フォト

カテゴリー

サイト増設コンテンツ及びブログ掲載の特異点テクスト等一覧(2008年1月以降)

The Picture of Dorian Gray

  • Sans Souci
    畢竟惨めなる自身の肖像

Alice's Adventures in Wonderland

  • ふぅむ♡
    僕の三女アリスのアルバム

忘れ得ぬ人々:写真版

  • 縄文の母子像 後影
    ブログ・カテゴリの「忘れ得ぬ人々」の写真版

Exlibris Puer Eternus

  • 吾輩ハ僕ノ頗ル氣ニ入ツタ教ヘ子ノ猫デアル
    僕が立ち止まって振り向いた君のArt

SCULPTING IN TIME

  • 熊野波速玉大社牛王符
    写真帖とコレクションから

Pierre Bonnard Histoires Naturelles

  • 樹々の一家   Une famille d'arbres
    Jules Renard “Histoires Naturelles”の全挿絵 岸田国士訳本文は以下 http://yab.o.oo7.jp/haku.html

僕の視線の中のCaspar David Friedrich

  • 海辺の月の出(部分)
    1996年ドイツにて撮影

シリエトク日記写真版

  • 地の涯の岬
    2010年8月1日~5日の知床旅情(2010年8月8日~16日のブログ「シリエトク日記」他全18篇を参照されたい)

氷國絶佳瀧篇

  • Gullfoss
    2008年8月9日~18日のアイスランド瀧紀行(2008年8月19日~21日のブログ「氷國絶佳」全11篇を参照されたい)

Air de Tasmania

  • タスマニアの幸せなコバヤシチヨジ
    2007年12月23~30日 タスマニアにて (2008年1月1日及び2日のブログ「タスマニア紀行」全8篇を参照されたい)

僕の見た三丁目の夕日

  • blog-2007-7-29
    遠き日の僕の絵日記から
無料ブログはココログ

« 芥川龍之介手帳 1―13  | トップページ | 芥川龍之介手帳 1―15 »

2016/07/03

芥川龍之介手帳 1―14

《1-14》

 Lepraにか

Aestheticism の公卿が lepra にかかるThema

[やぶちゃん注:この作品、ありそうで、ない。

Lepra」「lepra」は「レプラ」で、ハンセン病のこと。

Aestheticism」唯美主義。
 
Thema」は「theme」(テーマ:主題)の語源のドイツ語の綴りであって誤記ではない。

 

○殺人に interest ある役者がつとむる殺人場面――德川時代にして書け

[やぶちゃん注:江戸物の中にはないと思われる。]

 

○ヨコ 尾上町二ノ十九 輸入者 岡田七郎

○■■■■■麻町一ノ一 セールフレザア協會

[やぶちゃん注:「■」は判読不能字。底本では字数が書かれているが、これに置き換えた(向後、この注は略す)。「尾上」(おのへ(おのえ))であろう。「輸入」とあると、私には横浜市中区尾上町(関内附近)辺りが想起される。後者は底本にある『五字不明』注記をかく換えた。この「セールフレザア協會」というのは「セール・フレーザー商会」のことではなかろうか? 森重和雄氏の幕末明治の写真師列伝 第三十四回 鈴木真一 その五(PDF)『セール・フレーザー株式会社という英国系貿易会社』とあり、『この会社は、元は横浜でセール商会とフレーザー商会という二つの会社であったが、四十が入社後の明治』三〇(一八九七)年に『合併してセール・フレーザー株式会社Sale and Fraser Co.なった大手商社(本社は麹町区八重洲町一丁目一番地)であった。その主な取扱商品としては、蒸気及び電気機関車、蒸気及び鉄道用品各種とその材料、蒸気及び電気用諸機械、水力電気用諸機械、鉄道用客貨車及び電車、艦船用諸材料、兵器及びその諸材料、各種銅鉄材料、各種銅鉄管類、各種ガス発生機械類、肥料、英国炭、コークス、火セメントなどなどであったが、他に銀行業も行っていた』とある。一見、龍之介と関連はなさそうに見えるが、この辺り、海軍機関学校英語教師時代のメモである可能性が非常に高いことから、連関は認められる。瓜井目々太氏のブログ「ぴゅあ☆ぴゅあ1949」のセール・フレーザー商会(1)(2)」を読むと、後に、かの限りなく胡散臭い白洲次郎が関係した会社でもあったことが判る。]

« 芥川龍之介手帳 1―13  | トップページ | 芥川龍之介手帳 1―15 »