フォト

カテゴリー

サイト増設コンテンツ及びブログ掲載の特異点テクスト等一覧(2008年1月以降)

The Picture of Dorian Gray

  • Sans Souci
    畢竟惨めなる自身の肖像

Alice's Adventures in Wonderland

  • ふぅむ♡
    僕の三女アリスのアルバム

忘れ得ぬ人々:写真版

  • 縄文の母子像 後影
    ブログ・カテゴリの「忘れ得ぬ人々」の写真版

Exlibris Puer Eternus

  • 吾輩ハ僕ノ頗ル氣ニ入ツタ教ヘ子ノ猫デアル
    僕が立ち止まって振り向いた君のArt

SCULPTING IN TIME

  • 熊野波速玉大社牛王符
    写真帖とコレクションから

Pierre Bonnard Histoires Naturelles

  • 樹々の一家   Une famille d'arbres
    Jules Renard “Histoires Naturelles”の全挿絵 岸田国士訳本文は以下 http://yab.o.oo7.jp/haku.html

僕の視線の中のCaspar David Friedrich

  • 海辺の月の出(部分)
    1996年ドイツにて撮影

シリエトク日記写真版

  • 地の涯の岬
    2010年8月1日~5日の知床旅情(2010年8月8日~16日のブログ「シリエトク日記」他全18篇を参照されたい)

氷國絶佳瀧篇

  • Gullfoss
    2008年8月9日~18日のアイスランド瀧紀行(2008年8月19日~21日のブログ「氷國絶佳」全11篇を参照されたい)

Air de Tasmania

  • タスマニアの幸せなコバヤシチヨジ
    2007年12月23~30日 タスマニアにて (2008年1月1日及び2日のブログ「タスマニア紀行」全8篇を参照されたい)

僕の見た三丁目の夕日

  • blog-2007-7-29
    遠き日の僕の絵日記から
無料ブログはココログ

« 芥川龍之介 手帳2―25 | トップページ | 芥川龍之介 手帳2―28~31 »

2016/07/12

芥川龍之介 手帳2―26・27

《2-26》

○冬空や二階に拂きかくる音

[やぶちゃん注:この句、見落としていた。今朝方、やぶちゃん版芥川龍之介句集 五 手帳及びノート・断片・日録・遺漏に追加した。]

 

○二人の肺病患者の話 妻に「お前の病氣はもう好いよ。すぐに癒るよ」 and さびしき氣 egoism 海岸でもう一人の肺病患者に遇ふ

[やぶちゃん注:この後半は明らかに一読忘れ難い芥川龍之介の「彼」(大正一六(一九二七)年一月一日(実際には崩御によってこのクレジットは無効となる。実際には言わずもがな乍ら、昭和二年である)発行の雑誌『女性』)の内容である。]

 

○自然に因果存す されど因果的なるが故に自然ならず(必然性は偶然を寛容する所に生ず)

The Way of Destiny 踏切に汽車來らば 來らずば 待つ事ありて來たらば

[やぶちゃん注:「The Way of Destinyは「運命の道」の意。三者択一問題。]

 

○春の彼岸に山へ入れば木と夫婦になつてしまふ。(出雲の神々)

[やぶちゃん注:「春の彼岸」は春分を挟んだ前後三日合計七日間。この女神である山の神に纏わる入山の禁忌であるが、ここで初めて読んだ(夏彼岸の海に入るを禁ずるのは知れているけれども)。私はでは、春の彼岸に山に入ろうぞ――]

 

《2-27》

○象牙の雙六 蒔繪の瓢 珊瑚の緒〆に堆朱の印籠 錦のひたたれに緋羅紗の陣羽織 花瓶 瓦鴛子 瓦雞子 硯屛 文鎭 筆架 墨脚 渾天儀 望遠鏡 自鳴鐘 蔓製の搖籃 唐木の机 螺盃 椰子盆 羽根箒 雛人形 金匙 銀箆 天眼鏡 算木 印傳の莨入 琵琶尺八 動植物の化石(木の葉石 鏡 櫛筐 麪鉢 鐡漿壺 朧銀の燭臺 耳盥

[やぶちゃん注:俄かにはどの作の表現集・単語帳とも指摘は出来ぬが、こうした羅列は映画好きの私にはこたえられないモンタージュである。いや、妖しいフェティシズムである。

