版

Exlibris Puer Eternus

  • 吾輩ハ僕ノ頗ル氣ニ入ツタ教ヘ子ノ猫デアル
    僕が立ち止まって振り向いた君のArt

SCULPTING IN TIME

  • 熊野波速玉大社牛王符
    写真帖とコレクションから

Pierre Bonnard Histoires Naturelles

  • 樹々の一家   Une famille d'arbres
    Jules Renard “Histoires Naturelles”の全挿絵

僕の視線の中のCaspar David Friedrich

  • 海辺の月の出(部分)
    1996年ドイツにて撮影

シリエトク日記写真版

  • 地の涯の岬
    2010年8月1日~5日の知床旅情(2010年8月8日~16日のブログ「シリエトク日記」他全18篇を参照されたい)

氷國絶佳瀧篇

  • Gullfoss
    2008年8月9日~18日のアイスランド瀧紀行(2008年8月19日~21日のブログ「氷國絶佳」全11篇を参照されたい)

Air de Tasmania

  • タスマニアの幸せなコバヤシチヨジ
    2007年12月23~30日 タスマニアにて (2008年1月1日及び2日のブログ「タスマニア紀行」全8篇を参照されたい)

僕の見た三丁目の夕日

  • blog-2007-7-29
    遠き日の僕の絵日記から
無料ブログはココログ

« 吾亦紅 原民喜 (恣意的正字化版) 附やぶちゃん注 「蛞蝓」 | トップページ | 吾亦紅 原民喜 (恣意的正字化版) 附やぶちゃん注 「昆蟲」 »

2016/05/03

吾亦紅 原民喜 (恣意的正字化版) 附やぶちゃん注 「嗟嘆」

   嗟嘆

 

 日盛の靜かな時刻であつた。私は椅子にねころんで、ぼんやり本を展げてゐた。露次の方に、荷車の音がして、垣のところの芥箱の蓋があく音がする。塵取人夫の來てゐることは、その音でもわかる。窓に面した六疊の方で、妻の立上つて、臺所へ行く氣配がする。暫くすると、窓のところで、「御苦勞さま」と人夫に呼びかけてゐる一きは快活さうな聲がする。「これ一つ」と何か差出したのは、多分、梅燒酎だつたのだらう。やがて、「あーツ」と、いかにも、うまさうに一氣にそれを呑み乾したらしい、溜息がきこえる。

 ……いつのことであつたか、もうはつきりは憶ひ出せぬ。「あーツ」といふ嗟嘆ばかりは今も私の耳にのこつてゐる。日盛の靜かな時刻であつた。

 

[やぶちゃん注:この小さな夏の永遠の至福の瞬間のスカルプティング・イン・タイムは何時のことか。「いつのことであつたか、もうはつきりは憶ひ出せぬ」と筆者は言っているが、千葉の登戸の景であり、「もうはつきりは憶ひ出せぬ」とならば、貞恵の発病のずっと以前であり、前の出た「マル」や「カナリヤ」の時間以前と推定し得る。都心からの登戸への転居は昭和九(一九三四)年の初夏で、雌犬「マル」を飼い始めたのは昭和一一(一九三六)年の初めであったから、私はこれを昭和九年か翌十年のロケーションと見たい。貞恵との結婚(昭和八(一九三三)年三月)から一年半か二年半後のこととなる。私はこの短章が、涙が出るほど好きである。

「嗟嘆」この場合の「さたん」は、ひとしきり感心して褒めること・嘆賞の謂いである。

「日盛」「ひざかり」。

「芥箱」「ごみばこ」。

「梅燒酎」自家製の梅酒。]

« 吾亦紅 原民喜 (恣意的正字化版) 附やぶちゃん注 「蛞蝓」 | トップページ | 吾亦紅 原民喜 (恣意的正字化版) 附やぶちゃん注 「昆蟲」 »