フォト

カテゴリー

サイト増設コンテンツ及びブログ掲載の特異点テクスト等一覧(2008年1月以降)

The Picture of Dorian Gray

  • Sans Souci
    畢竟惨めなる自身の肖像

Alice's Adventures in Wonderland

  • ふぅむ♡
    僕の三女アリスのアルバム

忘れ得ぬ人々:写真版

  • 縄文の母子像 後影
    ブログ・カテゴリの「忘れ得ぬ人々」の写真版

Exlibris Puer Eternus

  • 吾輩ハ僕ノ頗ル氣ニ入ツタ教ヘ子ノ猫デアル
    僕が立ち止まって振り向いた君のArt

SCULPTING IN TIME

  • 熊野波速玉大社牛王符
    写真帖とコレクションから

Pierre Bonnard Histoires Naturelles

  • 樹々の一家   Une famille d'arbres
    Jules Renard “Histoires Naturelles”の全挿絵 岸田国士訳本文は以下 http://yab.o.oo7.jp/haku.html

僕の視線の中のCaspar David Friedrich

  • 海辺の月の出(部分)
    1996年ドイツにて撮影

シリエトク日記写真版

  • 地の涯の岬
    2010年8月1日~5日の知床旅情(2010年8月8日~16日のブログ「シリエトク日記」他全18篇を参照されたい)

氷國絶佳瀧篇

  • Gullfoss
    2008年8月9日~18日のアイスランド瀧紀行(2008年8月19日~21日のブログ「氷國絶佳」全11篇を参照されたい)

Air de Tasmania

  • タスマニアの幸せなコバヤシチヨジ
    2007年12月23~30日 タスマニアにて (2008年1月1日及び2日のブログ「タスマニア紀行」全8篇を参照されたい)

僕の見た三丁目の夕日

  • blog-2007-7-29
    遠き日の僕の絵日記から
無料ブログはココログ

« 芥川龍之介「侏儒の言葉」(やぶちゃん合成完全版 附やぶちゃん注釈) 死 | トップページ | 芥川龍之介「侏儒の言葉」(やぶちゃん合成完全版 附やぶちゃん注釈) 運命 »

2016/06/15

芥川龍之介「侏儒の言葉」(やぶちゃん合成完全版 附やぶちゃん注釈) 「いろは」短歌

 

       「いろは」短歌

 

 我我の生活に缺くべからざる思想は或は「いろは」短歌に盡きてゐるかも知れない。

 

[やぶちゃん注:ここで芥川龍之介の言っている「いろは」短歌とは、「我我の生活に缺くべからざる思想」と言っている以上、知られた、「諸行無常、是生滅法、生滅滅已、寂滅爲樂」という仏法思想を詠んだとされる作者不詳の今様体の、

 

いろはにほへとちりぬるを(色は匂へど 散りぬるを)

わかよたれそつねならむ(我が世誰ぞ 常ならむ)

うゐのおくやまけふこえて(有爲の奥山 けふ越えて)

あさきゆめみしゑひもせす(淺き夢見じ 醉ひもせず)

 

を指すのではなく(前の「革命」の「娑婆苦」や「死」との連続性を考慮するならば、これもその一つに含まれると考えるのはよろしい)、寧ろ、「いろは」四十七文字と「京」の字をそれぞれ語頭に置いた、教訓的な歌や諺にした子供の教訓用喩え歌、江戸時代に盛んに行われて双六・カルタにつくられたそれ(例・「い」――「犬も歩けば棒に当たる」(江戸)・「一寸先は闇」(上方)・「一を聞いて十を知る」(尾張))を指すと読むべきである。筑摩全集類聚版脚注と新潮文庫の神田由美子氏は前者のみを指すとされるが、従えない。岩波新全集の奥野政元氏は私と同じものと注されておられる。実際、伊呂波歌留多のそれらを『「いろは」短歌』とも呼ぶのである。北村孝一氏のサイト内のいろはカルタのページの冒頭にある「芥川龍之介といろは短歌」を私の見解のよき援軍としてリンクさせておく。

 そもそもが、「いろはにほへとちりぬるを」というあの辛気臭いそれだけを、龍之介が限定的に「我我の生活に缺くべからざる思想」などと主張して、香を焚いている姿は、これ、慄っとしないではいられぬではないか?]

« 芥川龍之介「侏儒の言葉」(やぶちゃん合成完全版 附やぶちゃん注釈) 死 | トップページ | 芥川龍之介「侏儒の言葉」(やぶちゃん合成完全版 附やぶちゃん注釈) 運命 »