フォト

カテゴリー

サイト増設コンテンツ及びブログ掲載の特異点テクスト等一覧(2008年1月以降)

The Picture of Dorian Gray

  • Sans Souci
    畢竟惨めなる自身の肖像

Alice's Adventures in Wonderland

  • ふぅむ♡
    僕の三女アリスのアルバム

忘れ得ぬ人々:写真版

  • 縄文の母子像 後影
    ブログ・カテゴリの「忘れ得ぬ人々」の写真版

Exlibris Puer Eternus

  • 吾輩ハ僕ノ頗ル氣ニ入ツタ教ヘ子ノ猫デアル
    僕が立ち止まって振り向いた君のArt

SCULPTING IN TIME

  • 熊野波速玉大社牛王符
    写真帖とコレクションから

Pierre Bonnard Histoires Naturelles

  • 樹々の一家   Une famille d'arbres
    Jules Renard “Histoires Naturelles”の全挿絵 岸田国士訳本文は以下 http://yab.o.oo7.jp/haku.html

僕の視線の中のCaspar David Friedrich

  • 海辺の月の出(部分)
    1996年ドイツにて撮影

シリエトク日記写真版

  • 地の涯の岬
    2010年8月1日~5日の知床旅情(2010年8月8日~16日のブログ「シリエトク日記」他全18篇を参照されたい)

氷國絶佳瀧篇

  • Gullfoss
    2008年8月9日~18日のアイスランド瀧紀行(2008年8月19日~21日のブログ「氷國絶佳」全11篇を参照されたい)

Air de Tasmania

  • タスマニアの幸せなコバヤシチヨジ
    2007年12月23~30日 タスマニアにて (2008年1月1日及び2日のブログ「タスマニア紀行」全8篇を参照されたい)

僕の見た三丁目の夕日

  • blog-2007-7-29
    遠き日の僕の絵日記から
無料ブログはココログ

« 芥川龍之介「侏儒の言葉」(やぶちゃん合成完全版 附やぶちゃん注釈) レニン | トップページ | 芥川龍之介「侏儒の言葉」(やぶちゃん合成完全版 附やぶちゃん注釈)  懷疑主義 »

2016/06/05

芥川龍之介「侏儒の言葉」(やぶちゃん合成完全版 附やぶちゃん注釈) 賭博(三章)

 

       賭博

 

 偶然即ち神と鬪ふものは常に神祕的威嚴に滿ちてゐる。賭博者も亦この例に洩れない。

 

       又

 

 古來賭博に熱中した厭世主義者のないことは如何に賭博の人生に酷似してゐるかを示すものである。

 

       又

 

 法律の賭博を禁ずるのは賭博に依る富の分配法そのものを非とする爲ではない。實は唯その經濟的ディレツタンティズムを非とする爲である。

 

[やぶちゃん注:大正一四(一九二五)年四月号『文藝春秋』巻頭に、後の「懷疑主義」「正直」「虛僞」(三章)「諸君」(二章)「忍從」「企圖」(二章)と合わせて全十三章で初出する。余り知られているとは思われないので言っておくと、龍之介は花札の「こいこい」を非常に好んだ。実は私は賭け事は全く不案内で、賭け事はただ一度しかしたことがない。「ばんえい競馬」に友達に連れられて行き、妻誕生日の日付なんぞの馬券を買ったりして数千円をすったのは二年前のことで、その五十七の時が人生初めての賭け事経験であった(いや、考えてみれば、結婚とは人生の命運を左右する一つの大きな賭け事とは言える)。因みに、麻雀のルールも私は知らない(いやいや、それどころか、私の異常なのは野球のルールさえも知らないことである)。しかし、だからこそ最初と二番目のアフォリズムを読むと、思わず相槌を打ってしまう私がいる。確かに私は神秘的な威厳とは無縁であるし、人生を楽天的には生きていないから。

 

・「經濟的ディレツタンティズム」「ディレツタンティズム」の「ディレッタント」は元はフランス語の「dilettante」で、学問・芸術などを趣味として愛好する好事家(こうずか)の謂いであるが、ここはそれから出た英語の「dilettantism」でディレッタント風・芸術趣味、或いは揶揄を強く込めた道楽・半可通の謂いであるから、この部分の意味は、金銭所得を得るに際し、正当・相当な体力や知力消耗の労働に対する報酬としてそれを得るのではなく、それを道楽や趣味として楽しむことをメインとし、従でそれら得る(多寡を問わず)ことを指して言っているのであろう。]

« 芥川龍之介「侏儒の言葉」(やぶちゃん合成完全版 附やぶちゃん注釈) レニン | トップページ | 芥川龍之介「侏儒の言葉」(やぶちゃん合成完全版 附やぶちゃん注釈)  懷疑主義 »