フォト

カテゴリー

サイト増設コンテンツ及びブログ掲載の特異点テクスト等一覧(2008年1月以降)

The Picture of Dorian Gray

  • Sans Souci
    畢竟惨めなる自身の肖像

Alice's Adventures in Wonderland

  • ふぅむ♡
    僕の三女アリスのアルバム

忘れ得ぬ人々:写真版

  • 縄文の母子像 後影
    ブログ・カテゴリの「忘れ得ぬ人々」の写真版

Exlibris Puer Eternus

  • 吾輩ハ僕ノ頗ル氣ニ入ツタ教ヘ子ノ猫デアル
    僕が立ち止まって振り向いた君のArt

SCULPTING IN TIME

  • 熊野波速玉大社牛王符
    写真帖とコレクションから

Pierre Bonnard Histoires Naturelles

  • 樹々の一家   Une famille d'arbres
    Jules Renard “Histoires Naturelles”の全挿絵 岸田国士訳本文は以下 http://yab.o.oo7.jp/haku.html

僕の視線の中のCaspar David Friedrich

  • 海辺の月の出(部分)
    1996年ドイツにて撮影

シリエトク日記写真版

  • 地の涯の岬
    2010年8月1日~5日の知床旅情(2010年8月8日~16日のブログ「シリエトク日記」他全18篇を参照されたい)

氷國絶佳瀧篇

  • Gullfoss
    2008年8月9日~18日のアイスランド瀧紀行(2008年8月19日~21日のブログ「氷國絶佳」全11篇を参照されたい)

Air de Tasmania

  • タスマニアの幸せなコバヤシチヨジ
    2007年12月23~30日 タスマニアにて (2008年1月1日及び2日のブログ「タスマニア紀行」全8篇を参照されたい)

僕の見た三丁目の夕日

  • blog-2007-7-29
    遠き日の僕の絵日記から
無料ブログはココログ

« 芥川龍之介「侏儒の言葉」(やぶちゃん合成完全版 附やぶちゃん注釈) 罰 | トップページ | 芥川龍之介「侏儒の言葉」(やぶちゃん合成完全版 附やぶちゃん注釈) わたし »

2016/06/17

芥川龍之介「侏儒の言葉」(やぶちゃん合成完全版 附やぶちゃん注釈) 罪

 

       罪

 

 道德的並びに法律的範圍に於ける冐險的行爲、――罪は畢竟かう云ふことである。從つて又どう云ふ罪も傳奇的色彩を帶びないことはない。

 

[やぶちゃん注:前章の「罰」――「罰せられぬことほど苦しい罰はない。それも決して罰せられぬと神々でも保證すれば別問題である。」の黒いマントを跳ねらかすと、鮮やかな赤い裏地が翻った。遂に「罰」を受けないのなら……私はあらゆる快楽としての「罪」を犯すことも厭わぬ……何故なら、それこそが、私芥川龍之介がどっぷりと漬かり込んできた偏愛する中国古来の伝奇小説の、洋の東西を問わぬ悪漢小説、ピカレスク・ロマン、時代も人物も超越しきったパラレル・ワールドとしての浄瑠璃歌舞伎、おどろおどろしい何でもありの江戸戯作、心惹かれてきた泉鏡花先生の深き碧き淵底へと私をいざなって呉れるから…………

 

・「道德的並びに法律的範圍に於ける冐險的行爲」やや龍之介にしては不全な表現である。「範圍に於ける冐險的行爲」では「罪」とすることは出来ないからである。ここは「道德的並びに法律的範圍の外緣へと出でんとする冐險的行爲」であろう。それが故意であるか未必の故意であるか全くの過失或いは偶然に拠るものかは問わない。問わないものの、その罪に相当する行為を成す者自身(罰する側ではないで注意)がわくわくするように「冐險的」と感じ、「傳奇的色彩を帶び」た「行爲」である「罪」とは確信犯か故意でないと面白くない。]

« 芥川龍之介「侏儒の言葉」(やぶちゃん合成完全版 附やぶちゃん注釈) 罰 | トップページ | 芥川龍之介「侏儒の言葉」(やぶちゃん合成完全版 附やぶちゃん注釈) わたし »