「雙六」「すごろく」。

「蒔繪の瓢」「まきえのふすべ」。これは文宝などに蒔絵で施された、描かれた瓢簞(ひょうたん)のことである。

「緒〆」「をじめ(おじめ)」は緒締め・緒止めのこと。袋物で、その口にある緒を束ねて通しておき、口を締めるために附けられてある穴のあいた玉を指す。

「堆朱」「ついしゆ(ついしゅ)」と読む。中国漆器を代表する技法である彫漆(ちょうしつ)の一種。ウィキの「堆朱」によれば、『彫漆とは、素地の表面に漆を塗り重ねて層を作り、文様をレリーフ状に表す技法を指すが、日本では表面が朱であるものを「堆朱」、黒であるものを「堆黒」』(ついこく)『と呼ぶ。ちなみに中国では、黒漆の層に文様を彫り表したものを「剔黒」』(てきこく)、『朱漆の層のものを「剔朱」という。通常の漆は硬くて彫刻が困難だが、油を混ぜることで、軟らかくなり彫刻が可能になった』とある。

「緋羅紗」「ひらしや(ひラシャ)」羅紗(織り上げた後に収縮させて地を厚く密にした上で更にケバ立たせた毛織物。古ポルトガル語の“raxa”に由来するという)の赤い色の非常に強いもの。

「瓦鴛子」「ぐわゑんし(がえんし)」と読み、鴛鴦瓦(えんおうのかわら)のことであろう。一対で一組となっている瓦。或いは実際におしどりの形に作った一対になっている瓦かも知れぬ。

「瓦雞子」焼き物の鶏のであるが、これは鶏鳴しない形だけで役に立たないものの譬えとして使われるよくない意味である。或いは、何時までも睦び合いたい閨房にはそういう鳴かない鶏の置物や瓦が配されたものか? 識者の御教授を乞う。

「硯屛」「けんびやう(けんびょう)」は硯(すずり)の傍らに立ておいて、埃などを防ぐ小さな衝立(ついたて)のこと。

「筆架」「ひつか(ひっか)」。筆を置いたり、凭せたり、掛けておくための台。

「墨脚」ネット検索では出て来ないが、筆架同様に固形の墨を磨った後、垂れて下を汚さぬよう、固定安置する台であろう。

「渾天儀」「こんてんぎ」は古く中国や日本に於いて天体の位置や運行を観測するのに使った器械。天空の円形を模(かたど)り、地平環を附し、黄道・赤道の遊動環を交錯させたもので、諸環の中央にある小軸によって一個の覗き筒が自由に回転する。これを天体に向けて観測した。

「自鳴鐘」「じめいしよう(しょう)」歯車仕掛けになっていて自動的に鐘が鳴って時刻を知らせる時計。十二世紀末頃に日時計や砂時計に替わってヨーロッパで発明され、日本にも室町末期には伝えられていた。これから、構想作の時制の上限は判明する。

「唐木」「からき」或いは「たうぼく(とうぼく)」と読み、紫檀(したん)・黒檀・鉄刀木(たがやさん)・白檀など、熱帯地方原産で中国を経て輸入された香木や高級銘木全般の総称。

など熱帯産の銘木。中国を経由して輸入された。とうぼく。

「螺盃」「らはい」は大型の腹足類(巻貝)などを酒杯に加工したもの。よく見かけるものでは、腹足綱古腹足目リュウテン科リュウテン属 Lunatica 亜属ヤコウガイ(夜光貝)Turbo marmoratus、イカ・タコの仲間である頭足綱四鰓(オウムガイ)亜綱オウムガイ目オウムガイ科オウムガイ属 Nautilus の代表種であるオウムガイ(鸚鵡貝) Nautilus pompilius などが素材対象となる。後者は私の『毛利梅園「梅園介譜」鸚鵡螺』を参照されたい。

「椰子盆」「やしぼん」と訓じておく。渡来の椰子の実を加工して作った入れ物であろう。

「金匙」「きんし」。金製の匙(さじ)。

「銀箆」「ぎんぺい」。「箆」は「へら」であるが、この場合は銀の櫛のこと。

「算木」「さんぎ」。元来は、易で占いのために使う長さ約九センチメートルの正方柱体の木。六本を一組みとし、筮竹(ぜいちく)を操作して得た卦(け)の形に並べて判断した。但し、奈良時代以降、一般生活に於いて使用された和算で用いる計算用具で、木製の小さな角棒で「算籌(さんちゅう)」とも呼ぶ。ここは後者であろう。

