フォト

カテゴリー

サイト増設コンテンツ及びブログ掲載の特異点テクスト等一覧(2008年1月以降)

The Picture of Dorian Gray

  • Sans Souci
    畢竟惨めなる自身の肖像

Alice's Adventures in Wonderland

  • ふぅむ♡
    僕の三女アリスのアルバム

忘れ得ぬ人々:写真版

  • 縄文の母子像 後影
    ブログ・カテゴリの「忘れ得ぬ人々」の写真版

Exlibris Puer Eternus

  • 吾輩ハ僕ノ頗ル氣ニ入ツタ教ヘ子ノ猫デアル
    僕が立ち止まって振り向いた君のArt

SCULPTING IN TIME

  • 熊野波速玉大社牛王符
    写真帖とコレクションから

Pierre Bonnard Histoires Naturelles

  • 樹々の一家   Une famille d'arbres
    Jules Renard “Histoires Naturelles”の全挿絵 岸田国士訳本文は以下 http://yab.o.oo7.jp/haku.html

僕の視線の中のCaspar David Friedrich

  • 海辺の月の出(部分)
    1996年ドイツにて撮影

シリエトク日記写真版

  • 地の涯の岬
    2010年8月1日~5日の知床旅情(2010年8月8日~16日のブログ「シリエトク日記」他全18篇を参照されたい)

氷國絶佳瀧篇

  • Gullfoss
    2008年8月9日~18日のアイスランド瀧紀行(2008年8月19日~21日のブログ「氷國絶佳」全11篇を参照されたい)

Air de Tasmania

  • タスマニアの幸せなコバヤシチヨジ
    2007年12月23~30日 タスマニアにて (2008年1月1日及び2日のブログ「タスマニア紀行」全8篇を参照されたい)

僕の見た三丁目の夕日

  • blog-2007-7-29
    遠き日の僕の絵日記から
無料ブログはココログ

« 芥川龍之介「侏儒の言葉」(やぶちゃん合成完全版 附やぶちゃん注釈) 勤儉尚武 | トップページ | 芥川龍之介「侏儒の言葉」(やぶちゃん合成完全版 附やぶちゃん注釈) 倭寇 »

2016/06/05

芥川龍之介「侏儒の言葉」(やぶちゃん合成完全版 附やぶちゃん注釈)  日本人

 

       日本人

 

 我我日本人の二千年來君に忠に親に孝だつたと思ふのは猿田彦命もコスメ・テイツクをつけてゐたと思ふのと同じことである。もうそろそろありのままの歷史的事實に徹して見ようではないか?

 

[やぶちゃん注:大正一四(一九二五)年五月号『文藝春秋』巻頭に、前の「兵卒」(二章)「軍事教育」「勤儉尚武」、後の「倭寇」「つれづれ草」と合わせて全七章で初出する。

 

・「猿田彦命」「さるたひこのみこと」と読む。記紀神話の天孫降臨に際し、その道案内をしたとされる異形の神。容貌魁偉にして、鼻は高く(実際に神楽や祭りの舞いなどでは赤面の天狗の面を猿田彦役が被るケースが多く見られる)身長は七尺を越える(二メートル強)とする。後世には庚申信仰や道祖神などとも結びついていて、比較的、メジャーな神である。然しながら、彼の髪は蓬髪の白髪で描かれることが多く、私は実はコスメチックがピンと来ない。黒々とした豊かな黒髪でビシッと決め、勇猛果敢に戦っても結髪一糸も乱れずとするなら、寧ろ、私は素戔嗚命(すさのおのみこと)や日本武尊(やまとたけるのみこと)としたくなるのである。実は何で「猿田彦命」なのか、高校時代からずうっと気になってしょうがないのである。諸注も遂にそれを解き明かして呉れていない。何方か、この老いぼれの永年の悩みを解いて下さらぬか? 【緊急追記】……とここでアップしたところが、三女のアリスがお散歩連れてってワンワンを始めたので散歩に出た……犬……犬猿……猿――うん?!――猿! そうだ! これは「猿田彦」神に意味があるんじゃあ、ないんだ! 「猿」なんだ! 龍之介は進化論に引っ掛けて日本神話をパロったのだ! 猿、ホモ・サピエンス以前の猿人や猿「もコスメ・テイツクをつけてゐたと思ふの」は馬鹿げたことだ、と龍之介は言っているんだ! さすれば、まっこと、面白や! 中国の孫悟空もインド神話のハヌマーンも実はダーゥイン以前に猿から人が進化していたと無意識に感じていたんじゃないか? などと考えると、これまた面白いぞ! 四十数年の不審が一瞬の「機」を以って雲散霧消! アリス禪師! 五体投地して謝しまする!

・「コスメ・テイツク」cosmetic。白蠟(はくろう:虫白蠟 insect wax。別名をイボタ蠟などとも称する。キク亜綱ゴマノハグサ目モクセイ科イボタノキ属イボタノキ(水蝋樹・疣取木)Ligustrum obtusifoliumに群生する昆虫綱有翅昆虫亜綱半翅(カメムシ)目同翅(ヨコバイ)カイガラムシ上科カタカイガラムシ科イボタロウカイガラムシ属イボタロウカイガラムシ Ericerus pela(一属一種)が分泌するものから採取した動物性油脂)やパラフィン(paraffin:石油から分離される白色半透明の固体)などに香料を加えて棒状に練り固めた男性用の固形髪油。]

« 芥川龍之介「侏儒の言葉」(やぶちゃん合成完全版 附やぶちゃん注釈) 勤儉尚武 | トップページ | 芥川龍之介「侏儒の言葉」(やぶちゃん合成完全版 附やぶちゃん注釈) 倭寇 »