フォト

カテゴリー

サイト増設コンテンツ及びブログ掲載の特異点テクスト等一覧(2008年1月以降)

The Picture of Dorian Gray

  • Sans Souci
    畢竟惨めなる自身の肖像

Alice's Adventures in Wonderland

  • ふぅむ♡
    僕の三女アリスのアルバム

忘れ得ぬ人々:写真版

  • 縄文の母子像 後影
    ブログ・カテゴリの「忘れ得ぬ人々」の写真版

Exlibris Puer Eternus

  • 吾輩ハ僕ノ頗ル氣ニ入ツタ教ヘ子ノ猫デアル
    僕が立ち止まって振り向いた君のArt

SCULPTING IN TIME

  • 熊野波速玉大社牛王符
    写真帖とコレクションから

Pierre Bonnard Histoires Naturelles

  • 樹々の一家   Une famille d'arbres
    Jules Renard “Histoires Naturelles”の全挿絵 岸田国士訳本文は以下 http://yab.o.oo7.jp/haku.html

僕の視線の中のCaspar David Friedrich

  • 海辺の月の出(部分)
    1996年ドイツにて撮影

シリエトク日記写真版

  • 地の涯の岬
    2010年8月1日~5日の知床旅情(2010年8月8日~16日のブログ「シリエトク日記」他全18篇を参照されたい)

氷國絶佳瀧篇

  • Gullfoss
    2008年8月9日~18日のアイスランド瀧紀行(2008年8月19日~21日のブログ「氷國絶佳」全11篇を参照されたい)

Air de Tasmania

  • タスマニアの幸せなコバヤシチヨジ
    2007年12月23~30日 タスマニアにて (2008年1月1日及び2日のブログ「タスマニア紀行」全8篇を参照されたい)

僕の見た三丁目の夕日

  • blog-2007-7-29
    遠き日の僕の絵日記から
無料ブログはココログ

« 眼から鱗ならぬ頭から頸 | トップページ | サイト「鬼火」開設11周年記念 芥川龍之介「奉教人の死」(自筆原稿復元版) »

2016/06/25

和漢三才圖會卷第五十二 蟲部 牛蝨

Usijirami

うしのしらみ

牛蝨

ニウ スエツ

 

按牛虱與螕畧似而不同也形狀似陰虱而大也遺卵

 遍身無所不至故毛悉1脱不可療急用草烏頭汁或

[やぶちゃん注:「1」=「亢」-(頂点の第一画)。]

 烟草汁頻注之可愈

たつのしらみ

龍蝨

[やぶちゃん注:以下は、底本では「龍蝨」の下に一字下げで二行で入る。]

 三才圖會云有龍虱似2蜋而小黒色兩翅

[やぶちゃん注:「2」=「虫」+「倉」。]

   六足秋月暴風起從海上飛來落水靣或池塘

 

 

うしのしらみ

牛蝨

ニウ スエツ

 

按ずるに、牛虱と螕〔(だに)とは〕畧〔(ほぼ)〕似而て同じからず。形狀、陰虱〔(つびじらみ)〕に似て、大なり。卵を遺して、遍身、至らざる所無し。故に、毛、悉く1〔(は)〕げ脱(ぬ)けて、療すべからず。急に草烏頭(とりかぶと)の汁、或いは烟草の汁を用ひて頻りに之れを注ぐ。愈〔(い)〕ゆべし。

[やぶちゃん注:「1」=「亢」-(頂点の第一画)。]

 

たつのしらみ

龍蝨 「三才圖會」云ふ、『龍の虱、有り。「2蜋〔(さうらう)〕」に似て小さく、黒色。兩の翅。六足。秋月に暴風(はやて)起(た)つとき、海上より飛來、水靣或いは池塘に落つ。』〔と。〕

[やぶちゃん注:「2」=「虫」+「倉」。]

 

[やぶちゃん注:私はこの「牛蝨」とは非常に高い確率で、シラミでもダニでもない、先の狗蠅の注で示したウマ・ウシ・イヌ・ウサギに寄生する、

双翅(ハエ)目短角(ハエ)亜目ハエ下目シラミバエ上科シラミバエ科 Hippoboscidae Hippoboscinae亜科Hippobosca属ウマシラミバエHippobosca equina

ではないかと思われる。そこでも述べた通り、かなり強烈なのでリンクは控えるが、画像検索で見ると、彼等は寄生生活に特化しているため、体がダニかシラミのような扁平な(しかし成虫は翅があって確かに蠅)形状に変化していて、それが牛の頸部などにおぞましいほどびっしりと吸着している状態を現認出来たからである。いや、もの凄い、わ。

 

・「草烏頭(とりかぶと)」前項にも出たが、今回は三文字に分かり易い現在の和名と同じものをルビする(底本のそれはカタカナだからより和名っぽい)。モクレン亜綱キンポウゲ目キンポウゲ科トリカブト属 Aconitumの塊根を乾燥させたもので、狂言の「附子(ぶす)」(但し、生薬名では「ぶし」、毒物として使う際に「ぶす」と呼んだ)で知られる強毒性漢方薬。

・「愈〔(い)〕ゆべし」「愈」は「癒」と通じ、同義がある。

・「1〔(は)〕げ脱(ぬ)けて」(「1」=「亢」-(頂点の第一画)「禿」と同字らしい。

・「龍蝨」中文ウィキで一瞬にして氷解! 昆虫綱鞘翅(コウチュウ)目食肉(オサムシ)亜目オサムシ上科 Caraboidea の数科に跨る水生昆虫ゲンゴロウ(源五郎)類のことだ(正統に和名として名にし負うのは、ゲンゴロウ科ゲンゴロウ亜科 Cybistrini 族ゲンゴロウ属ゲンゴロウ(オオゲンゴロウ)Cybister japonicus であるが、絶滅危惧類(VU)。大きな個体は四センチメートルを越える)。確かに! 「水」を掌る巨大爬虫類の龍につくシラミなら水棲で、しかもこれっくらいデッカくなくっちゃ、ね!

・『「三才圖會」云ふ』中文サイトの「三才圖會」の全文検索でいろいろやってみたが、見当たらない。良安先生、これ、本当に「三才図会」からの引用ですか?

・「2蜋〔(さうらう)〕」(「2」=「虫」+「倉」)陸生甲虫類の一種を指していることは分かる。

・「水靣」水面。東洋文庫版現代語訳は「水面」とし、「面」にママ注記を附し、割注で『田』としている。他の箇所には見られない妙な拘りが訳に感じられて面白い。

・「池塘」小さな池や沼。]

« 眼から鱗ならぬ頭から頸 | トップページ | サイト「鬼火」開設11周年記念 芥川龍之介「奉教人の死」(自筆原稿復元版) »