フォト

カテゴリー

サイト増設コンテンツ及びブログ掲載の特異点テクスト等一覧(2008年1月以降)

The Picture of Dorian Gray

  • Sans Souci
    畢竟惨めなる自身の肖像

Alice's Adventures in Wonderland

  • ふぅむ♡
    僕の三女アリスのアルバム

忘れ得ぬ人々:写真版

  • 縄文の母子像 後影
    ブログ・カテゴリの「忘れ得ぬ人々」の写真版

Exlibris Puer Eternus

  • 吾輩ハ僕ノ頗ル氣ニ入ツタ教ヘ子ノ猫デアル
    僕が立ち止まって振り向いた君のArt

SCULPTING IN TIME

  • 熊野波速玉大社牛王符
    写真帖とコレクションから

Pierre Bonnard Histoires Naturelles

  • 樹々の一家   Une famille d'arbres
    Jules Renard “Histoires Naturelles”の全挿絵

僕の視線の中のCaspar David Friedrich

  • 海辺の月の出(部分)
    1996年ドイツにて撮影

シリエトク日記写真版

  • 地の涯の岬
    2010年8月1日~5日の知床旅情(2010年8月8日~16日のブログ「シリエトク日記」他全18篇を参照されたい)

氷國絶佳瀧篇

  • Gullfoss
    2008年8月9日~18日のアイスランド瀧紀行(2008年8月19日~21日のブログ「氷國絶佳」全11篇を参照されたい)

Air de Tasmania

  • タスマニアの幸せなコバヤシチヨジ
    2007年12月23~30日 タスマニアにて (2008年1月1日及び2日のブログ「タスマニア紀行」全8篇を参照されたい)

僕の見た三丁目の夕日

  • blog-2007-7-29
    遠き日の僕の絵日記から
無料ブログはココログ

« 芥川龍之介 手帳2―1~5 | トップページ | 芥川龍之介 手帳2―6 »

2016/07/07

四つんばいになるな   梅崎春生

 さる三月十九日(昭和三十五年)、山形県湯之浜温泉の亀屋ホテルで、四つんばい事件というのが起きた。

 高松宮が来るというので、保健所の職員がホテルの家族や従業員を四つんばいにさせ、検便のためにガラス棒で採取をしたのである。

 それが県議会の問題になり、国会にも波及して、また新聞や週刊誌がじゃんじゃんと取り上げた。あまり香ばしい話ではないけれども、取り上げる価値は充分にあるようだ。

 あの四つんばいになって便を採取されるのは、あまり気持のいいものではない。私も両三度、その経験がある。

 私は戦争中召集されて、一年余を海軍で過したが、海軍というところは検便が大好きで、しばしばそのやり方で便を振られた。だから亀屋ホテルの事件を新聞で読んだ時、まずその不快な記憶が私の胸によみがえった。

 亀屋ホテルのは室内でやったらしいけれども、軍隊では営庭に行列し、白日の下次々と四つんばいになって、ガラス棒を突っ込まれるのである。

 それをやるのは若い衛生兵で、彼等とても好んでやっている仕事じゃないから、どうしても手荒にならざるを得ない。まして相手は動作ののろい召集兵と来ているから、彼等は私たちを人間あつかいにしていない気配が濃厚であった。

 だから、なめらかなガラス棒でも、便を取られるのは、かなり痛かった。

 今考えても、あの頃の衛生兵なんてものはたいへん乱暴で、たとえば注射などにしても、一風変っていた。

 ふつう注射というものは、前後の消毒を厳重にして、筋肉に対しては斜めに突きさすものだと私は諒承していたが、軍隊式はそんなものではなかった。消毒なんか、ろくにやらない。いきなり注射器をふりかざし、はずみをつけてえいやっとばかり垂直に突きさすのである。

 たくさんの人間にやるのだから、その方が能率的といえば能率的だが、やられる側からすればそれは戦慄にあたいした。痛いと言って顔をしかめても、たいへんなことになるぐらいで、まして抗議なんか出来る筋合いのものでなかった。

 そういう連中がやる検便だから、痛いのも当然だが、私たちが検便が不愉快だったのは、もちろんその痛さのためでない。四つんばいという屈辱的な姿勢のためである。好きこのんで四つんばいになるのならともかく、強制されてそんな姿勢をとるのは、はなはだ面白くないことだ。

