フォト

カテゴリー

サイト増設コンテンツ及びブログ掲載の特異点テクスト等一覧(2008年1月以降)

The Picture of Dorian Gray

  • Sans Souci
    畢竟惨めなる自身の肖像

Alice's Adventures in Wonderland

  • ふぅむ♡
    僕の三女アリスのアルバム

忘れ得ぬ人々:写真版

  • 縄文の母子像 後影
    ブログ・カテゴリの「忘れ得ぬ人々」の写真版

Exlibris Puer Eternus

  • 吾輩ハ僕ノ頗ル氣ニ入ツタ教ヘ子ノ猫デアル
    僕が立ち止まって振り向いた君のArt

SCULPTING IN TIME

  • 熊野波速玉大社牛王符
    写真帖とコレクションから

Pierre Bonnard Histoires Naturelles

  • 樹々の一家   Une famille d'arbres
    Jules Renard “Histoires Naturelles”の全挿絵 岸田国士訳本文は以下 http://yab.o.oo7.jp/haku.html

僕の視線の中のCaspar David Friedrich

  • 海辺の月の出(部分)
    1996年ドイツにて撮影

シリエトク日記写真版

  • 地の涯の岬
    2010年8月1日~5日の知床旅情(2010年8月8日~16日のブログ「シリエトク日記」他全18篇を参照されたい)

氷國絶佳瀧篇

  • Gullfoss
    2008年8月9日~18日のアイスランド瀧紀行(2008年8月19日~21日のブログ「氷國絶佳」全11篇を参照されたい)

Air de Tasmania

  • タスマニアの幸せなコバヤシチヨジ
    2007年12月23~30日 タスマニアにて (2008年1月1日及び2日のブログ「タスマニア紀行」全8篇を参照されたい)

僕の見た三丁目の夕日

  • blog-2007-7-29
    遠き日の僕の絵日記から
無料ブログはココログ

« 芥川龍之介「侏儒の言葉」(やぶちゃん合成完全版 附やぶちゃん注釈) 賭博(三章) | トップページ | 芥川龍之介「侏儒の言葉」(やぶちゃん合成完全版 附やぶちゃん注釈)  正直 »

2016/06/05

芥川龍之介「侏儒の言葉」(やぶちゃん合成完全版 附やぶちゃん注釈)  懷疑主義

 

       懷疑主義

 

 懷疑主義も一つの信念の上に、――疑ふことは疑はぬと言ふ信念の上に立つものである。成程それは矛盾かも知れない。しかし懷疑主義は同時に又少しも信念の上に立たぬ哲學のあることをも疑ふものである。

 

[やぶちゃん注:大正一四(一九二五)年四月号『文藝春秋』巻頭に、前の「賭博」(三章)と、後の「正直」「虛僞」(三章)「諸君」(二章)「忍從」「企圖」(二章)と合わせて全十三章で初出する。これは見かけ上、トートロジー(同語反復)のように見えるがそうではなく、真の懐疑主義とは、哲学・宗教・思想・信条と呼称する対象は孰れも信念の上に立ったものであるという立場に立って、それらを真摯に懐疑するものである、と言っているのである。それを反転させれば、懐疑主義とは個々の哲学・宗教・思想・信条に真摯に一対一で対峙し、そこで感じた疑問をその対象や、それを諸手を挙げて讃美したり、無条件に信望したり、それに命を殉じても惜しくないなどとほざく連中に投げかけ、その哲学・宗教・思想・信条の実相を明らかにしようとする思考法であると言っているのである。しかし考えてみると、このアフォリズムはもっと絶望的な世界を開示してはおるまいか? 神仏の存在など信じてもいない無数の信者を抱え込んだ教祖たち――垂れ流される放射線を放置して民衆を死に至らしめても屁とも思わぬ民主主義を標榜する政治家――ゲンジホタルやムツゴロウを守ると称してヘイケボタルや微小貝類地味を絶滅に追い込んで恥じないナチュラリストども――実は正当にして必要欠くべからざるものである懐疑主義が通用しない「少しも信念の上に立たぬ哲學」が蔓延している世界が、今、我々の目の前に現前しているではないか!……]

« 芥川龍之介「侏儒の言葉」(やぶちゃん合成完全版 附やぶちゃん注釈) 賭博(三章) | トップページ | 芥川龍之介「侏儒の言葉」(やぶちゃん合成完全版 附やぶちゃん注釈)  正直 »