フォト

カテゴリー

サイト増設コンテンツ及びブログ掲載の特異点テクスト等一覧(2008年1月以降)

The Picture of Dorian Gray

  • Sans Souci
    畢竟惨めなる自身の肖像

Alice's Adventures in Wonderland

  • ふぅむ♡
    僕の三女アリスのアルバム

忘れ得ぬ人々:写真版

  • 縄文の母子像 後影
    ブログ・カテゴリの「忘れ得ぬ人々」の写真版

Exlibris Puer Eternus

  • 吾輩ハ僕ノ頗ル氣ニ入ツタ教ヘ子ノ猫デアル
    僕が立ち止まって振り向いた君のArt

SCULPTING IN TIME

  • 熊野波速玉大社牛王符
    写真帖とコレクションから

Pierre Bonnard Histoires Naturelles

  • 樹々の一家   Une famille d'arbres
    Jules Renard “Histoires Naturelles”の全挿絵 岸田国士訳本文は以下 http://yab.o.oo7.jp/haku.html

僕の視線の中のCaspar David Friedrich

  • 海辺の月の出(部分)
    1996年ドイツにて撮影

シリエトク日記写真版

  • 地の涯の岬
    2010年8月1日~5日の知床旅情(2010年8月8日~16日のブログ「シリエトク日記」他全18篇を参照されたい)

氷國絶佳瀧篇

  • Gullfoss
    2008年8月9日~18日のアイスランド瀧紀行(2008年8月19日~21日のブログ「氷國絶佳」全11篇を参照されたい)

Air de Tasmania

  • タスマニアの幸せなコバヤシチヨジ
    2007年12月23~30日 タスマニアにて (2008年1月1日及び2日のブログ「タスマニア紀行」全8篇を参照されたい)

僕の見た三丁目の夕日

  • blog-2007-7-29
    遠き日の僕の絵日記から
無料ブログはココログ

« 芥川龍之介「侏儒の言葉」(やぶちゃん合成完全版 附やぶちゃん注釈) 言葉 | トップページ | 芥川龍之介「侏儒の言葉」(やぶちゃん合成完全版 附やぶちゃん注釈) 阿呆 »

2016/06/13

芥川龍之介「侏儒の言葉」(やぶちゃん合成完全版 附やぶちゃん注釈) 或物質主義者の信條

 

       或物質主義者の信條

 

 「わたしは神を信じてゐない。しかし神經を信じてゐる。」

 

[やぶちゃん注:これは後出る、複数の「私」の中の知られた一章、

   *

       わたし

 わたしは良心を持つてゐない。わたしの持つてゐるのは神經ばかりである。

   *

を想起させるものの、どうもしっくりこない。確かに、芥川龍之介は同時期の執筆になる「齒車」の中でかく語ってはいる。

   *

……先生、A先生、――それは僕にはこの頃では最も不快な言葉だつた。僕はあらゆる罪惡を犯してゐることを信じてゐた。しかも彼等(ら)は何かの機會に僕を先生と呼びつづけてゐた。僕はそこに僕を嘲る何ものかを感じずにはゐられなかつた。何ものかを?――しかし僕の物質主義は神祕主義を拒絶せずにはゐられなかつた。僕はつひ二三箇月前にも或小さい同人雜誌にかう云ふ言葉を發表してゐた。――「僕は藝術的良心を始め、どう云ふ良心も持つてゐない。僕の持つてゐるのは神經だけである。」………

   *

 

問題は「僕の物質主義」という謂いである。そもそもこれは唯物主義と同義では、実はない。辞書を引いても、「物質・金銭の充足を第一として、精神面を軽視する考え方」とある。しかし、我々は芥川龍之介の作品群や彼の人生にそのような決定的属性を見出だし得るであろうか? 私は「ノー」と鮮やかに答える。そうして、芥川龍之介は遂に「神を信じ」ることはなかったが、しかし、では、この「わたし」のアフォリズムと直流に繋げ、芥川龍之介は冷徹無比な「物質主義者」であったかと言われると、私は首を傾げざるを得ないからである。物質主義者は確かに十分条件としては「良心」を持たないという十分条件の属性があると規定することは肯んじよう。だが、物質主義者に対して――あなた「は良心を持つてゐない。」あなた「の持つてゐるのは神經ばかりである。」――であると断じた時、どれだけの「物質主義者」がそれにイエスと答えるかを考えてみるならば、私の疑問は納得戴けるものと思うのである。私はこの二つのアフォリズムは酷似しなからも、全然別なことを表明しているように思えてならないのである。正直、「齒車」の「僕の物質主義」なる表現は一種自己韜晦のポーズ、或いは「僕」にのみ理解される孤独で特異な「物質主義」なるものが、龍之介のなかにあったのではないかと強く感じるのである。だからこそこのアフォリズムでも標題を「物質主義者の信條」と限定したのではなかったか? 但し、現時点では、これ以上、その問題を掘り下げるだけの中身を、貧しく疲弊した私は持ち合わせていないようにも感じている。また、何かが私の挫滅した脳に閃くことのあれば、追記したいとは思っている。]

« 芥川龍之介「侏儒の言葉」(やぶちゃん合成完全版 附やぶちゃん注釈) 言葉 | トップページ | 芥川龍之介「侏儒の言葉」(やぶちゃん合成完全版 附やぶちゃん注釈) 阿呆 »