フォト

カテゴリー

サイト増設コンテンツ及びブログ掲載の特異点テクスト等一覧(2008年1月以降)

The Picture of Dorian Gray

  • Sans Souci
    畢竟惨めなる自身の肖像

Alice's Adventures in Wonderland

  • ふぅむ♡
    僕の三女アリスのアルバム

忘れ得ぬ人々:写真版

  • 縄文の母子像 後影
    ブログ・カテゴリの「忘れ得ぬ人々」の写真版

Exlibris Puer Eternus

  • 吾輩ハ僕ノ頗ル氣ニ入ツタ教ヘ子ノ猫デアル
    僕が立ち止まって振り向いた君のArt

SCULPTING IN TIME

  • 熊野波速玉大社牛王符
    写真帖とコレクションから

Pierre Bonnard Histoires Naturelles

  • 樹々の一家   Une famille d'arbres
    Jules Renard “Histoires Naturelles”の全挿絵

僕の視線の中のCaspar David Friedrich

  • 海辺の月の出(部分)
    1996年ドイツにて撮影

シリエトク日記写真版

  • 地の涯の岬
    2010年8月1日~5日の知床旅情(2010年8月8日~16日のブログ「シリエトク日記」他全18篇を参照されたい)

氷國絶佳瀧篇

  • Gullfoss
    2008年8月9日~18日のアイスランド瀧紀行(2008年8月19日~21日のブログ「氷國絶佳」全11篇を参照されたい)

Air de Tasmania

  • タスマニアの幸せなコバヤシチヨジ
    2007年12月23~30日 タスマニアにて (2008年1月1日及び2日のブログ「タスマニア紀行」全8篇を参照されたい)

僕の見た三丁目の夕日

  • blog-2007-7-29
    遠き日の僕の絵日記から
無料ブログはココログ

« 宗祇諸國物語 附やぶちゃん注   秀句問答 | トップページ | こわいもの   梅崎春生 »

2016/08/18

文士のスタイル   梅崎春生

 

 この間久しぶりに高等学校の級友が集まって同窓会をやった。すると友だちの一人が私に向かって、

「お前、鞄(かばん)なんか持っているのか。中に何が入ってるんだい」

 とふしぎそうに質問した。文士が洋服を着て鞄をさげているのがふしぎでならなかったらしい。

 でも、洋服鞄姿は現代文士の普通のスタイルで、鞄の中には資料とか、メモ風の帳面なんかが入っている。

 髪を長くして和服の着流し、本を二三冊ふところに入れて歩くというのは、昔日の文士のスタイルで、どうしてそんなスタイルをとったかというと、昔の文士が貧乏だったからだと、私は思っている。

 貧乏はしているけれども、ただの貧乏人ではないぞ。おれは芸術にたずさわっているんだぞという、負け惜しみか虚勢か知らないけれども、その気持があのスタイルを産み出した。つまり自分を俗人から区別する方法として、あれが案出されたのである。

 ところがいまの文士たちは、文運隆盛の波に乗り、昔日の如く貧乏ではなくなった。その点において、自分を一般市民から区別する必要がなくなった。だから長髪和服という不便なスタイルはすたれ、活動的な洋服鞄姿となり、サラリーマンなんかとも区別がつかなくなったのである。

 絵かきさんには、まだまだ特有の身なりやスタイルが残っているようだ。すなわち絵かきさんは、文士ほどには、収入に恵まれてないらしい。

 

[やぶちゃん注:本篇は昭和三三(一九五八)年七月十八日附『毎日新聞』掲載。底本は沖積舎「梅崎春生全集 第七巻」に拠った。]

« 宗祇諸國物語 附やぶちゃん注   秀句問答 | トップページ | こわいもの   梅崎春生 »