フォト

カテゴリー

サイト増設コンテンツ及びブログ掲載の特異点テクスト等一覧(2008年1月以降)

The Picture of Dorian Gray

  • Sans Souci
    畢竟惨めなる自身の肖像

Alice's Adventures in Wonderland

  • ふぅむ♡
    僕の三女アリスのアルバム

忘れ得ぬ人々:写真版

  • 縄文の母子像 後影
    ブログ・カテゴリの「忘れ得ぬ人々」の写真版

Exlibris Puer Eternus

  • 吾輩ハ僕ノ頗ル氣ニ入ツタ教ヘ子ノ猫デアル
    僕が立ち止まって振り向いた君のArt

SCULPTING IN TIME

  • 熊野波速玉大社牛王符
    写真帖とコレクションから

Pierre Bonnard Histoires Naturelles

  • 樹々の一家   Une famille d'arbres
    Jules Renard “Histoires Naturelles”の全挿絵 岸田国士訳本文は以下 http://yab.o.oo7.jp/haku.html

僕の視線の中のCaspar David Friedrich

  • 海辺の月の出(部分)
    1996年ドイツにて撮影

シリエトク日記写真版

  • 地の涯の岬
    2010年8月1日~5日の知床旅情(2010年8月8日~16日のブログ「シリエトク日記」他全18篇を参照されたい)

氷國絶佳瀧篇

  • Gullfoss
    2008年8月9日~18日のアイスランド瀧紀行(2008年8月19日~21日のブログ「氷國絶佳」全11篇を参照されたい)

Air de Tasmania

  • タスマニアの幸せなコバヤシチヨジ
    2007年12月23~30日 タスマニアにて (2008年1月1日及び2日のブログ「タスマニア紀行」全8篇を参照されたい)

僕の見た三丁目の夕日

  • blog-2007-7-29
    遠き日の僕の絵日記から
無料ブログはココログ

« 現在進行中 | トップページ | 和漢三才圖會卷第五十二 蟲部 陰蝨 »

2016/06/23

感動!!! 「奉教人の死」自筆原稿!!!

作業中の「奉教人の死」自筆原稿復元版のクライマックス!――





 見られい。「しめおん」〔。〕見られい。傘張の

翁。御主「ぜす・きりしと」の御血潮よりも赤い、

光を一身に浴びて、声もなく橫はつ〔「えけれ〕

た、■〔しや」〕の門に橫はつた、いみじくも美しい少年

の胸には、焦げ破れた衣のひまから、ふく〔清〕

らかな二つの乳房が、玉のやうに露れて居る

 

ではないか。されば〔今は〕燒けただれた面輪(おもわ)にも、

自らなやさしさは、隱れようすべ〔も〕ござない〔あるまじい〕。おう、「ろおらん」は女ぢや。「ろおらん」は女ぢや。見られい。猛火を後にして、垣のやう

に佇んでゐる奉教人衆、ろおらん邪淫の戒を

破つたに由つて 「えけれしや」を逐はれた「ろお

らん」は 傘張の娘のやうな〔と同じ〕、 気髙くつつましく→眼なざしの〕あでや

かなこの国の女ぢや。



ここは現行では前の文章からだらだら続いていて、

   *

見られい。「しめおん」。見られい。傘張の翁。御主「ぜす・きりしと」の御血潮よりも赤い、火の光を一身に浴びて、聲もなく「さんた・るちや」の門に横はつた、いみじくも美しい少年の胸には、焦げ破れた衣のひまから、淸らかな二つの乳房が、玉のやうに露れて居るではないか。

   *

ところが、芥川龍之介の自筆原稿ではここでちゃんと改行されており(現在は改行がない。ここは誰がどう考えても改行すべきところだろ!)、しかも――

「淸らかな二つの乳房」

は抹消改稿前は、

「ふくらかな二つの乳房」

と判読出来た!!! デジャ・ヴュだ!!! 涙が出た!!!

« 現在進行中 | トップページ | 和漢三才圖會卷第五十二 蟲部 陰蝨 »