フォト

カテゴリー

サイト増設コンテンツ及びブログ掲載の特異点テクスト等一覧(2008年1月以降)

The Picture of Dorian Gray

  • Sans Souci
    畢竟惨めなる自身の肖像

Alice's Adventures in Wonderland

  • ふぅむ♡
    僕の三女アリスのアルバム

忘れ得ぬ人々:写真版

  • 縄文の母子像 後影
    ブログ・カテゴリの「忘れ得ぬ人々」の写真版

Exlibris Puer Eternus

  • 吾輩ハ僕ノ頗ル氣ニ入ツタ教ヘ子ノ猫デアル
    僕が立ち止まって振り向いた君のArt

SCULPTING IN TIME

  • 熊野波速玉大社牛王符
    写真帖とコレクションから

Pierre Bonnard Histoires Naturelles

  • 樹々の一家   Une famille d'arbres
    Jules Renard “Histoires Naturelles”の全挿絵 岸田国士訳本文は以下 http://yab.o.oo7.jp/haku.html

僕の視線の中のCaspar David Friedrich

  • 海辺の月の出(部分)
    1996年ドイツにて撮影

シリエトク日記写真版

  • 地の涯の岬
    2010年8月1日~5日の知床旅情(2010年8月8日~16日のブログ「シリエトク日記」他全18篇を参照されたい)

氷國絶佳瀧篇

  • Gullfoss
    2008年8月9日~18日のアイスランド瀧紀行(2008年8月19日~21日のブログ「氷國絶佳」全11篇を参照されたい)

Air de Tasmania

  • タスマニアの幸せなコバヤシチヨジ
    2007年12月23~30日 タスマニアにて (2008年1月1日及び2日のブログ「タスマニア紀行」全8篇を参照されたい)

僕の見た三丁目の夕日

  • blog-2007-7-29
    遠き日の僕の絵日記から
無料ブログはココログ

« 散步詩集 (全)   立原道造 | トップページ | 芥川龍之介「侏儒の言葉」(やぶちゃん合成完全版 附やぶちゃん注釈) 小説家 »

2016/06/13

芥川龍之介「侏儒の言葉」(やぶちゃん合成完全版 附やぶちゃん注釈) 彼の幸福

 

       彼の幸福

 

 彼の幸福は彼自身の教養のないことに存してゐる。同時に又彼の不幸も、――ああ、何と云ふ退屈さ加減!

 

[やぶちゃん注:これはごく当たり前の捻りのないつまらぬアフォリズムに見える。実際、洋の東西を問わず、どこかの自称哲人・思想家が宣うていておかしくない見かけ上、陳腐な箴言である。ところが一つ気がつくことがある。この末尾に配された、特異点の龍之介の肉声の嘆息「――ああ、何と云ふ退屈さ加減!」である。これはもうお分かりの通り、先の「結婚」の二章目で、

   *

 彼は二十代に結婚した後、一度も戀愛關係に陷らなかつた。何と言ふ俗惡さ加減!

   *

と、酷似した形で既出しているのである。そこで考える。本章は「教養のない」「彼」とは芥川龍之介以外の誰彼(「過半の大衆」と言い換えてもよいと思う。これは大いに大衆に遠慮して、である)である。とすれば、我々は「結婚」のようにこの「彼」を芥川龍之介に読み換えることで、このアフォリズムを次のように容易に書き換えることが出来る。

   《言換版開始》

 

       彼の幸福

 

 彼の幸福は彼自身の教養の頗る富んでゐることに存してゐる。同時に又彼の不幸も、――ああ、何と云ふ退屈さ加減!

 

   《言換版終了》

芥川龍之介がここで本当に言いたかったのは、衆愚の幸福/不幸の真の属性などではなかった。彼自身の智故(ゆえ)の地獄のような孤高であり続けることの幸福めいた地獄と、不幸にして幸福なな愚衆らと、遂に繋がることのない不幸なる孤独地獄の醜状をこそ述べたかったのではあるまいか?]

« 散步詩集 (全)   立原道造 | トップページ | 芥川龍之介「侏儒の言葉」(やぶちゃん合成完全版 附やぶちゃん注釈) 小説家 »