フォト

カテゴリー

サイト増設コンテンツ及びブログ掲載の特異点テクスト等一覧(2008年1月以降)

The Picture of Dorian Gray

  • Sans Souci
    畢竟惨めなる自身の肖像

Alice's Adventures in Wonderland

  • ふぅむ♡
    僕の三女アリスのアルバム

忘れ得ぬ人々:写真版

  • 縄文の母子像 後影
    ブログ・カテゴリの「忘れ得ぬ人々」の写真版

Exlibris Puer Eternus

  • 吾輩ハ僕ノ頗ル氣ニ入ツタ教ヘ子ノ猫デアル
    僕が立ち止まって振り向いた君のArt

SCULPTING IN TIME

  • 熊野波速玉大社牛王符
    写真帖とコレクションから

Pierre Bonnard Histoires Naturelles

  • 樹々の一家   Une famille d'arbres
    Jules Renard “Histoires Naturelles”の全挿絵

僕の視線の中のCaspar David Friedrich

  • 海辺の月の出(部分)
    1996年ドイツにて撮影

シリエトク日記写真版

  • 地の涯の岬
    2010年8月1日~5日の知床旅情(2010年8月8日~16日のブログ「シリエトク日記」他全18篇を参照されたい)

氷國絶佳瀧篇

  • Gullfoss
    2008年8月9日~18日のアイスランド瀧紀行(2008年8月19日~21日のブログ「氷國絶佳」全11篇を参照されたい)

Air de Tasmania

  • タスマニアの幸せなコバヤシチヨジ
    2007年12月23~30日 タスマニアにて (2008年1月1日及び2日のブログ「タスマニア紀行」全8篇を参照されたい)

僕の見た三丁目の夕日

  • blog-2007-7-29
    遠き日の僕の絵日記から
無料ブログはココログ

« アリ地獄   梅崎春生 | トップページ | 北條九代記 卷第九 時賴入道諸國修行 付 難波尼公本領安堵 »

2016/08/19

外人の眼   梅崎春生

 

 旅行に出る。

 汽車に乗る。乗った直後は、列車内はさっぱりしている。それが三時間とたたぬ間に、床は紙くず、弁当のあきがら、果物の皮、その他いろいろで、まるでごみためみたいになってしまう。外国人はこれをどう感じているかと思うと、身を切られるように恥かしい。

 沿線の風景はどうか。景色はいいが、あの広告看板はどうだ。どんな山間辺地に行っても、鉄道が通っている限り、あの無神経な看板がべたべた並んでいて、風景をめちゃめちゃにしてしまう。外国にはあんな無神経な看板は立っていない。恥かしいことだ。

 宿屋に泊る。すると団体客が必ず来ていて、大広間で飲めや歌えやの大騒ぎ。それも九時ごろまでですめばいいが、深更まで騒いでいる。外国人が見て、その野蛮さにあきれている。ああ、恥かしい。

 というふうな調子の文章が、時々雑誌や新聞に出ることがあるが、これはちょっとおかしいのじゃないか。

 列車がごみためになる。これはよろしくないことだ。しかしそれは、外人が見ているからよくないのではなく、見た目も悪く不潔で、我々日本人が迷惑するから、よくないことなのである。

 広告看板だって、外人が見て美観をそこねるからいけないのではなく、我々が見て不快だからいけないのだ。わかり切ったことだ。

 自分の中に、やたらに外人の眼を想定するな!

 

[やぶちゃん注:本篇は昭和三三(一九五八)年八月十五日附『毎日新聞』掲載。底本は沖積舎「梅崎春生全集 第七巻」に拠った。昨今のニュースは、ますます外国人観光客誘致ばかりを主眼とした都会や地方の対策を報じ、国政自体が四年後のオリンピックに向けて「外人の眼」ばかり気にしている。今は車内も沿線風景も旅館も見た目は改善されたが、しかし我々はますます「自分の中に、やたらに外人の眼を想定する」ようになった。いや、それは最早、日本人は外人となり、日本人ではなくなった証左なんだ、と考えれば、私は「フン」と微苦笑出来る。それで、沢山だ。]

« アリ地獄   梅崎春生 | トップページ | 北條九代記 卷第九 時賴入道諸國修行 付 難波尼公本領安堵 »