フォト

カテゴリー

サイト増設コンテンツ及びブログ掲載の特異点テクスト等一覧(2008年1月以降)

The Picture of Dorian Gray

  • Sans Souci
    畢竟惨めなる自身の肖像

Alice's Adventures in Wonderland

  • ふぅむ♡
    僕の三女アリスのアルバム

忘れ得ぬ人々:写真版

  • 縄文の母子像 後影
    ブログ・カテゴリの「忘れ得ぬ人々」の写真版

Exlibris Puer Eternus

  • 吾輩ハ僕ノ頗ル氣ニ入ツタ教ヘ子ノ猫デアル
    僕が立ち止まって振り向いた君のArt

SCULPTING IN TIME

  • 熊野波速玉大社牛王符
    写真帖とコレクションから

Pierre Bonnard Histoires Naturelles

  • 樹々の一家   Une famille d'arbres
    Jules Renard “Histoires Naturelles”の全挿絵

僕の視線の中のCaspar David Friedrich

  • 海辺の月の出(部分)
    1996年ドイツにて撮影

シリエトク日記写真版

  • 地の涯の岬
    2010年8月1日~5日の知床旅情(2010年8月8日~16日のブログ「シリエトク日記」他全18篇を参照されたい)

氷國絶佳瀧篇

  • Gullfoss
    2008年8月9日~18日のアイスランド瀧紀行(2008年8月19日~21日のブログ「氷國絶佳」全11篇を参照されたい)

Air de Tasmania

  • タスマニアの幸せなコバヤシチヨジ
    2007年12月23~30日 タスマニアにて (2008年1月1日及び2日のブログ「タスマニア紀行」全8篇を参照されたい)

僕の見た三丁目の夕日

  • blog-2007-7-29
    遠き日の僕の絵日記から
無料ブログはココログ

« 忘れがたみ 原民喜 (恣意的正字化版) 附やぶちゃん注 「霜の宿」 | トップページ | 和漢三才圖會卷第五十二 蟲部 蠅虎 »

2016/05/02

忘れがたみ 原民喜 (恣意的正字化版) 附やぶちゃん注 「門」 / 忘れがたみ~完

   門

 

 見たこともない土地の夕暮であつた。若い男がとぼとぼと砂の道を歩いて行つた。糠のやうな砂は男の踵を沒し、一足ごとに疲れは加はつてゐた。それでも男は歩いて行かなければならなかつた。炎暑のほとぼりをもつた空には低く雲が迷つてゐ、行手は茫漠として果しもないやうであつた。

 若者は立留まつて、ふと、

「遠い遠い道だなあ」と嘆息した。

「どこを歩いてゐるのです」と、その時頭上の雲の裂間から母親の聲が洩れた。

「遠い、遠い道……」若者はしづかに答へた。

 しばらくすると、若者の目の前には大きな大きな琥珀色の石の砦が現れて來た。彼はやや嬉しげにその城門を見上げようとした。だが、城門のてつぺんは目もとどかない大空の高みにあつた。

「高い高い門だなあ」と彼は力無げに呟いた。

「どんな風な門なのです」と今度は前よりもつと感動にふるへる母親の聲がした。

「大きな、大きな門……」彼は低く低くうなだれるやうに應へた。

 息子を喪つた婦人が私の妻の七七忌にやつて來て、臨終の話をしてゐた。その話を私はいつのまにか、こんな風な夢につくりかへてゐた。

« 忘れがたみ 原民喜 (恣意的正字化版) 附やぶちゃん注 「霜の宿」 | トップページ | 和漢三才圖會卷第五十二 蟲部 蠅虎 »