フォト

カテゴリー

サイト増設コンテンツ及びブログ掲載の特異点テクスト等一覧(2008年1月以降)

The Picture of Dorian Gray

  • Sans Souci
    畢竟惨めなる自身の肖像

Alice's Adventures in Wonderland

  • ふぅむ♡
    僕の三女アリスのアルバム

忘れ得ぬ人々:写真版

  • 縄文の母子像 後影
    ブログ・カテゴリの「忘れ得ぬ人々」の写真版

Exlibris Puer Eternus

  • 吾輩ハ僕ノ頗ル氣ニ入ツタ教ヘ子ノ猫デアル
    僕が立ち止まって振り向いた君のArt

SCULPTING IN TIME

  • 熊野波速玉大社牛王符
    写真帖とコレクションから

Pierre Bonnard Histoires Naturelles

  • 樹々の一家   Une famille d'arbres
    Jules Renard “Histoires Naturelles”の全挿絵 岸田国士訳本文は以下 http://yab.o.oo7.jp/haku.html

僕の視線の中のCaspar David Friedrich

  • 海辺の月の出(部分)
    1996年ドイツにて撮影

シリエトク日記写真版

  • 地の涯の岬
    2010年8月1日~5日の知床旅情(2010年8月8日~16日のブログ「シリエトク日記」他全18篇を参照されたい)

氷國絶佳瀧篇

  • Gullfoss
    2008年8月9日~18日のアイスランド瀧紀行(2008年8月19日~21日のブログ「氷國絶佳」全11篇を参照されたい)

Air de Tasmania

  • タスマニアの幸せなコバヤシチヨジ
    2007年12月23~30日 タスマニアにて (2008年1月1日及び2日のブログ「タスマニア紀行」全8篇を参照されたい)

僕の見た三丁目の夕日

  • blog-2007-7-29
    遠き日の僕の絵日記から
無料ブログはココログ

« 芥川龍之介「侏儒の言葉」(やぶちゃん合成完全版 附やぶちゃん注釈) 人間的な | トップページ | 芥川龍之介「侏儒の言葉」(やぶちゃん合成完全版 附やぶちゃん注釈) 罪 »

2016/06/17

芥川龍之介「侏儒の言葉」(やぶちゃん合成完全版 附やぶちゃん注釈) 罰

 

       罰

 

 罰せられぬことほど苦しい罰はない。それも決して罰せられぬと神々でも保證すれば別問題である。

 

[やぶちゃん注:芥川龍之介は、二つ前の「外見」では「由來最大の臆病者ほど最大の勇者に見えるものはない。」と言った。

 「臆病者」とは常に漠然と何ものかに「罰せられ」るのではないか、と病的に感じ続ける者の謂いである。

 前の「人間的な」では「我我人間の特色は神の決して犯さない過失を犯すと云ふことである。」と言った。

 「過失を犯」した者はその軽重によって相応の「罰」を受けるのが当然である――はず――である。

 既に先に「神」の二章目で龍之介は「我我は神を罵殺する無數の理由を發見してゐる。が、不幸にも日本人は罵殺するのに價ひするほど、全能の神を信じてゐない。」とやらかしている。

 「罵殺するのに價ひするほど、全能の神を信じてゐない」「日本人」が、その程度の「神々」から「決して罰せられぬと」「保證」されたとしても「別問題」として安心など出来る筈はない。

 ここでは寧ろ、龍之介は、

「誰か私を罰して呉れ!」

と叫んでいるのである。「罰せられぬことほど苦しい罰はない」という冒頭こそが真意であり、二文はその悲痛な心底の叫喚を照れ隠しする龍之介得意の売文者の、誰も笑って呉れない一発芸の哀れなポーズに過ぎないのである。

「誰か私を罰して呉れ!……」

恐らくは龍之介の言葉は、こう続く……

「誰か私を罰して呉れ! そうすれば私は自死せずに済むかも知れぬから!…………」]

« 芥川龍之介「侏儒の言葉」(やぶちゃん合成完全版 附やぶちゃん注釈) 人間的な | トップページ | 芥川龍之介「侏儒の言葉」(やぶちゃん合成完全版 附やぶちゃん注釈) 罪 »