 子供におそろしい怪談を聞かせてやると、子供はどうするか。こわいからと言って子供は決して親に抱きついて来ない。親に背中をひしひしとすりつけて来るものである。

 人間というものは、眼だって鼻だって口だって、皆前についている。耳だけは横についているが、耳たぶは前方の音を聞き取る具合についている。

 つまり敵を認識したり嗅ぎ分けたりする器官は、おおむね人間の前(つまり人間の表側)についていて、裏側の方はお留守になっている。おおむね無防備状態になっている。

 子供たちがこわくなると、背中をすりつけて来るのも、その無防備の背面を守ろうという本能からなのだろう。

 子供だけでなく、大人だって同じだ。こわいと背筋がぞくぞくするというが、胸筋がぞくぞくするとは言わない。胸筋がぞくぞくするのは、得恋などをして嬉しい時に限っている。喜びは前面に来たり、恐怖は背面よりやって来る。一番守りのすくないところを、ねらってやって来るのである。

 そのおそれがもっとひどくなると、背筋のぞくぞくは後頭部に逆上、あるいは肛門のあたりにぐんと下って行く。どちらも人間にとって大事なところで、しかも守りが薄い場所である。

 ことに後者は、人間にとって一番弱昧みたいなものを引き受けていて、だから人間は特殊の嗜好を持った人をのぞけば、これを他人に見せたり白日にさらしたりすることを好まない。自分の最も無防備な恰好を見せることを嫌悪するのだ。

 高いところに登って下を見ると、かならず尻の穴がむずむずするものだが、やはりそこが一番弱くて敏感だからだろうと思う。

 高橋義孝さんか誰だったか、ほかのたいていのことは他人に見られても平気だけれども、大便をしているところを他人に見られるのは恰好がつかない、収拾がつかないものだ、と書いているのを読んだことがある。

 なるほど、あれは収拾がつかない。四つんばい式の検便はそれを上廻るものであって、やられている時でも、またやられたあとでも、言語道断な感じがするものである。

 では、それに似たようなことが、他にはないか。手術なんかが、外見上それに似ている。虫垂炎の手術、胃潰瘍(かいよう)の手術、痔の手術など。でもこれらの手術は、大体それ以外に方法がないような時に限って行うものであって、あの式の検便とは根本的に違う。

 あの式のを直接検便(なるほど、全く直接だ)というそうだが、マッチ箱などを使う間接検便という方法がある。その方式を使うのが本筋であって、直接検便を強制するなんて、人間を人間以下にしか見ていない証拠である。

 それに手術というものは、当人の苦痛や生命の危険をのぞくためにやるもので、つまり当人のためにやるものであるが、亀屋ホテルの直接検便はそこが違う。もし赤痢菌がいたら当人が困るだろうからと、親切心で四つんばいにさせたのではなく、もし赤痢菌がいたら高松宮にうつるかも知れない、という危惧のもとに無理に四つんばいにさせた。

 すなわち自分のためでなく、他人の利益のために四つんばいを強制された。それを強制したのは、鶴岡保健所の役人である。

 そこの池田所長という役人は「見るからに温厚な」とある週刊誌には書いてあるが、それでもその人がこう言っている。

「どうやら、四つんばい検便という言葉が誤解をまねいたらしい。徴兵検査などを連想させるからだ。しかし、亀屋ホテルの場合はちがう。両手と両膝をついて、しやがんでもらっただけだ。それが、本人にとって一番楽な姿勢なのだから……」

 一番楽とは、何だろう。所長さんはどうやら楽という言葉について、大きなかん違いをしているらしい。

 そんなに楽なものなら、自分がそんな姿勢をとって、皆の前で採便してもらえば判るだろう。楽とかそんなものではない筈である。想像力の貧困というより欠乏という点においては、旧軍隊のある種の下士官や兵とえらぶところはない。

 同じく高橋課長という役人は、

「十九日は全員四つんばいにした。私は法律にもとづいてやったのだ」

 と、顔色もかえずに語った由である。こういうのにかかると、もう言葉は通じない。

 しかし、こういう役人の個々を責めたって、仕方がない。彼等は一種の確信犯みたいなもので、どんなに責めようとも、口ではあやまるかも知れないが、心から悪いという意識を持てないのだろうと思う。

 軍隊の経験が、私にそういう考えを持たせる。手間のかかることだが、そんな人間の棲息する条件、そんな考え方の棲息する条件を、変えて行くことから始めねばならないのだ。

 

[やぶちゃん注:「うんとか すんとか」連載第二回目の『週刊現代』昭和三五(一九六〇)年四月二十四日号掲載分。「得恋」は「とくれん」で失恋の対語。恋愛が成就すること、であるが、「失恋」に対してこの語が死語化しているのは何やらん、面白いではないか。]

« 芥川龍之介 手帳2―1~5 | トップページ | 芥川龍之介 手帳2―6 »