フォト

カテゴリー

サイト増設コンテンツ及びブログ掲載の特異点テクスト等一覧(2008年1月以降)

The Picture of Dorian Gray

  • Sans Souci
    畢竟惨めなる自身の肖像

Alice's Adventures in Wonderland

  • ふぅむ♡
    僕の三女アリスのアルバム

忘れ得ぬ人々:写真版

  • 縄文の母子像 後影
    ブログ・カテゴリの「忘れ得ぬ人々」の写真版

Exlibris Puer Eternus

  • 吾輩ハ僕ノ頗ル氣ニ入ツタ教ヘ子ノ猫デアル
    僕が立ち止まって振り向いた君のArt

SCULPTING IN TIME

  • 熊野波速玉大社牛王符
    写真帖とコレクションから

Pierre Bonnard Histoires Naturelles

  • 樹々の一家   Une famille d'arbres
    Jules Renard “Histoires Naturelles”の全挿絵

僕の視線の中のCaspar David Friedrich

  • 海辺の月の出(部分)
    1996年ドイツにて撮影

シリエトク日記写真版

  • 地の涯の岬
    2010年8月1日~5日の知床旅情(2010年8月8日~16日のブログ「シリエトク日記」他全18篇を参照されたい)

氷國絶佳瀧篇

  • Gullfoss
    2008年8月9日~18日のアイスランド瀧紀行(2008年8月19日~21日のブログ「氷國絶佳」全11篇を参照されたい)

Air de Tasmania

  • タスマニアの幸せなコバヤシチヨジ
    2007年12月23~30日 タスマニアにて (2008年1月1日及び2日のブログ「タスマニア紀行」全8篇を参照されたい)

僕の見た三丁目の夕日

  • blog-2007-7-29
    遠き日の僕の絵日記から
無料ブログはココログ

« 昔の町   梅崎春生 | トップページ | 日記のこと   梅崎春生 »

2016/08/21

小品 メシ粒   梅崎春生


   
小品 メシ粒

 

 歯を抜いたあと、歯ぐきに大きな穴ができた。右下側の、第一白歯である。

 重助は、毎日、歯医者に通った。肉の盛上りがわるくて、なかなか穴がふさがらないのである。それも歯医者のせいのような気がして、重助は面白くなかった。

「へえ。今日は仁丹が入っていますな」

 ちょび髭(ひげ)を生やして、眼鏡をかけた歯医者は、ピンセットでつまみ出して、にやにやと笑った。

「呑んだつもりでも、ちゃんとここに入っているですな」

 次の日は、こんにゃくのかけらをつまみ出したし、その次は、鯨肉の破片をつまみ出した。牛肉じゃないということは、そのにおいか何かで、判るらしかった。

「おや、今日は御飯粒だよ」

 と医者は、ピンセットではさみ上げた。

「形が細長いから、こりや外米ですな。なるほど、なるほど」

 家へ戻っても、重助ははなほだ面白くなかった。俺が貧乏だから、きっとばかにしてやがるんだ。なんだい、あのちょび髭め!

 彼は翌朝、女房に言いつけた。

「うちになければ、隣の大坪さんから、借りてこい。糊にしますから、四五粒でいいってな」

 女房が、内地米のめし粒を借りに行ったあと、重助は鏡の前に大口をあいて、歯ぐきの穴を眺めていた。借りためし粒を、どうやってこの穴に押し込もうかと考えたり、それをつまみ出す医者の手付きを想像したり、またそのことに、急に腹立たしくなったりしながら。

 

[やぶちゃん注:初出誌未詳。以下の底本解題によれば、昭和二九(一九五四)年の作とする。底本は沖積舎「梅崎春生全集 第七巻」に拠った。言っておくが、これは底本の『エッセイ Ⅳ』のパートに所収されており、小説扱いでは、ない。]

« 昔の町   梅崎春生 | トップページ | 日記のこと   梅崎春生 »