フォト

カテゴリー

サイト増設コンテンツ及びブログ掲載の特異点テクスト等一覧(2008年1月以降)

The Picture of Dorian Gray

  • Sans Souci
    畢竟惨めなる自身の肖像

Alice's Adventures in Wonderland

  • ふぅむ♡
    僕の三女アリスのアルバム

忘れ得ぬ人々:写真版

  • 縄文の母子像 後影
    ブログ・カテゴリの「忘れ得ぬ人々」の写真版

Exlibris Puer Eternus

  • 吾輩ハ僕ノ頗ル氣ニ入ツタ教ヘ子ノ猫デアル
    僕が立ち止まって振り向いた君のArt

SCULPTING IN TIME

  • 熊野波速玉大社牛王符
    写真帖とコレクションから

Pierre Bonnard Histoires Naturelles

  • 樹々の一家   Une famille d'arbres
    Jules Renard “Histoires Naturelles”の全挿絵

僕の視線の中のCaspar David Friedrich

  • 海辺の月の出(部分)
    1996年ドイツにて撮影

シリエトク日記写真版

  • 地の涯の岬
    2010年8月1日~5日の知床旅情(2010年8月8日~16日のブログ「シリエトク日記」他全18篇を参照されたい)

氷國絶佳瀧篇

  • Gullfoss
    2008年8月9日~18日のアイスランド瀧紀行(2008年8月19日~21日のブログ「氷國絶佳」全11篇を参照されたい)

Air de Tasmania

  • タスマニアの幸せなコバヤシチヨジ
    2007年12月23~30日 タスマニアにて (2008年1月1日及び2日のブログ「タスマニア紀行」全8篇を参照されたい)

僕の見た三丁目の夕日

  • blog-2007-7-29
    遠き日の僕の絵日記から
無料ブログはココログ

« てんぷらウドン   梅崎春生 | トップページ | 笑いんしゃい   梅崎春生 »

2016/07/29

さつま揚げ   梅崎春生

 

 飢えは最上のソースという諺(ことわざ)がある。空腹のとき、あるいは食い盛りのときは何を食べてもうまいものである。福岡のてんぷらウドンは、わたしにとってそんなものかもしれない。

 さつま揚げを広辞苑で引くと、「すり身にした魚肉に食塩、ニンジンの細切りなどをまぜ適当な形にして油で揚げたもの」とある。簡単な食品であるが原料やつくり方によって味は大いに変ってくる。

 いままで食べた中でいちばんうまかったさつま揚げのことを書こうと思う。

 昭和七年から十一年までの四年間わたしは熊本の第五高等学校の生徒であった。四年いたのは一年落第して二年生を二度相勤めたからである。

 熊本市の上通町に「三四郎」というおでん屋があった。淑石の三四郎から取った屋号で、おばあさん二人がやっていた。若い女なんか一人もいず色気抜きの剛毅ぼくとつな店で、酒は何だったかな、銘柄は忘れたけれど、割りにいい酒を飲ませた。そこのおでんのイガモガ(あるいはイガラモガラ)と称するさつま揚げは絶品であった。飲み盛り食い盛りのころだから、それを差し引いても絶品だったような気がする。

 ここのはニンジンの細切りではなくゴボウの刻んだのが入っていた。すり身もしこしこしていたし、それにゴボウの歯ざわりが加わって何個食っても食い飽きなかった。わたしは先輩に連れられてこの店で酒を仕込まれたのである。そのイガモガを肴にして錫(すず)のコップで十杯ぐらい飲めるていどに腕を上げた。

 あの錫のコップは五勺入るという話だったが、そうすれば五合ということになり、いい気持になって寮歌を歌いながら寮へ戻った。あのくらいの年ごろで五合ぐらい軽く飲んでいたのだから酒豪の部類に入るだろう。

 そこであんまり飲み過ぎたものだから勉強のほうに力が入らなくなり、ついに平均点不足で落第した。落第の悲しさは落第した人でないとわからない。

 落第ときまって、わたしは福岡の家に戻った。おふくろの前に手をついて、

「落第しました」

 と頭を下げたが、おふくろは終始無言、じつとわたしをにらみつけているのでこちらもマがもてなくて、

「おわびのしるしに坊主になります」

 と言ったらおふくろは、わたしを仏壇の前に連れて行きバリカンを振り出して、せっかく伸びていたわたしの長髪を無惨にもじょきじょきと刈り取ってしまった。

 三月のことだからまだ寒い。刈り取られた襟元がひやりとつめたかったことを、その感触を、わたしはきのうのことのように思い出す。

 戦後熊本に行ってみたら「オリンピック」や「フロイント」はあったけれども「三四郎」は姿を消していた。あのばあさんたちももうなくなったのだろうと思う。

 

[やぶちゃん注:「南風北風」連載第九回目の昭和三六(一九六一)年一月十二日附『西日本新聞』掲載分。新聞連載の勘所としてこれも前回分の福岡風てんぷらウドンを直接、枕として受けている。

「イガラモガラ」ネット上で大分方言として出、「とげとげしている様子」とあった。]

« てんぷらウドン   梅崎春生 | トップページ | 笑いんしゃい   梅崎春生 »