フォト

カテゴリー

サイト増設コンテンツ及びブログ掲載の特異点テクスト等一覧(2008年1月以降)

The Picture of Dorian Gray

  • Sans Souci
    畢竟惨めなる自身の肖像

Alice's Adventures in Wonderland

  • ふぅむ♡
    僕の三女アリスのアルバム

忘れ得ぬ人々:写真版

  • 縄文の母子像 後影
    ブログ・カテゴリの「忘れ得ぬ人々」の写真版

Exlibris Puer Eternus

  • 吾輩ハ僕ノ頗ル氣ニ入ツタ教ヘ子ノ猫デアル
    僕が立ち止まって振り向いた君のArt

SCULPTING IN TIME

  • 熊野波速玉大社牛王符
    写真帖とコレクションから

Pierre Bonnard Histoires Naturelles

  • 樹々の一家   Une famille d'arbres
    Jules Renard “Histoires Naturelles”の全挿絵 岸田国士訳本文は以下 http://yab.o.oo7.jp/haku.html

僕の視線の中のCaspar David Friedrich

  • 海辺の月の出(部分)
    1996年ドイツにて撮影

シリエトク日記写真版

  • 地の涯の岬
    2010年8月1日~5日の知床旅情(2010年8月8日~16日のブログ「シリエトク日記」他全18篇を参照されたい)

氷國絶佳瀧篇

  • Gullfoss
    2008年8月9日~18日のアイスランド瀧紀行(2008年8月19日~21日のブログ「氷國絶佳」全11篇を参照されたい)

Air de Tasmania

  • タスマニアの幸せなコバヤシチヨジ
    2007年12月23~30日 タスマニアにて (2008年1月1日及び2日のブログ「タスマニア紀行」全8篇を参照されたい)

僕の見た三丁目の夕日

  • blog-2007-7-29
    遠き日の僕の絵日記から
無料ブログはココログ

« 芥川龍之介「侏儒の言葉」(やぶちゃん合成完全版 附やぶちゃん注釈) チエホフの言葉 | トップページ | 芥川龍之介「侏儒の言葉」(やぶちゃん合成完全版 附やぶちゃん注釈)  處女崇拜 »

2016/05/27

芥川龍之介「侏儒の言葉」(やぶちゃん合成完全版 附やぶちゃん注釈)  服裝

 

       服裝

 

 少くとも女人の服裝は女人自身の一部である。啓吉の誘惑に陷らなかつたのは勿論道念にも依つたのであらう。が、彼を誘惑した女人は啓吉の妻の借着をしてゐる。もし借着をしてゐなかつたとすれば、啓吉もさほど樂々とは誘惑の外に出られなかつたかも知れない。

 註 菊池寛氏の「啓吉の誘惑」を見よ。

 

[やぶちゃん注:大正一三(一九二四)年八月号『文藝春秋』巻頭に前の「民衆」(三章)「チエホフの言葉」と、後の「處女崇拜」(三章)「禮法」とともに全九章で初出する。それにしても如何にもな宣伝広告アフォリズムである。これは『文藝春秋』の巻頭言の一節である。『文藝春秋』の刊行者(同社創業と同時に私費で創刊)は芥川龍之介の盟友菊池寛である。これを読んだら、有意な読者は、頗る次元の低い興味から、その菊池の小説を読まずにはいられなくなるという寸法である。以下の私の最初の注も参照のこと。

 

・「啓吉の誘惑に陷らなかつた」『菊池寛氏の「啓吉の誘惑」』この二年前の大正一〇(一九二一)『新潮』に初出した菊池寛の小説。彼は同一の主人公啓吉(筆者自身の分身)を配した小説を多作、「啓吉物」と呼ばれ、まさにこの年大正十三年二月にこの「啓吉の誘惑」も所収する啓吉物の一括単行本「啓吉物語が玄文社よし刊行されている。リンク先は国立国会図書館デジタルコレクションの現物。総て画像で読める。岩波新全集の山田俊治氏の注によれば、『啓吉は、愛読者と称する住込みの女中を浅草オペラに誘い、妻の着物を着せて出掛ける。劇場で彼女に欲望を抱くが、妻の借着に戒められて何事もなく帰宅する。しかし、後で彼女が高等淫売だったことを知り、自分の態度を滑稽に思うとともに、正しいことをしたとも思い直すという内容』とある。かく知ってしまうと、おそよ龍之介に、見よ、と言われても一向見る気の起こらぬ内容である。

・「誘惑の外」「外」は「そと」。「誘惑の外に出」るで、誘惑を受けずに辛くも離れることを指す。]

« 芥川龍之介「侏儒の言葉」(やぶちゃん合成完全版 附やぶちゃん注釈) チエホフの言葉 | トップページ | 芥川龍之介「侏儒の言葉」(やぶちゃん合成完全版 附やぶちゃん注釈)  處女崇拜 »