「印傳」「いんでん」。「印伝革」の略。羊や鹿の皮をなめした加工品を指す。ウィキの「印伝」によれば、『細かいしぼが多くあり、肌合いがよい。なめした革に染色を施し』、『漆で模様を描いたもので、袋物などに用いられる。名称はインド(印度)伝来に因むとされ、印伝の足袋が正倉院宝庫内に見られ、東大寺に文箱が奈良時代の作品として残る』。『印伝または印傳という名称は、貿易を行った際に用いられたポルトガル語india)又はオランダ語 indiënの発音にインド産の鞣革を用いた事から印伝と言う文字を当てたとされる。専ら鹿革の加工製品を指す事が多い。印伝は昔において馬具、胴巻き、武具や甲冑の一部、巾着、銭入れ、胡禄、革羽織、煙草入れ等を作成するのに用いられ、今日において札入れ、下駄の鼻緒、印鑑容れ、巾着、がま口、ハンドバッグ、ベルトなどが作られている』。

「莨入」「たばこいれ」。

「櫛筐」「くしばこ」。

「麪鉢」「めんばち」。麺鉢。丼ほど深くない縁のやや開いた鉢。

「鐡漿壺」「かねつぼ」。お歯黒を入れる壺のこと。小学館の「日本大百科全書」の「お歯黒」によれば、『鉄屑を焼いたものを濃い茶の中に入れ、これに五倍子(ふし)の粉を加えてその液で歯を染める。この中に酒、飴(あめ)、粥(かゆ)を加えることもあるのは、口中に入れるものゆえ、不快さを和らげて使いやすくするためであった。ごく普通の家の女は、いろりの隅に小さな壺(つぼ)を用意して濃い茶を入れておき、その中にたき火の中の古釘(ふるくぎ)などの鉄屑を入れて金けを出しておいた。これに五倍子の粉を加え、前に述べたようなものを加えて温めて歯につけた』とある「壺」である。この「五倍子」はそのまま「ごばいし」とも読み、ウィキの「ヌルデ」によれば、ムクロジ目ウルシ科ヌルデ属ヌルデヌルデ(白膠木)Rhus javanica 或いは変種ヌルデ Rhus javanica var.chinensis の葉にカメムシ目アブラムシ上科アムラムシ科タマワタムシ亜科 Schlechtendalia 属ヌルデシロアブラムシSchlechtendalia Chinensisが寄生して形成される大きな虫癭(ちゅうえい:所謂、「虫瘤(むしこぶ)」)から抽出した染料、或いは漢方薬を言う語である。この虫癭には『黒紫色のアブラムシが多数詰まっている。この虫癭はタンニンが豊富に含まれており、皮なめしに用いられたり、黒色染料の原料になる。染め物では空五倍子色』(うつぶしいろ:やや褐色がかった淡い灰色)『とよばれる伝統的な色をつくりだす。インキや白髪染の原料になるほか、かつては既婚女性』及び十八歳以上の『未婚女性の習慣であったお歯黒にも用いられ』、『また、生薬として五倍子(ごばいし)あるいは付子(ふし)と呼ばれ、腫れ物、歯痛などに用いられた』とある(但し、猛毒のあるトリカブトの根も同じく「付子」で「ふし」と読むので混同しないよう注意を要する、と注意書きがある)。

「朧銀」「らうぎん(ろうぎん)」或いは「おぼろぎん」と読む。「四分一(しぶいち)」とも呼ぶ金属工芸に於ける本邦古来の色金(いろがね)の一つ。銀と銅の合金で、仕上げたものが美しい銀灰色を示すことからの呼称で、合金の銀の比率が四分の一であることから後者の呼称が附いた。

「耳盥」「みみだらひ(だらい)」。左右に耳状の取っ手のついた小形の盥(たらい)。多くは漆器で鉄漿付(かねつ)け(お歯黒をつけること)の際、口を漱(すす)ぐのに用いた。]

 

wonder を求むる人間の心 欺かれたい ――欺かれぬ時の失望 アンニユイ

○本田子爵のMesmerism

[やぶちゃん注:「Mesmerism」は催眠術。「本田子爵」「本」多「子爵」なら二本開化物「開化の殺人」(大正七(一九一八)年)と「開化の良人」(大正八年)に出るが、本多子爵の語りが催眠術のような妖しい効果で迫ってくる後者の初期構想のように私には感ぜられる。]

« 芥川龍之介 手帳2―25 | トップページ | 芥川龍之介 手帳2―28~31 »